このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000003831
提供館
(Library)
大阪市立中央図書館 (2210006)管理番号
(Control number)
10-200012-003
事例作成日
(Creation date)
2000/12/00登録日時
(Registration date)
2004年03月25日 02時11分更新日時
(Last update)
2011年04月23日 16時54分
質問
(Question)
大阪上本町の近鉄百貨店辺りにあった「梅屋敷」についての資料はないか?
回答
(Answer)
「東都亀戸の梅屋敷を模して、文化年間に造ったもの~生玉馬場の東(現在の上本町六・七丁目辺)にあり、園中に梅を植え、樹下に席を設け~秋には菊観で賑わった~。~日露開戦の一二年後には、山口銀行主の山口吉郎右衛門氏本邸となり、大正期には忘れさられてしまった。」
(「翻刻『梅屋敷の記- 一名 このはな』」『大阪府立図書館紀要』第37号 2008より)

『浪華の賑ひ』 (鶏鳴舎暁晴/編輯 ; 松川 半山/画図 中外書房,1975|安政2年版の複製)26丁に”梅屋敷”についての記述がある。
その他は以下のとおり。

・『浪速叢書 第7 摂津名所図会大成 其1』 (船越 政一郎/編  暁 鐘成/著 名著出版,1978)p277~278
・『大阪府全志 巻之2』(井上 正雄/著 清文堂,1985|大正11年刊の復刻)p764
・『上方』 26 表紙 193302 /『上方』 30 「三十年前の大阪東部」寺川信 p33-34、35 193306
 ※ 『上方 郷土研究 3(上) 自第二十五号(昭和八年一月)至第三十号(昭和八年六月)』(上方郷土研究会/編集 新和出版社,1969)所収
・『天王寺区史』 (川端 直正/編 天王寺区創立三十周年記念事業委員会,1955.10) p84、406
・徳永慶太郎「七十年前の上六」『大阪春秋 大阪の歴史と文化と産業と 阿倍野・住吉・天王寺 特集』25号 第8巻第3号 1980.9(p82-87)
・『京阪名所案内』 (白土 幸力/編輯 博盛堂,1904) p13
・『大阪府誌 第5編 名勝旧蹟』 (大阪府/編纂 思文閣,1970 大阪府 明治36年刊の復刻)p79-80
・『大阪新繁昌記』 (島本 篤平/著 島本篤平,1894.10)p18-19
・『大阪案内』 (日本電報通信社大阪支局,1909)p205
・『目で見る明治時代 明治風俗画集成 2』(国書刊行会,1985.11)
 大阪の梅園(p.34.35) 図版・解説あり。

『写真浪花百景 上編 中編』(長谷川 貞信/画 一荷堂 半水/著 綿屋喜兵衛,[1868頃(明治初年)])には「梅屋敷」の絵が収録されており、
大阪市立図書館 画像データベースで画像を提供しているほか、大阪市立図書館Webギャラリー「なにわ花めぐり 」でも同画像を紹介。

”梅屋敷”の位置と広さについては、次の資料による。
『新修大阪市史 第10巻』 (新修大阪市史編纂委員会/編集 大阪市,1996.3) 歴史地図 図5 天保期の大坂三郷
『大阪地籍地図 南区及接続町村之部[地図] 』 (吉江集画堂地籍地図編輯部/編纂 吉江集画堂,1911)
『大阪地籍地図 南区及接続町村之部[土地台帳] 』 ([吉江集画堂地籍地図編輯部/編]  吉江集画堂,1911)

国立国会図書館ホームページの「写真の中の明治・大正 関西編」 梅屋敷には、
『旅の家つと23号』(大阪市立図書館所蔵なし)掲載の梅屋敷の写真が紹介されており、関連する近代デジタルライブラリーへのリンクあり。

大阪府立図書館に『梅屋敷の記』(黒沢翁満 1846)が所蔵されており、「大阪府立中之島図書館貴重書画像データベース」で画像が公開されている。
また、「翻刻『梅屋敷の記- 一名 このはな』」『大阪府立図書館紀要』第37号(2008(平成20)年3月31日)本文もホームページ紀要のページで公開されている。 
また、大阪府立中之島図書館「錦絵にみる大阪の風景」では、 『浪花百景』(芳瀧画)・『浪華百景之内』(貞信(初代)画)の画像を見ることができる。
回答プロセス
(Answering process)
『大阪史蹟辞典』(三善 貞司/編 清文堂出版,1986.7)には記載なし。
大阪市史編纂所に助言を得る。

