このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000013249
提供館
(Library)
東京都立中央図書館 (2110013)管理番号
(Control number)
都立図事-2004001623
事例作成日
(Creation date)
2003/03/18登録日時
(Registration date)
2004年12月28日 02時15分更新日時
(Last update)
2007年02月27日 20時01分
質問
(Question)
精神医学者「メダルト・ボス」に関する人物評伝、著作物に対する評論を探している。特に『東洋の英知と西欧の心理療法』という本についての評論があればなおよい。(書評でも可)
回答
(Answer)
(1)評伝
資料1: p129-149「第5章メダルト・ボスの幻覚論をめぐって」, p.150-173「第6章メダルト・ボスの心身論の変遷」
資料2: p205-212「訳者あとがき」多少触れている程度。
資料3: p1366-1367 「追悼 メダルト・ボス教授を偲んで」(人見一彦著)
『伝記・評伝全情報 西洋編』45/89、90/94、95/99(日外アソシエーツ編/発行)にはなし。
『人物研究・伝記評伝図書目録 西洋人篇』[正]・続(図書館流通センター編/発行)にはなし。
(2)書評(『書評年報 1972』より)
『朝日ジャーナル』 14巻45号 1972.11.3 p.63-64
『朝日新聞』 1972.10.9朝刊 11面読書欄「知恵を求めた心の旅」
参考文献(都立図書館未所蔵 国立国会図書館所蔵あり)
『花園大学研究紀要』 20号 1989年 p.147-168 「ハイデッガーに出会うまでのメダルトボス」
『同 』 26号 1994年 p.81-113 「ビンスワンガーからボスへ」
『花園大学文学部研究紀要』 27号 1995年 p.53-78 「ボスとユング」
資料4:p10「最近(1965年)ボスの忠実な弟子であるギオン・コンドローが、「メダルド・ボスの現存在分析とその精神医学にとっての意義」という著作を出版」という記述があるが、所在確認できず。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
伝記  (280 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】 時間・空間・身体 : ハイデガーから現存在分析へ / 河村次郎∥著 / 醍醐書房 , 1999.6 /134.9/5007/1999
【資料2】 精神分析と現存在分析論 / ボス・メダルト∥著 / みすず書房 , 1962 /1460/B890/S
【資料3】 精神医学 33巻12号通巻396号 1991.12 / 医学書院 , 19911215 /セイシンイカク
【資料4】 現存在分析 / 荻野恒一∥著 / 紀伊国屋書店 , 1979 /4937/246/79
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000013249解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!