このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000015125
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼川-1994-026
事例作成日
(Creation date)
1994/06/08登録日時
(Registration date)
2005年02月11日 02時15分更新日時
(Last update)
2014年09月24日 14時13分
質問
(Question)
黒田清輝の裸体画に対して「腰巻事件」が起こったのは明治何年か。
回答
(Answer)
『日本近代美術発達史 明治篇』『近代日本総合年表』により、明治28年とわかる。これを連絡する。

ただし、追加調査で質問に関連する事件が複数あることが分かる。備考に追記あり。(2014/09/04)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
芸術史.美術史  (702 9版)
洋画  (723 9版)
参考資料
(Reference materials)
『日本近代美術発達史』(浦崎永錫著 東京美術 1974)
『近代日本総合年表』(岩波書店 1991)
キーワード
(Keywords)
黒田 清輝(クロダ セイキ)
画家-洋画家
明治時代-日本
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
愛知芸術文化センター愛知県図書館様からコメントをいただく。(2014/09/04)以下、本文と追加調査の内容。

黒田清輝は裸体画に関して少なくとも2度話題になっている。
 
『近代日本総合年表 第4版』(岩波書店編集部 岩波書店 2001)
 p143 明治28年4月1日の京都における第4回内国勧業博覧会で、「『朝しょう』(「しょう」は爿ヘンに女)が陳列の可否について世論沸騰風紀紊乱を誘発する」とあり。
 p169 明治34年の10月10日の白馬会第6回展における『裸美人』で、「風俗を乱すものとして当局は布で下半身を覆って出陳させる」とあり。

『日本近代美術発達史 明治篇』
 p258-259 明治28年の博覧会については、「世論を沸騰させた」ものの、「無事陳列された」とあり、展示方法に何らかの変更があった記載はみあたらない。
『日本近代美術論争史』(中村義一著 求竜堂 1981)
 p65-72 「2 『朝妝』論争」
 p81 「警察の命令で黒田清輝の『裸体婦人像』他の画面の下半身を、海老茶色の布で巻いたいわゆる腰巻事件は、明治三十四年(一九〇一年)秋の白馬会展の時である。」とあり。

昭和28年の第4回内国勧業博覧会における事件は『朝妝』論争・『朝妝』事件、昭和34年の白馬会第6回展における事件は腰巻事件と呼称されていることがわかった。

《黒田清輝関係文献目録》( http://www.tobunken.go.jp/kuroda/archive/k_biblo/japanese/essay40115.html  東京文化財研究所 2014/09/05最終確認)
 「◎文展の裸体作品問題-裸体画問題に就て」(『美術新報16-1 大正5年11月17日』 八木書店 1984)
《白馬会関係新聞記事 第6回白馬会展》( http://www.tobunken.go.jp/kuroda/archive/at_newsp/hakuba06.html  東京文化財研究所 2014/09/05最終確認)に多数関連記事あり。
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000015125解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!