このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000013504
提供館
(Library)
東京都立中央図書館 (2110013)管理番号
(Control number)
都立図事-2004002980
事例作成日
(Creation date)
2004/03/18登録日時
(Registration date)
2004年12月28日 02時20分更新日時
(Last update)
2007年03月02日 19時46分
質問
(Question)
明治2年8月に、和泉橋の医学校で行われた日本最初の特志解剖例(美幾女みきじょ)の解剖時に執刀もしくは立ち合った人物の名前を知りたい。
回答
(Answer)
資料1:p333「明治2年8月14日最初の特志解剖が行われた。・・・明治3年10月、・・・当時の解剖所を管理したのは田口和美で・・・」
資料2:p266「田口和美たぐちかずよし ・・・1869年8月14日、女体を解剖し、これは明治時代における特志実地解剖のはじめといわれる」
資料3:p159「美幾の解剖そのものについては、当時の記録がなく・・・ただ、当時、その現場に医学生として立会ったのちの東大初代解剖学教授の田口和美は・・・」
参考資料
資料4:p279「医学所における最初の人体解剖は、1870年(明治3)10月27日、長谷川泰、石黒忠悳が法務大臣の許可を得て行った」
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
医学  (490 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】 東京大学医学部百年史 / 東京大学医学部創立百年記念会∥編 / 東京大学出版会 , 1967 /3772/170/67
【資料2】 医科学大事典 30 / 講談社 , 1983.2 DR/4903/66/30
【資料3】 明治医事往来 / 立川昭二∥著 / 新潮社 , 1986.12 /4902/145/86
【資料4】 日本における西洋医学の先駆者たち / ジョン・Z・バワ-ス∥著 / 慶応義塾大学出版会 , 1998.11 /4902/3116/98
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000013504解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!