このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000013901
提供館
(Library)
東京都江戸東京博物館 図書室 (4110007)管理番号
(Control number)
edo2004-08
事例作成日
(Creation date)
2004年08月01日登録日時
(Registration date)
2005年01月26日 15時09分更新日時
(Last update)
2018年01月19日 13時53分
質問
(Question)
「江戸」の由来について
回答
(Answer)
 【資料1】『江戸東京歴史読本』によると地名の由来は諸説あるようです。
(1)川の海に臨んだ江の戸(入り口)、あるいは入り江のある所などの意味で、江戸の「門戸」説。
(2)土地柄や地勢に関連した古くからの呼称と考えられ、『古今要覧稿』には「江所(江に臨む所)」とあることから「江所」説。
(3)江の湊説。
(4)荏原の繁茂する「荏土」説。
(5)「余戸」説。
(6)アイヌ語説では“etu(宇土・烏頭(うとう)と同じく出っ張ったところ、岬または端の意味)”に由来するとする、アイヌ語説。
 この中のどれを有力とするかは意見が分かれており、【資料2】『東京都の歴史』【資料9】『江戸東京残したい地名』は(1)を、【資料3】『江戸東京学事始め』は(2)を、【資料4】『家康はなぜ江戸を選んだか』は(3)をそれぞれ検証した上で支持しています。いずれにせよ、この結論に関しては、まだ研究の余地があると思われます。
いつから「江戸」と呼ばれたかについては(備考)をご覧ください。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 9版)
関東地方  (213 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『江戸東京歴史読本』(小森隆吉 弘文堂 1984年 2136/ 517/84 p.10-13)
【資料2】 『東京都の歴史』(児玉幸多・杉山博 山川出版社 1969年 2136/ 258/69 p.77)
【資料3】『江戸東京学事始め』(小木新造 筑摩書房 1991年 2136/1/91 p.26-28)
【資料4】『家康はなぜ江戸を選んだか』(岡野友彦 教育出版 2009年 2136/502/009 p.118-130)
【資料5】『江戸東京地名事典 新装版』(雪華社 1981年 2913/4/81 p.304-305)
【資料6】『地名語源辞典』(校倉書房 1989年 2910/8/1 p.72)
【資料7】『広辞苑(第6版)』(岩波書店 2008年 8131/45/0008-S00 p.316)
【資料8】『角川日本地名大辞典 13 東京都』(角川書店 1991年 2910/2/14-S00 p.130)
【資料9】『江戸東京残したい地名』(本間信治著 自由国民社 2009年 2913/1136/0009-S00 p.243)
【資料10】『江戸東京学事典』(新装版)(小木新造他編 三省堂 2003年 2913/1043/003 p.13)
【資料11】『国史大辞典』第2巻(国史大辞典編集委員会編 吉川弘文館 1986年 2100/352/2-S00 p.307)
【資料12】『日本国語大辞典』第3巻(日本大辞典刊行会編 小学館 1989年 8131/1/3-S00 p.202)
【資料13】『新編姓氏家系辞書』(太田亮著 丹羽基二編 秋田書店 1994年 2881/16/94 p.220)
キーワード
(Keywords)
江戸
地名由来
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
(関連事例)「江戸」はいつ頃から「江戸」と呼ばれるようになったのか。「江戸氏」とは関係があるのか。  http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000185622
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000013901解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!