このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000004475
提供館
(Library)
慶應義塾大学湘南藤沢メディアセンター (3320002)管理番号
(Control number)
SFC-事例2
事例作成日
(Creation date)
2004年07月30日登録日時
(Registration date)
2004年07月30日 14時51分更新日時
(Last update)
2006年01月16日 16時33分
質問
(Question)
英文誌に論文投稿する際、日本語文献の引用・参考文献はどのように表記すべきか。
回答
(Answer)
『アカデミックライティング応用編:文学・文化研究の英語論文作成法』より
「英訳して引用することが望ましい。本文あるいは註に日本語の文献名を挙げる場合もタイトルをローマ字にして欧文文献と同様に扱う。タイトルの直後の()でタイトルの英訳を付すと日本語を解さない読者にも理解できる」
『ポイントで学ぶ科学英語論文の書き方』より
「雑誌名は国際規格にしたがって略記する。欧文で和雑誌を引用する場合は、誌名をそのままローマ字書きする。正式欧語名が決まっている場合には、カッコに入れてこれを示す」
回答プロセス
(Answering process)
学会ごとにルールが定められている場合があり、『MLA英語論文の手引』や『APA論文作成マニュアル』などの解説書が出ていることがある。また投稿誌が特定できる場合には、その雑誌の投稿規定があるので、まずそれらを参照すべきである。
学会や雑誌を特定せず、一般的にはどう書くのが通例かという質問だったため、複数の解説書を参照し、上記のような記述を見出して紹介した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
アカデミックライティング応用編:文学・文化研究の英語論文作成法. Armour, Andrew. 慶應義塾大学出版会, 1999.10
ポイントで学ぶ科学英語論文の書き方. 小野義正. 丸善, 2001.3
キーワード
(Keywords)
引用;参考文献;記述;英語;日本語
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
その他
内容種別
(Type of subject)
論文作法
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000004475解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決