このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000014217
提供館
(Library)
近畿大学中央図書館 (3310037)管理番号
(Control number)
20030220-1
事例作成日
(Creation date)
2005/02/02登録日時
(Registration date)
2005年02月02日 11時50分更新日時
(Last update)
2010年06月22日 17時45分
質問
(Question)
第1回ハーグ平和会議(1899年 明治32年)の参加26カ国の国名を知りたい。
回答
(Answer)
『日清・日露戦争と法律学』に第1回ハーグ平和会議の参加26カ国が列記されていた。
ドイツ、オーストリア・ハンガリー、ベルギー、清国、デンマーク、スペイン、アメリカ、メキシコ、フランス、イギリス、ギリシア、イタリア、日本、ルクセンブルグ、モンテネグロ、オランダ、ペルシア、ポルトガル、ルーマニア、ロシア、セルビア、シャム、スウェーデン、スイス、トルコ、ブルガリア
回答プロセス
(Answering process)
所蔵のあった該当年の『日本外交文書』を見たが、国名が漢字による表記になっており、すべての国名が判読できなかった。 
Webcat Plus(一致検索)で検索し、『日清・日露戦争と法律学』が見つかった。
内容を確認し、『日本外交文書』と対照して国名のすべてがわかった。 

日清・日露戦争と法律学
白羽祐三著 -- 中央大学出版部, 2002.6, v, 324p. -- (日本比較法研究所研究叢書 ; 58)
<BA57401606> 
■「BOOK」データベースより
第1章 序論-天皇制軍国主義(日本の軍事的冒険と人権論;天皇制国家;フランス型軍制とプロイセン型軍制との対立 ほか)
第2章 日清戦争と法律学(宣戦布告なき開戦;条約改正と国際法;「文明戦争」としての日清戦争 ほか)
第3章 日露戦争と法律学(日清戦争と日露戦争の相違
日露戦争と第一回ハーグ平和会議(Hague Peace Conferences)との関係
日露戦争と第二回ハーグ平和会議との関係)
http://webcatplus.nii.ac.jp/webcatplus/details/book/4084847.html  (2010/06/21確認)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
外交.国際問題  (319 9版)
参考資料
(Reference materials)
『日本外交文書』 第32巻 明治32年 外務省編 日本国際連合協会 1955 p.23-24
『日清・日露戦争と法律学』 白羽祐三著 中央大学出版部 2002 p.198
Webcat Plus
http://webcatplus.nii.ac.jp/  (2010/06/21確認)
キーワード
(Keywords)
ハーグ平和会議
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000014217解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!