このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000002834
提供館
(Library)
香川県立図書館 (2110006)管理番号
(Control number)
3705
事例作成日
(Creation date)
2003/11/28登録日時
(Registration date)
2004年03月17日 02時11分更新日時
(Last update)
2015年03月31日 13時35分
質問
(Question)
一閑張の具体的な工程について
回答
(Answer)
「一閑張」の資料について

・ 香川県の諸職 香川県諸職関係民俗文化財調査報告書 瀬戸内海歴史民俗資料館/編 香川県教育委員会事務局 1989
  p.91-94に「12.一貫張り製作」の記事あり。簡単な記事ではあるが、製作・加工の行程・用具などの説明がある。
  また、p.233に同じ記事の調査概要票あり。

・讃岐の手仕事 写真集 讃岐写真作家の会/編 讃岐写真作家の会 1974.11
  p.46-49「一貫張り(岸木浩一)」※説明と作業風景の写真あり

・「日本の伝統工芸 10」
p52~53に「讃岐一閑張の技法(出石一雄著)」という記事がある。
坂出市の「民芸城山」の一閑張の製法について、簡単にまとめられている。
工程途中の小さな写真が、2枚ある。

・「中国・四国の民芸」(山陽新聞社編)
p158~161「一閑張り」
読み物風にまとめられ、製法の記述も若干ある。
工程を説明する写真はない。

・日本の地場産業 伝統的工芸編 総カラ-版     1981.10
p.226に「一貫張」の項あり。次のような記述あり。
・「・・・「一閑張」が本来の書き方であるが、讃岐地方では、これを「一貫張」と書く。・・・」
・「竹で編んだ骨組に手漉和紙を何枚も塗り重ね、それを柿渋の液に浸して乾かし、濃い飴色になるまで何回もくり返して仕上げる、という技法である」

・うるし工芸辞典 光芸出版編集部/編 光芸出版 1978.5
p.36-37「一貫張」の項あり。図版「一閑張作業(右、素地に紙を合わせる 左、刷毛で張る。)」あり。

・全国伝統的工芸品総覧 受け継がれる日本のものづくり 平成18年度版 伝統的工芸品産業振興協会/編 同友館 2007.10
  ※「一閑(貫)張(いっかんばり)」の項あり。

内容細目
香川県の項p279~288に以下の掲載あり\n保多織(ほたおり)、讃岐のり染(さぬきのりぞめ)、金糸銀糸装飾刺繍(きんしぎんしそうしょくししゅう)、神懸焼(かんかけやき)、讃岐装飾瓦(さぬきそうしょくがわら)、岡本焼(おかもとやき)、香川漆器(かがわしっき)、さぬき一刀彫(さぬきいっとうぼり)、志度桐下駄(しどきりげた)、欄間彫刻(らんまちょうこく)、桐箱(きりばこ)、肥松木工品(こえまつもっこうひん)、讃岐桶樽(さぬきおけだる)、組手障子(くでしょうじ)、香川竹細工(かがわたけざいく)、竹一刀彫(たけいっとうぼり)、讃岐鋳造品(さぬきちゅうぞうひん)、打出し銅器(うちだしどうき)、讃岐鍛冶製品(さぬきかじせいひん)、左官鏝(さかんごて)、豊島石灯籠(としまいしどうろう)、庵治産地石製品(あじさんちいしせいひん)、鷲ノ山石工品(わしのやませっこうひん)、高松張子(たかまつはりこ)、高松嫁入人形(たかまつよめいりにんぎょう)、節句人形(せっくにんぎょう)、張子虎(はりこどら)、手描き鯉のぼり(てがきこいのぼり)、讃岐かがり手まり(さぬきかがりてまり)、丸亀うちわ(まるがめうちわ)、讃岐提灯(さぬきちょうちん)、高松和傘(たかまつわがさ)、讃岐獅子頭(さぬきししがしら)、一閑(貫)張(いっかんばり)、長火鉢(ながひばち)、古式畳(こしきだたみ)、菓子木型(かしきがた)

・全国伝統的工芸品総覧 受け継がれる日本のものづくり 伝統的工芸品産業振興協会/編 ぎょうせい 2003.12
p.292に「一閑(貫)張」の項あり。
また、この資料のp.373-380「地方公共団体(都府県)指定伝統的工芸品一覧」の
「香川県」の項に「一閑張・一貫張(p.379)」が含まれている。

・漆よもやま話 山岸寿治/著 雄山閣出版 1996.6
p.156-161に「一閑張り」の項あり。

・漆芸の伝統技法 佐々木英/著 理工学社 1986.12
p.6-8、9に「(3)一閑張り」の項あり。「表面だけ和紙貼りにした技法」について短い説明あり。

上記以外にも、香川の民芸、工芸、物産品等の資料を
調査したが、工程、製法の詳しいものは見当たらなかった。

(09/2/18追記)
・事典*日本の地域ブランド・名産品 日外アソシエーツ株式会社/編 日外アソシエーツ,紀伊国屋書店,2009.2
  ※p.339「一閑張(一貫張) いっかんばり」の項あり。「種別」は[紙工芸・和紙]となっている。

(一閑張関連資料)
国立国会図書館「雑誌記事索引」などで次のような資料があることがわかるが、当館未所蔵。
・一閑張の制作行程と技法について(特集 わび茶のこころ 一閑張の世界) 淡交 2004.6
・飛来家歴代について(特集 わび茶のこころ 一閑張の世界) 淡交 2004.6
・ 一閑張技法の清華(特集 わび茶のこころ 一閑張の世界) 淡交 2004.6
・使い手が感じる一閑張の魅力について(特集 わび茶のこころ 一閑張の世界) 淡交 2004.6
・ 特集 わび茶のこころ 一閑張の世界 淡交 2004.6
・名古屋における一閑張漆器工業・硬質漆器工業の盛衰について 地理誌叢 1989.11
・一閑張の一閑 日本美術工芸 1952.10
(調べ学習)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
工芸  (750)
参考資料
(Reference materials)
一閑張り(いっかんばり)の籠を作りたいと思っています。作り方が書いてある資料はありませんか。(宮城県図書館).
http://iss.ndl.go.jp/books/R000000006-I000068171-00
キーワード
(Keywords)
一閑張
一貫張
工芸-日本
伝統的工芸品産業
漆器
香川県
調べ学習
物産-日本-便覧
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
宮城県図書館
備考
(Notes)
定番事例
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000002834解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter










新着データ
最近のアクセスランキング
おすすめデータ