このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000013280
提供館
(Library)
東京都立中央図書館 (2110013)管理番号
(Control number)
都立図事-2004001859
事例作成日
(Creation date)
2003/03/29登録日時
(Registration date)
2004年12月28日 02時15分更新日時
(Last update)
2007年02月27日 20時28分
質問
(Question)
第一次世界大戦時に、フランスのアルゴンヌが戦場になったが、どこの国が戦ったか。
回答
(Answer)
ドイツ軍とフランス軍・アメリカ軍が戦っている。
資料1により、場所がエヌ川上流域とわかる。
資料2には、p.69に「ドイツ軍によるベルギー、フランスへの侵入 1914」の地図にドイツ軍とフランス軍が、p.102に「1918年のドイツの春季攻勢と連合軍の反撃」の地図にはドイツ軍とフランス軍・アメリカ軍が戦っていることが図示されている。
資料3(巻末索引あり)に、3図あり。そのうち、1918年11月11日の戦線図で独・仏・米軍が図示されている。
資料4の巻末索引から、本文年表該当記事を確認する。1918.4.12 Franco-Americans repulse 1918.9.26 Franco-American divs 1918.11.4 Franco-Americans とあり、p.284には、US First Army とFrench Fourth Army の兵力記録がある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
ヨーロッパ史.西洋史  (230 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】 コンサイス外国地名事典 / 三省堂編修所∥編 . 改訂版 / 三省堂 , 1985.12 R/2903/77/96
【資料2】 第1次世界大戦 上 / J.M.ウィンタ-∥著 / 平凡社 , 1990.6 ( 20世紀の歴史 13 ) D/2096/3017/13
【資料3】 ラル-ス世界歴史地図 / 木村尚三郎∥監訳 / ぎょうせい , 1991.12 DR/2038/3001/91
【資料4】 Chronicle of the First World War / Vol. 2. Randal Gray with Christopher Argyle. Facts on File, c1991. DRF/2096/G78/C1-2
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000013280解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!