このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000013551
提供館
(Library)
東京都立中央図書館 (2110013)管理番号
(Control number)
都立図事-2004003178
事例作成日
(Creation date)
2004/05/19登録日時
(Registration date)
2004年12月28日 02時21分更新日時
(Last update)
2007年03月03日 15時01分
質問
(Question)
「愚弟」、「愚妹」などの時に使う「愚」という語の用法について知りたい。『日本国語大辞典 4』(資料1)p.732の「愚」の項には、「自分を謙遜していう語。男性が用いる。」とあるが、女性も使えるのか。あるいは、女性が使う場合には別の語があるのか。
回答
(Answer)
資料2:「愚」の項には、「接頭語として、音読みする漢字に冠し、自分側のことをへりくだっていう表現をつくる。」 「謙譲語として使う場合は、実際には『おろかな』という原義はあまり意識されず、『愚』の字は、ほとんど形式的な機能(自分側に関することを表すだけの機能)しか果たしていないといえよう。謙譲語として使われるのは、主として手紙か、改まった話しことばにほぼ限られる。」とある。
性別による語の使用の限定については、言及なし。p.208に「愚夫」の例があるので、女性も「愚」を使えるのではないかと思われる。

資料3:「愚息」、「愚妻」の例が載っているが、性別による使用限定はなし。「主に、手紙や記録などの固い文章や、報道・公式の発言などで使われる。」とあり。

資料4、資料5:「愚夫」の例あり。その他「愚○」の項にも、使用者の性別による使用限定については言及なし。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
文法.語法  (815 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】 日本国語大辞典 第4巻 きかく-けんう / 小学館国語辞典編集部∥編集 . 第2版 / 小学館 , 2001.4 R/813.1/5020/4
【資料2】 敬語の用法 / 辻村敏樹∥編 / 角川書店 , 1991.2 ( 角川小辞典 6 ) R/8158/3002/91
【資料3】 敬語マニュアル / 浅田秀子∥著 / 南雲堂 , 1996.6 /8158/3008/96
【資料4】大漢和辞典 ; 巻4 / 諸橋轍次∥著 . 修訂第2版 / 大修館書店 , 1989.7 R/8132/61/4C
【資料5】漢字引き・逆引き大辞林 / 三省堂編修所∥編 / 三省堂 , 1997.6 R/8131/3041/97
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000013551解決/未解決
(Resolved / Unresolved)