このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000004524
提供館
(Library)
相模原市立相模大野図書館 (2210033)管理番号
(Control number)
相大-H00-032
事例作成日
(Creation date)
2004/07/07登録日時
(Registration date)
2004年08月06日 02時10分更新日時
(Last update)
2012年09月07日 17時05分
質問
(Question)
「相模」の名の由来について知りたい。
回答
(Answer)
K1‐29「さがみはらの地名」P6に、『賀茂真淵はもともと「身狭(ムサ)」の国と呼ばれていたものが、「身狭上(ムサガミ)」「身狭下(ムサシモ)」にわかれ、前者が「さがみ」後者が「むさし」になったという説を唱えています。(中略)「相模」の名が最初に文献に登場するのは有名な「古事記」のようです』という記述あり。これが、一般的とおもわれる。→しかし、語源については諸説あり。
①R291「角川日本地名大辞典」(神奈川県)P412
②R813「日本国語大辞典」(キーワード:さがみ)
③R291「地名用語語源辞典」(キワード:さがみ)P244
以上の参考文献を中心に、語源についてあたる。→約7~8説あり。詳細は原本参照。
この他、「語意孝」(賀茂真淵全集19巻、P140/県立あり)・「古事記伝」(本居宣長全集9巻、P329・11巻、P233/県立あり)・「類聚(ルイジュウ)名物孝」(山岡俊明編/県立常置あり)・「日本釈名」(益軒全集 貝原益軒/国会あり)などに記述あり。
→これらは、先にあげた①~③の中に参考文献として記されていたもの。詳細は原本参照。
その他、以下の文献もあり。(大野図あり)
A:R291「古代地名語源辞典」(キーワード:さがむ)P147
B:R291「大日本地名辞書」(キーワード:相模国)
C:R291「神奈川県の地名」→語源についての説明なし。でも、国の成立など史実は詳細。*古事記関係
①R913「古事記事典」P286より「佐賀牟(サガム)」「相武國(サガムノクニ)」に「景行記倭健命東征段(ケイコウキヤマトタケルノミコト)の地名」とあり。
→古事記事典の使い方については、原本参照。
②918「古事記」(日本古典文学全集・小学館)の目次から、「景行記5 倭健命の東国征伐」(中巻・P217)に「相武國」とあり。
→K1-38「神奈川県の史実と伝説」P6~、210.3「古事記への旅」P198~にこの話の概説がある。
*R913「古事記総索引」は、索引篇→本文篇をひいても本文の説明がないため、内容を知ることができない。目印になるような見出しも、上・中・下以外にないので、他の「古事記」からその箇所を見つけるのは困難。あまり使えない。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
相模
由来
ムサガミ
身狭上
ムサシモ
身狭下
古事記
相模原
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000004524解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!