このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000013278
提供館
(Library)
東京都立中央図書館 (2110013)管理番号
(Control number)
都立図事-2004001849
事例作成日
(Creation date)
2003/03/29登録日時
(Registration date)
2004年12月28日 02時15分更新日時
(Last update)
2007年02月27日 20時25分
質問
(Question)
芭蕉がどこかで「季語のひとつも見つけ・・・」というようなことを言ったらしいが、この後に続く言葉が知りたい。出典は不明。
回答
(Answer)
松尾芭蕉の弟子・向井去来が『去来抄』の「故実」の章の中で、「先師、『季節の一つも探り出(いだ)したらんは、後世によき賜(たまもの)』となり。」と引用している。この言葉が該当すると思われる。
資料1:「季語」の項に、「・・・『去来抄』に〈季節の一つも探り出(いだ)したらんは、後世によき賜(たまもの)〉という芭蕉のことばを伝えているが、芭蕉は新しい季語の発見に積極的であったことがわかる。・・・」とあり。
資料2:芭蕉の遺語。季語の一つでも創出できたら、それは後世へのすばらしい贈り物である、の意。
資料3、4:『去来抄』の該当部分。
資料5~8からは出なかった。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本文学  (910 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】 総合芭蕉事典 / 尾形仂∥編 / 雄山閣出版 , 1982 R/J134/マ5/106
【資料2】 芭蕉ハンドブック / 尾形仂∥編 / 三省堂 , 2002.2 R/911.32/マ5/619
【資料3】 新編日本古典文学全集 88 連歌論集 / 小学館 , 2001.9 /J800/3007/88
【資料4】 新編芭蕉大成 尾形仂編者代表 / [松尾芭蕉∥著] / 三省堂 , 1999.2 /J134/マ5/409
【資料5】 芭蕉語彙 / 宇田零雨∥著 / 青土社 , 1984 R/J134/マ5/121
【資料6】 芭蕉の言葉 : 去来抄新々講 / 復本一郎∥著 / 邑書林 , 1999.4 /J134/ム20/303
【資料7】 芭蕉の風雅 / 田中佳宏∥著 / 葉文館出版 , 1998.8 /J134/マ5/407
【資料8】 芭蕉事典 / 松尾靖秋∥[ほか]編 / 春秋社 , 1978.6 R/J134/マ5/81
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000013278解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!