このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000014476
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
社自-00060
事例作成日
(Creation date)
2004年8月20日登録日時
(Registration date)
2005年02月04日 10時24分更新日時
(Last update)
2005年12月07日 11時33分
質問
(Question)
イタリアの足の医療である「ortopedico」について知りたい。(イタリアの足に関する歴史や「ortopedico」が誕生するにいたった経緯など)
回答
(Answer)
①『子どもの整形外科教室』 同文書院 
上記の資料には整形外科の名の由来として、1741年、フランス人Nicolas Andryの命名により、小児の身体上の奇形,変形を予防ないし矯正する科目として整形外科(orthopedie)が誕生したと述べられています。(p.2-4)

② 『仏和大辞典』 白水社 
 「orthopedie」の項(p.1729)には、「幼児の肢体の矯正」という意味もあり、また日常的な用例として、ラテン語pes(足)との類推から「下肢の整形」とも記述されています。
 イタリア語のortopedicoはフランス語由来と思われますので、下肢の整形を専門とする外科もあるのかも知れませんが、不明です。府立図書館の資料で、イタリアの整形外科の現状、または歴史を書いたものを見つけることはできませんでした。

 国立国会図書館の「NDL-OPAC」で検索すると、③『整形外科の歴史』という図書がヒットします。これは、「整形外科」という雑誌に連載されていたもののようです。
 
④『整形外科看護』 メディカ出版
 国立国会図書館の「雑誌記事索引」によると、上記の雑誌には蒲原宏「整形外科の歴史 -19世紀後期から20世紀中期へ-」という記事が連載されているようですが、この資料は所蔵していないため、内容までは確認していません。(国立国会図書館では所蔵しています。)

日本での関連する団体として、日本足の外科学会があります。
    川崎市宮前区菅生2-16-1 聖マリアンナ医科大学整形外科学教室内
    TEL 044-977-8111 内3435 FAX 044-977-9651
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
外科学  (494 8版)
参考資料
(Reference materials)
①『子どもの整形外科教室』坂口亮/著 同文書院 1987 219p
②『仏和大辞典』 伊吹武彦ほか/編 白水社 1981 42,2651p
③『整形外科の歴史』 原タイトル『Geschichte der Orthopadie』  Bruno Valentin/著 加藤正/訳 1985 225p (大阪府立図書館では所蔵していません)
④『整形外科看護』 メディカ出版 1巻1号=1号(1996) - 現在も刊行中 (大阪府立図書館では所蔵していません)
国立国会図書館 /NDL-OPAC /
http://opac.ndl.go.jp/index.html[last access 2005/12/4] (タイトル欄に「整形外科の歴史」と入れて検索するとヒットする。)
雑誌記事索引 / 国立国会図書館 / 
http://opac.ndl.go.jp/Process?MODE_11010001=1&SEARCH_WINDOW_INFO=06&LS=4230249300  [last access 2005/12/4] (著者欄に「蒲原宏」、雑誌名に「整形外科看護」と入れて検索すると、該当記事がヒットする。)
キーワード
(Keywords)
orthopedie
ortopedico
整形外科
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000014476解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!