このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000014051
提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
C2002F1035-2
事例作成日
(Creation date)
20020510登録日時
(Registration date)
2005年02月02日 02時12分更新日時
(Last update)
2005年11月17日 17時12分
質問
(Question)
1900年代初頭(1910年の日韓併合前後)における日本のGNP、人口、経済成長率、輸出入額等国力を表す指標が載っている統計資料
回答
(Answer)
(1)『明治以降本邦主要経済統計』 日本銀行統計局 1967.7 616p 【330.59-N684h2】
☆「人口の堆移(1872年以降)」がp12~13に掲載されています。掲載項目は、総人口(男女別はありません)、増加数(および出生・死亡数)、増加率、人口密度などです。
☆「10 明治以降の国民所得に関する諸統計」(国民所得の堆計が、山田堆計、大川推計など複数種類収録されています)がp28~35に掲載されています。統計の始点は堆計の種類によって異なりますが、どの堆計にも1900年代初頭は含まれています。また、p376~391に掲載されている「主要国の国民所得勘定」では、主要国の国民所得の比較がなされているほか、「(5)実質成長率(1885年以降)」には当時の日本のGNP成長率(推計)が収録されています。
☆「商品輸出入額(1868年以降)」がp278~279に掲載されています。
*当資料は、復刻版があります。
 『明治以降本邦主要経済統計』 日本銀行統計局編 復刻版 並木書房 1999.7 616p 【DT321-G3】

(2)『日本経済統計集 明治・大正・昭和』 日本統計研究所編 日本評論新社 1958.4 407p 【330.59-N689n】
☆「人口の堆移(1872年以降)」がp6~7に掲載されています。掲載項目は、総数(男女別があります)、増如数、増加率、人口密度などです。『明治以降~』と異なり、出生・死亡数は別表(p12~13)になっています。
☆「国民所得の諸系列」(国民所得の堆計が複数種類収録されています。(1)と重なる部分もありますが、本資料にのみ収録されている堆計もあります)がp338~339に掲載されています。また、各推計の精度などを比較した簡単な解説が、同ページに掲載されています。
☆「貿易の推移(1868年以降)」がp166~170に掲載されています。数値の単位は(1)よりも本書の方が細かいです((1)は百万円、本書は千円)。植民地の貿易の掲載の仕方など、表の体裁も若干異なります。

国民所得については、以下の資料にも各種推計が掲載されています。前出の2資料にはない推計が掲載されているほか、同じ堆計であっても掲載項目が若干異なるようです。

(3)『日本長期統計総覧 第3巻』 総務庁統計局監修 日本統計協会1988.1 414p 【DT31-E1】
☆「国民所得推計」(国民所得の推計が複数種類収録されています)がp344~349に掲載されています。

【 】内は当館請求記号
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
経済  (330 9版)
参考資料
(Reference materials)
明治以降本邦主要経済統計 日本銀行統計局 1967.7 616p <330.59-N684h2>
日本経済統計集 明治・大正・昭和 日本統計研究所編 日本評論新社 1958.4 407p <330.59-N689n>
日本長期統計総覧 第3巻 総務庁統計局監修 日本統計協会1988.1 414p <DT31-E1>
キーワード
(Keywords)
日本-経済-統計
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
専門図書館
登録番号
(Registration number)
1000014051解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!