このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000014153
提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
B1999F2613
事例作成日
(Creation date)
19990706登録日時
(Registration date)
2005年02月02日 02時14分更新日時
(Last update)
2005年11月11日 13時09分
質問
(Question)
動物実験に関する動物保護について書かれたもの。虐待してはいけないとか、動物の名称が細かく載っているもの。
回答
(Answer)
必ずしも動物の名前が詳細に掲載されていないが、実験動物保護に関する文献を以下に紹介。

(1)植田富貴子:欧州連合における動物保護の最近の動向-特に実験動物および野生動物の保護について
(『獣医畜産新報』 46(11) 1993.11 p.933-937 <Z18-607>)
(2)前島一淑:諸外国における動物実験の法規制に関する調査研究
(「文部省科学研究費補助金研究成果報告書」 一般研究(c)1988-1990 77p  課題番号:S63580039 <Y151-S63580039>)
(3)『動物実験に関する指針・解説』 日本実験動物学界編 ソフトサイエンス社 1991.4 101p <RA64-E9>
(4)『実験動物の管理と使用に関する指針 1996年』 鍵山直子,野村達次監訳 ソフトサイエンス社 1997.5 126p <SC55-G6>
 原タイトル: Guide for the care and use of laboratory animals. 7th ed.
(5)『EC(欧州共同体)動物実験指針「訳」』 寺尾恵治[ほか]訳 ソフトサイエンス社 1991.4 38p <AE5-411-E12>

< >内は当館請求記号
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
六法全書(動物の保護及び管理に関する法律)
『実験動物』 36巻4号 285-288p 「動物実験に関する指針」
『実験動物学事典』 1989 p.299-301 「動物実験ガイドライン」の項
NDC
動物学  (480 9版)
参考資料
(Reference materials)
獣医畜産新報 46(11) 1993.11 <Z18-607> (植田富貴子:欧州連合における動物保護の最近の動向-特に実験動物および野生動物の保護について p.933-937)
諸外国における動物実験の法規制に関する調査研究 前島一淑 文部省科学研究費補助金研究成果報告書 一般研究(c)1988-1990 77p 課題番号:S63580039 <Y151-S63580039>)
動物実験に関する指針・解説 日本実験動物学界編 ソフトサイエンス社 1991.4 101p <RA64-E9>
実験動物の管理と使用に関する指針 1996年 鍵山直子,野村達次監訳 ソフトサイエンス社 1997.5 126p <SC55-G6>
EC(欧州共同体)動物実験指針「訳」 寺尾恵治[ほか]訳 ソフトサイエンス社 1991.4 38p <AE5-411-E12>
キーワード
(Keywords)
実験用動物
動物‐保護
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
大学図書館
登録番号
(Registration number)
1000014153解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!