2010.3追加調査

1.大阪府立中之島図書館 ホームページで調査

大阪文献データベース http://refdb.library.pref.osaka.jp/cdb0100.asp  (2010.3.24確認)を調査

事項から検索 “梅屋敷”

『上方』 26 表紙 193302 /『上方』 30 「三十年前の大阪東部」寺川信 p33-34、35 193306
※ 『上方 郷土研究 3(上) 自第二十五号(昭和八年一月)至第三十号(昭和八年六月)』(上方郷土研究会/編集 新和出版社,1969)所収
『上方』 31 p62-63 193307 新梅屋敷が中心
 ※『上方 郷土研究 3(下) 自第三十一号(昭和八年七月)至第三十六号(昭和八年十二月)』(上方郷土研究会/編集 新和出版社,1969) 所収
『天王寺区史』 (川端 直正/編 天王寺区創立三十周年記念事業委員会,1955.10) p84、406
『梅屋敷の記』 黒沢翁満 1846 大阪市立図書館所蔵なし

文献名から検索 “梅屋敷”

徳永慶太郎「七十年前の上六」『大阪春秋 大阪の歴史と文化と産業と 阿倍野・住吉・天王寺 特集』25号 第8巻第3号 1980.9(p82-87)
『梅屋敷の記』 黒沢翁満 1846 大阪市立図書館所蔵なし

『梅屋敷の記』(黒沢翁満 1846)は、「大阪府立中之島図書館貴重書画像データベース」で画像公開を確認。

「錦絵にみる大阪の風景」 http://fukeiga.library.pref.osaka.jp/  (2010.3.25確認)では、
名所名 梅屋敷で二つの画像を見ることができる。

2.国立国会図書館写真の中の明治・大正 関西編 梅屋敷 http://www.ndl.go.jp/scenery/kansai/data/79/index.html  (2010.3.24確認)を調査

『旅の家つと23号』(大阪市立図書館所蔵なし)掲載の梅屋敷の写真が紹介されており、代デジタルライブラリーの関連する下記タイトルへのリンクあり。

『京阪名所案内』 (白土 幸力/編輯 博盛堂,1904) p13
『大阪府誌 第5編 名勝旧蹟』 (大阪府/編纂 思文閣,1970 大阪府 明治36年刊の復刻)p79-80
『大阪新繁昌記』 (島本 篤平/著 島本篤平,1894.10)p18-19
『大阪案内』 (日本電報通信社大阪支局,1909)p205

貴重書画像データベースで紹介されている『写真浪花百景 上編 中編』(長谷川 貞信/画 一荷堂 半水/著 綿屋喜兵衛,[1868頃(明治初年)])も含め、当館所蔵あり。

3.CiNii - NII論文情報ナビゲータ http://ci.nii.ac.jp/  (2010.3.25確認)を調査

キーワード“梅屋敷”で検索。

小笠原 弘之 , 山田 瑞穂 , 佐藤 敏江 [他] 「翻刻『梅屋敷の記--一名 このはな』 翻刻『松島紀行』」 『大阪府立図書館紀要』 (37),2008/3 が見つかる。
大阪府立図書館紀要ページで本文公開を確認。

