このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000013889
提供館
(Library)
東京都江戸東京博物館 図書室 (4110007)管理番号
(Control number)
edo2003-12
事例作成日
(Creation date)
2003年12月01日登録日時
(Registration date)
2005年01月26日 12時22分更新日時
(Last update)
2018年01月19日 13時50分
質問
(Question)
東京府から東京市に名称変更したのはいつか。
回答
(Answer)
 名称変更されたのではなく、東京府は明治元年(1868)7月17日に施行し、東京市は明治22年(1889)5月1日から東京府管下に施行されました。
 東京都となったのは、昭和18年(1943)7月1日。東京府・東京市が統合・廃止され、東京府の区域をもってあらたに東京都として発足しました。
 ちなみに都民の日の由来は、東京都の前身である東京市が、市政特例体制から脱して、完全な自治体として独立し、市役所を開庁した日、すなわち明治31年(1898)10月1日にちなんで、昭和27(1952)年9月、東京都条例によって制定されました。
 備考※1「東京都年表」 備考※2「レファレンスの杜」参照
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
関東地方  (213 9版)
参考資料
(Reference materials)
『都史紀要 39 レファレンスの杜-江戸東京歴史問答』(東京都公文書館編 東京都公文書館 2003年) (p.151-168)
『東京都職制沿革』(東京都公文書館 1967年 C36/3182/10)
『市政町村制と東京(都史紀要30)』(東京都 1984年 C36/2136/5- 30)
『東京百年史 第2巻』(東京都 1979年 C3610/2136/48-2) (p.1418-1420)
『東京府史』(東京府 1930~1934年 C3610/2136/1~10)
『江戸東京学事典』(小木新造他編 三省堂 1988年 2913/507/88) (p.325-327)
『江戸東京歴史読本』(小森隆吉著 弘文堂 1984年 2136/22/84) (p.155-165)
『東京都の歴史』(竹内誠他編 山川出版社 1997年 2136/542/97) (p.306-312)
『江戸東京年表』(吉原健一郎他編 小学館 1993年 21326/374/93)
『図説歴史で読み解く東京の地理』正井泰夫監修 青春出版社 2003年 2913/1034/003 (p.65 行政区画の変遷図、p.79 東京の区の変遷図あり)
キーワード
(Keywords)
東京府;東京市
東京都
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
※1 「東京都年表」 http://www.metro.tokyo.jp/PROFILE/nenpyo.htm  (東京都庁  http://www.metro.tokyo.jp/ )(2015/5/6確認)
※2 レファレンスの杜「東京都の23区は、以前は35区だったといいますが、本当ですか。それはいつ頃の話ですか。」 http://www.soumu.metro.tokyo.jp/01soumu/archives/0606dayori02.pdf (東京都公文書館  http://www.soumu.metro.tokyo.jp/01soumu/archives/ )(2015/5/6確認)

(類似事例)
都立中央図書館「明治以降、東京の区がどのように変遷してきたのか知りたいのですが。」 http://crd.ndl.go.jp/GENERAL/servlet/detail.reference?id=1000001820  (2014/3/31確認)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000013889解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!