このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000013108
提供館
(Library)
東京都立中央図書館 (2110013)管理番号
(Control number)
都立図事-2004000772
事例作成日
(Creation date)
2003/03/14登録日時
(Registration date)
2004年12月28日 02時12分更新日時
(Last update)
2007年03月06日 15時35分
質問
(Question)
蜂の子料理として食用できる蜂の種類が知りたい。「黒スズメバチ」「地蜂」は知っている。研究会等があれば連絡先も知りたい。
回答
(Answer)
資料1:『世界の食べもの 9 日本』p150-151「食用にする蜂の子は、黒スズメバチの幼虫を指すが、実は幼虫だけでなくさなぎや羽の生え始めた若蜂も混じっている。この黒スズメバチは佐久や諏訪地方などでは地蜂とかスガリというが・・・」
資料2:『アジアの昆虫資源』p.103クロスズメバチ・現在はミツバチも。
資料3:『養蜂の科学』p.126同上
資料4:『ミツバチ』p.166地蜂・ミツバチ。
資料5:『奇食珍食』p.14アシナガバチ・スズメバチ。
資料6:『世界の食用昆虫』p.61ミツバチ・スズメバチ・クマバチ・ジバチ(クロスズメバチ)。
関連団体の連絡先として、下記を紹介。
資料7:『スズメバチを食べる』 p.318全国地蜂サミット、全国地蜂連合会。
資料8:『日本ミツバチ』p.175巻末資料に関連団体あり。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
家政学.生活科学  (590 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】 週刊朝日百科世界の食べもの 9 日本編 / 朝日新聞社 , 1982.7-9 DR/5960/3015/9
【資料2】 アジアの昆虫資源 : 資源化と生産物の利用 / 松香光夫∥[ほか]著 / 農林統計協会 , 1998.9 /6470/3008/98
【資料3】 養蜂の科学 / 佐々木正己∥著 / サイエンスハウス , 1994.3 ( 昆虫利用科学シリ-ズ 5 ) /6470/3007/96
【資料4】 ミツバチ : 飼育・生産の実際と蜜源植物 / 角田公次∥著 / 農山漁村文化協会 , 1997.3 ( 新特産シリ-ズ ) /6470/3004/97
【資料5】 奇食珍食 / 小泉武夫∥著 / 中央公論社 , 1987.7 /5960/529/87
【資料6】 世界の食用昆虫 / 三橋淳∥著 / 古今書院 , 1984.5 ( 作物・食物文化選書 5 ) /4860/91/84
【資料7】 スズメバチを食べる : 昆虫食文化を訪ねて / 松浦誠∥著 / 北海道大学図書刊行会 , 2002.3 /383.8/5105/2002
【資料8】 日本ミツバチ : 在来種養蜂の実際 / 藤原誠太∥著 / 農山漁村文化協会 , 2000.3 ( 新特産シリーズ ) /646.9/5006/2000
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000013108解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!