2010.10追加

『目で見る明治時代 明治風俗画集成 2』(国書刊行会,1985.11)
 大阪の梅園(p.34.35) 図版・解説あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
『葎居後集 1~3巻』(黒沢翁満著 河内屋和助 安政5.6(1858))
NDC
近畿地方  (216 9版)
参考資料
(Reference materials)
『浪華の賑ひ』 鶏鳴舎暁晴/編輯 ; 松川 半山/画図 中外書房,1975<当館書誌ID:0080169160>
『浪速叢書 第7 摂津名所図会大成 其1』 船越 政一郎/編  暁 鐘成/著 名著出版,1978<当館書誌ID:0000245013> 浪速叢書刊行会 1927年刊の復刻 
『大阪府全志 巻之2』 井上 正雄/著 清文堂,1985 ISBN 4-7924-0271-9<当館書誌ID:0000172307>大正11年刊の復刻 
『新修大阪市史 第10巻』 新修大阪市史編纂委員会/編集
大阪市,1996.3<当館書誌ID:0000588399>
『大阪地籍地図 南区及接続町村之部[地図] 』 吉江集画堂地籍地図編輯部/編纂 吉江集画堂,1911<当館書誌ID:0000606067>
『大阪地籍地図 南区及接続町村之部[土地台帳] 』 [吉江集画堂地籍地図編輯部/編]  吉江集画堂,1911<当館書誌ID:0000606066>
大阪市立図書館Webギャラリー「なにわ花めぐり 」 http://www.oml.city.osaka.jp/image/themes/theme829.html  (2010.3.25確認)
「大阪府立中之島図書館貴重書画像データベース」 http://rarebooks.library.pref.osaka.jp/  (2010.3.25確認)
「翻刻『梅屋敷の記- 一名 このはな』」『大阪府立図書館紀要』第37号 2008(平成20)年3月31日  http://www.library.pref.osaka.jp/lib/kiyo.html   (2010.3.25確認)
『上方 郷土研究 3(下) 自第三十一号(昭和八年七月)至第三十六号(昭和八年十二月)』上方郷土研究会/編集 新和出版社,1969 <当館書誌ID:0000245127>
徳永慶太郎「七十年前の上六」『大阪春秋 大阪の歴史と文化と産業と 阿倍野・住吉・天王寺 特集』25号 第8巻第3号1980.9(p82-87) <当館書誌ID:0000253458>
『京阪名所案内』 白土 幸力/編輯 博盛堂,1904<当館書誌ID:0000519432>
『大阪府誌 第5編 名勝旧蹟 』 大阪府/編纂 思文閣,1970 大阪府 明治36年刊の復刻<当館書誌ID:0000172300>
『大阪新繁昌記』 島本 篤平/著 島本篤平,1894.10<当館書誌ID:0080215379>
『大阪案内』 日本電報通信社大阪支局,1909<当館書誌ID:0080240369>
大阪府立中之島図書館「錦絵にみる大阪の風景」 http://fukeiga.library.pref.osaka.jp/  (2010.3.25確認)
国立国会図書館写真の中の明治・大正 関西編 梅屋敷 http://www.ndl.go.jp/scenery/kansai/data/79/index.html  (2010.3.24確認)
『目で見る明治時代 明治風俗画集成 2』国書刊行会/編 国書刊行会,1985.11<当館書誌ID:0080105196>
キーワード
(Keywords)
梅屋敷
大阪府大阪市天王寺区
上本町
山口吉郎兵衛
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
大阪市史編纂所  http://www.oml.city.osaka.jp/hensansho/  (2010.3.24確認)
備考
(Notes)
大阪市立図書館Webギャラリー「大阪名所めぐり」 http://www.oml.city.osaka.jp/cgi-bin/img_src/disp_themes.cgi (2011.2.4確認)もご参照ください。
2010年3月18日から4月1日まで大阪市立図書館サイトトップ(  http://www.oml.city.osaka.jp/  )で、
「梅屋敷」 (『写真浪花百景 上編 中編』(長谷川 貞信/画 一荷堂 半水/著 綿屋喜兵衛,[1868頃(明治初年)])<当館書誌ID:0000268770>をご紹介しました。
「古文書や大阪関係の地図を検索する」 http://www.oml.city.osaka.jp/cgi-bin/img_src/s_all.cgi  (2010.12.17確認)で、書名 図名“写真浪花百景”で検索し、17ページをご参照ください。

山口吉郎兵衛(4代)やまぐち-きちろべえ(1883-1951) 明治-昭和時代の銀行家。
明治31年大阪第百四十八国立銀行を山口銀行(三和銀行の前身)に改組し,社長となる。陶磁器の収集家,茶道家としても知られる。大阪出身。号は滴翠。(『日本人名大辞典』(平凡社)山口吉郎兵衛(4代)の項目より抜粋)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000003831解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決