このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000013547
提供館
(Library)
東京都立中央図書館 (2110013)管理番号
(Control number)
都立図事-2004003148
事例作成日
(Creation date)
2004/05/12登録日時
(Registration date)
2004年12月28日 02時20分更新日時
(Last update)
2007年03月04日 15時32分
質問
(Question)
インターネットの掲示板などでよく使われる「レス」「スレ」という言葉の語源を知りたい。
回答
(Answer)
1.「レス」について
資料1『パソコン用語事典 最新2003-04年版』「レス」の項では、反応速度を意味するレスポンスを第一義に挙げている。第二義として、「返信に付けられる『Re:』の語源がResponseであると誤解されたためにこの言い方が広まった。実際には「~について」を意味する前置詞『re』である」と解説している。
しかし、資料2『通信ネットワーク用語事典』では、「レス」の項目に「レスポンスの略」とあり、「主としてパソコン通信の電子会議室等において、投稿された発言に対するコメント」と解説している。
資料3『速解パソコン・IT用語事典』でも同様に、「掲示板などでの返事、返信のこと。Responseの略」とある。
資料4『通信・ネットワーク用語ハンドブック 2002年度版』では、「リプライ」の項で、「responseを意味する『レス』という場合もある」となっている。
結論としてどちらともいえないため、両方を案内。
2.「スレ」について
資料2『通信ネットワーク用語事典 2003-04年版』には「スレッド」の項に「『スレ』と略されることもある。元発言とそれに対するコメントで構成される一連の話題の集合体をさす」と記述されている。
資料5『インターネット術語集 2』では、「書き込みはスレッド(thread、縒り糸)の意だが、ここでは同一主題での一連のやり取りをさし、『スレ』と略されたりする」という記述がある。
ほかに資料6~18を確認したが、上記以外の記述は見つからなかった。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
総記  (0 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】 最新パソコン用語事典 2003~2004年版 / 技術評論社 , 20021210 R/007.6/5090/2004
【資料2】 通信ネットワーク用語事典 2003-2004年版 / 池田博昌∥監修 / 秀和システム , 2003.5 R/547.0/5012/2004
【資料3】 速解パソコン・IT用語事典 / 合庭惇∥監修 / 成美堂出版 , 2002.4 ( 成美文庫 ) SR/007.6/5664/2002
【資料4】 通信・ネットワーク用語ハンドブック 2002年度版 / 日経コミュニケーション∥編集 / 日経BP社 , 2002.3 ( 日経コミュニケーションブックス ) R/547.4/5139/2002
【資料5】 インターネット術語集 2 サイバーリテラシーを身につけるために / 矢野直明∥著 / 岩波書店 , 2002.11 ( 岩波新書 新赤版 814 ) /547.4/5027/2
【資料6】 eメールのマナーと常識 / ビジネスEメール普及協議会∥著 / 誠文堂新光社 , 2001.4 /670.9/5024/2001
【資料7】 美しい日本の掲示板 : インターネット掲示板の文化論 / 鈴木淳史∥著 / 洋泉社 , 2003.6 ( 新書y 088 ) /547.4/5565/2003
【資料8】 インターネット法 : ビジネス法務の指針 / 内田晴康∥編著 . 第3版 / 商事法務研究会 , 2001.10 /320.4/5002A/2001
【資料9】 なぜ、メールは人を感情的にするのか : Eメールの心理学 / 小林正幸∥著 / ダイヤモンド社 , 2001.12 ( Life & business series ) /361.4/5186/2001
【資料10】 eコミュニティが変える日本の未来 : 地域活性化とNPO / Eジャパン協議会∥編 / NTT出版 , 2003.1 /007.3/5228/2003
【資料11】 最新IT用語の常識事典 : 101の基本用語と601のキーワードで301の疑問に答える / 現代用語研究会∥編著 / 秀和システム , 2001.4 R/007.3/5149/2001
【資料12】 情報生活のリテラシー / 野田隆∥編著 / 朝倉書店 , 2002.4 ( 生活環境学ライブラリー 1 ) /007.3/5186/2002
【資料13】 情報の倫理 : インターネット時代を生きる / 広瀬英彦∥編 / 富士書店 , 2000.9 /007.3/5065/2000
【資料14】 1分間で読むIT用語事典 / 舛添要一∥監修 / 三笠書房 , 2001.5 ( 知的生きかた文庫 ) S/007.3/5139/2001
【資料15】 情報デザイン入門 : インターネット時代の表現術 / 渡辺保史∥著 / 平凡社 , 2001.7 ( 平凡社新書 096 ) /007.3/5133/2001
【資料16】 コンピュータ&情報通信用語事典 / 牧野武則∥共編 / オーム社 , 2001.7 R/007.6/5253/2001
【資料17】 わかりやすいコンピュータ用語辞典 / 高橋三雄∥監修 . 第8版 / ナツメ社 , 2003.4 R/007.6/5024/2003
【資料18】 eメールの達人になる / 村上竜∥著 / 集英社 , 2001.11 ( 集英社新書 0119 ) /816.6/5007/2001
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000013547解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!