このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000013192
提供館
(Library)
東京都立中央図書館 (2110013)管理番号
(Control number)
都立図事-2004001251
事例作成日
(Creation date)
2003/03/14登録日時
(Registration date)
2004年12月28日 02時14分更新日時
(Last update)
2007年02月27日 14時58分
質問
(Question)
平清盛の娘・徳子(とくこ)が、出家後、建礼門院徳子(とくし)と読み方が変わる根拠が知りたい。
回答
(Answer)
人名事典、建礼門院に関する資料等を調査したが、「とくし」という読みは見つからなかった。
資料1、4には読みなし。
資料2、3、8の読みは「のりこ」。
資料5は「とくこ」と「のりこ」の両方の読みあり。
資料6の読みは「とくこ」。
資料1~4によると、養和元年(1181)、安徳天皇即位に際して院号宣下があり建礼門院と名乗る、とある。出家したのは文治元年(1185)。建礼門院と名乗るようになったことと出家は関係ない。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
伝記  (280 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】 日本女性人名辞典 / 日本図書センタ- , 1993.6 R/2813/3090/93
【資料2】 平安時代史事典 本編 上 あ-そ / 古代学協会∥編 / 角川書店 , 1994.4 R/2136/3013/1
【資料3】 平安時代史事典 本編 下 た-を / 古代学協会∥編 / 角川書店 , 1994.4 R/2136/3013/2
【資料4】 国史大辞典 第5巻 け-こほ / 国史大辞典編集委員会∥編 / 吉川弘文館 , 1985.2 R/2103/32/5A
【資料5】 皇室の百科事典 / 歴史百科編集部∥編 / 新人物往来社 , 1988.6 /2884/3003/88
【資料6】 源平争乱期の女性 / 集英社 , 1977 ( 人物日本の女性史 第3巻 ) /3672/75/3
【資料7】 大日本史料 第4編之12 / 東京帝国大学文科大学史料編纂掛∥編 / 東京帝国大学 , 1912 /2108/T727/D1-4-12
【資料8】 王朝の明暗 : 平安時代史の研究 第2冊 / 角田文衛∥著 / 東京堂出版 , 1977 /2136/20/77
【資料9】 平家物語の女たち : 大力・尼・白拍子 / 細川涼一∥著 / 講談社 , 1998.10 ( 講談社現代新書 ) /J345/3045/98
【資料10】 平安貴族 / 橋本義彦∥著 / 平凡社 , 1986.8 ( 平凡社選書 ) /2136/47/86
【資料11】 平家物語 / 杉本秀太郎∥著 / 講談社 , 1996.2 /J345/3032/96
【資料12】 桓武平氏国香流系図 第2巻 平清盛流・織田流氏族篇 / 千葉琢穂∥編著 / 展望社 , 1986.10 /2882/63/2
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000013192解決/未解決
(Resolved / Unresolved)