このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000003810
提供館
(Library)
大阪市立中央図書館 (2210006)管理番号
(Control number)
10-200009-003
事例作成日
(Creation date)
2000/09/00登録日時
(Registration date)
2004年03月25日 02時11分更新日時
(Last update)
2009年07月21日 18時34分
質問
(Question)
蝶の数え方を知りたい。
回答
(Answer)
正式には”頭”と数えるとあり。(『地獄蝶・極楽蝶』(今井彰著 築地書館 1992)p172-184)

2009.7追加調査

埼玉県立久喜図書館事例によると、
『大漢和事典 12』p264〈頭〉より「ものを数える随伴詞」「牛馬等のかうべある動物を数える言葉」とあり。

また、神奈川県立図書館事例によると、
「個人のHPで大阪市立自然史博物館の学芸員の方の質問コーナーに関するコメントが紹介されており、
これによると「「匹」も「頭」のどちらもよく使われており、特に巷では「匹」、動物学などの文献では「頭」が多」く、
「昆虫学の論文では「個体」や「頭」がほとんどで、「匹」と書くと論文の格が下がります。その程度の問題です。」となっている。
回答プロセス
(Answering process)
『地獄蝶・極楽蝶』(今井彰著 築地書館 1992)の中に「蝶の数え方の不思議」という項があり、確認。
インターネットの検索エンジンで”蝶”と”数え方”で検索し、同様の内容が多数ヒット。

2009.7追加調査

レファレンス協同データベースで下記の関連事例を発見。

■蝶の数え方に「頭」があるそうだが、なぜ「頭」で数えるようになったのか。他に「頭」で数える昆虫があるのかどうかも知りたい。
埼玉県立久喜図書館
公開用URL; http://crd.ndl.go.jp/GENERAL/servlet/detail.reference?id=1000031270

■蝶を数える時、「一頭」「二頭」と「頭」を使うのはなぜか。
神奈川県立図書館
公開用URL; http://crd.ndl.go.jp/GENERAL/servlet/detail.reference?id=1000014498
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
昆虫類  (486 9版)
参考資料
(Reference materials)
『地獄蝶・極楽蝶』 今井 彰/著 築地書館 1992年 ISBN 4-8067-2222-7  <当館書誌ID:0000266997>

■蝶の数え方に「頭」があるそうだが、なぜ「頭」で数えるようになったのか。他に「頭」で数える昆虫があるのかどうかも知りたい。
埼玉県立久喜図書館
公開用URL; http://crd.ndl.go.jp/GENERAL/servlet/detail.reference?id=1000031270

■蝶を数える時、「一頭」「二頭」と「頭」を使うのはなぜか。
神奈川県立図書館
公開用URL; http://crd.ndl.go.jp/GENERAL/servlet/detail.reference?id=1000014498
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000003810解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決