このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000001764
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
社自-00037
事例作成日
(Creation date)
2000年5月30日登録日時
(Registration date)
2004年03月06日 19時53分更新日時
(Last update)
2005年12月15日 18時59分
質問
(Question)
1860年頃、フランス(ノルマンディーあたり)の農家1件あたりの農地の広さを知りたい。
回答
(Answer)
1860年頃のノルマンディー辺りの農家の広さについて、ちょうどその年代のものは見当りません。
ただ、関連する本の中に参考になると思われる事柄が出ていますので、それを引いてみます。

①『フランス農村物語』 (該当部分:p394~395)
 フランス農家の型を述べている文の中に
 「マジョール型(ノルマンディー地方の至るところにみられるとあります)農家の敷地はおおむね広く、自身の耕地の五、六分の一を当てるといわれている。であるから往々数ヘクタールの広大な敷地をもっているものがある」
と記述されています。このことから数ヘクタール×5~6倍が耕地であると考えられます。
ただし、これは部落7世帯のことを言ってるようであり、この本の著者が在仏していた1930年代の頃の状態であると思われます。

②『フランス農民小史』(該当部分:p139~14)
 「土地経営の状態」と題する表によればフランスの面積規模別の経営数(世帯数とは限らない?)は、1862年には、
1ha以下 未調査
1-10ha 2,435,401
10-40ha 636,309
40-100ha 154,167
100ha以上 
となっていますが、国全体の数値であり、地域別の統計ではありません。

③『フランスの農村』 (該当部分:p176~177)
 ノルマンディーよりやや西よりになりますが、ブルターニュ地方について経営規模別、地代形態別農家数の統計が載っています。
ただし年代が1955~56年の数値です。その表では10~20haの農家数が一番多いようです。

以上どれも求めておられるものではないですが、ご了承下さい。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
「ヨーロッパ歴史統計 国家・経済・社会 1815~1975」(原書房 上巻:1985 下巻:1987)
「マクミラン新編 世界歴史統計 ヨーロッパ歴史統計1750~1993」(東洋書林 2001)
「ヨーロッパ統計年鑑 97」(東洋書林 1999)
NDC
農業経済・行政・経営  (611 8版)
参考資料
(Reference materials)
①『フランス農村物語』 池本喜三夫/著 東明社 1971 534p (請求記号:812/2457/#)
②『フランス農民小史』 デレアージュ/著 千葉治男ほか/訳 未来社 1957 155p (請求記号:812/1217/#)
③『フランスの農村 その地理学的研究』 谷岡武雄/著 古今書院 1973 421,14p (請求記号:819/399/#)
キーワード
(Keywords)
農地
ノルマンディー
フランス
農家経済
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
その他
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
府内図書館
登録番号
(Registration number)
1000001764解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!