このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000001787
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
人文-00010
事例作成日
(Creation date)
2002年7月4日登録日時
(Registration date)
2004年03月06日 19時53分更新日時
(Last update)
2005年12月10日 10時25分
質問
(Question)
伊勢大輔の百人一首「いにしへの奈良の都の八重桜…」の返歌がのっている資料。できればその返歌についての解説がのっている資料をさがしています。
回答
(Answer)
『新編 和歌の解釈と鑑賞事典』に「『九重ににほふを見れば桜がり重ねてきたる春かとぞ思ふ』」という中宮(彰子)の返歌」の記載があります。(p.324)
『校註 国歌大系 第二十五巻 総合索引ニ カーシ』では「ここのへに にほふをみれば」の索引で該当歌が2点ありますが(p1341)、いずれも紫式部の作として「九重に匂ふをみれば遅櫻かさねてきたる春かとぞ思ふ」(7巻p24)と、「九重に匂ふを見れば櫻がり重ねてきたる春の盛りか」(12巻P812)と、非常に似た歌が記載されています。
他の各種和歌索引にも、彰子の歌としては記載がありません。
『紫式部集評釈』(p162-p167)、『紫式部集全評釈』(p545-549)に歌の解釈と作歌の状況の記載があり、中宮彰子の返歌として、紫式部が代作をしたものとされています。
また『紫式部集・紫式部日記の研究』にもあるとおり、歌集によって、歌が少しづつ異なるようです。(p115)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
インターネットで検索の結果、中宮彰子が返歌をしているそうですが、その意味や、調査できる資料まではみつけられませんでした。
NDC
詩歌  (911 8版)
参考資料
(Reference materials)
①『新編 和歌の解釈と鑑賞事典』井上宗雄 武川忠一/編 笠間書院 1999 955p
②『校註 国歌大系』国民図書/編 講談社 1976 全28巻
③『紫式部集評釈』竹内美千代/著 桜楓社 1970 316p
④『紫式部集全評釈』(笠間注釈叢刊9)南波浩/著 笠間書院 1983 762p
⑤『紫式部集・紫式部日記の研究』河内山清彦/著 桜楓社 1980 477p
キーワード
(Keywords)
百人一首
和歌
紫式部
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
府内図書館
登録番号
(Registration number)
1000001787解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!