このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000014201
提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
D2000F0107
事例作成日
(Creation date)
20000214登録日時
(Registration date)
2005年02月02日 02時15分更新日時
(Last update)
2005年11月14日 11時20分
質問
(Question)
江戸時代の幕臣の歌人 佐々木一陽 について、事前調査資料以外に何かわかることはないか。特に佐々木一陽の和歌について。
また、佐々木一陽編とされる「梅花百題和歌」に、佐々木一陽の和歌が載っているか。
回答
(Answer)
(1)佐々木一陽と和歌について
当館の蔵書目録からはまとまった文献は見当たらない。人物書誌、人名事典、国文学年鑑などのほか下記の書誌を通覧した。断片的な記載が、(2)の第1巻収録記事と(4)にある程度であった。

(1)『幕末明治研究雑誌目次集覧』 柳生四郎・朝倉治彦編 日本古書通信社 1968 1冊 <210.58-Y143b>
(2)『書物関係雑誌目次細目集覧』 第1巻、第2巻 書誌研究懇話会 日本古書通信社 1974-1976 <UM1-2>
   この集覧の第1巻177頁に収録されていた雑誌『集古』に収載の記事は、典拠に記載のあった資料。書誌事項は以下のとおり。
   森潤三郎 「佐々木萬彦と一陽と」 復刻版『集古』8巻(昭和15年3月 通巻172冊)p129-130 <Z8-1801>
   森潤三郎 「萬彦と一陽と 補遺」 復刻版『集古』8巻(昭和15年5月 通巻173号)p158 <Z8-1801>
(3)『近世書籍研究文献目録』 鈴木俊幸編 ぺりかん社 1997 p.158 <UM1-G2>
(4)『名家伝記資料集成』 森繁夫 思文閣出版 1984 <GB12-57>
   該当個所 2巻354頁
   この部分に収録されている歌集で、『大江戸倭歌集』を除く資料については下記2点を当館で所蔵している。佐々木一陽の和歌が掲載されている部分は以下のとおり。
   『たち花の香』 観尊編 弘化4版 <911.157-Ka478t> (古典籍資料室所蔵)
     該当個所: 上巻 30丁 オモテ
   『波布里集』 嘉永4版 <104-37> (古典籍資料室所蔵)
     該当個所: 9丁 オモテ

(2)「梅花百題和歌」について
当該資料は当館未所蔵のため、佐々木一陽の和歌が掲載されているか不明。複製版、活字本の類も見当たらない。『国書総目録』によれば、慶応大学で写本を所蔵している。

< >内は当館請求記号
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
典拠:佐々木萬彦と一陽と(森潤三郎著):龍(集古)昭和15年3月発行。文中に「一陽の歌は大江戸和歌集にも4,5首出て・・・」とある。
『国書人名録』、『国書大事典』(3)(p.842)、(11)(p.901)には、和歌についての記載なし。
『国歌大観』(6)大江戸倭歌集に4首ある(p.402、619、782、970)。
NDC
詩歌  (911 9版)
参考資料
(Reference materials)
幕末明治研究雑誌目次集覧 柳生四郎・朝倉治彦編 日本古書通信社 1968 1冊 <210.58-Y143b>
書物関係雑誌目次細目集覧 第1巻、第2巻 書誌研究懇話会 日本古書通信社 1974-1976 <UM1-2>
近世書籍研究文献目録 鈴木俊幸編 ぺりかん社 1997 p.158 <UM1-G2>
名家伝記資料集成 森繁夫 思文閣出版 1984 <GB12-57>
キーワード
(Keywords)
和歌
佐々木一陽
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
公共図書館
登録番号
(Registration number)
1000014201解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決