このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000001761
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
社自-00034
事例作成日
(Creation date)
2003年05月08日登録日時
(Registration date)
2004年03月06日 19時53分更新日時
(Last update)
2005年12月22日 13時54分
質問
(Question)
梅の木に生えるサルノコシカケをもらったが、服用のしかたがわかりません。
サルノコシカケ科のキノコも種類が多く、梅の木に生えるものの名称と服用方法を調べて下さい。
回答
(Answer)
『家庭で使える薬用植物大事典』  田中孝治/著  家の光協会  2002 
“ウメの古木についたものを梅寄生と呼び、貴重で高価なものとされたこともあったが、街路樹や道ばたの杭などに着生したものも同じである。”とあり、使用法は“悪性の腫瘍などに、寄生1日量10gを煎用する。食用できるキノコ類にも同様の効用があるといわれている。”(P.124記載)

『原色牧野和漢薬草大圖鑑 新訂』 岡田稔/[ほか]編集 北隆館 2002  
“梅寄生1日量20gに1.8lの水を加え、弱火で1時間以上煎じ、泡が立たなくなるまで煮つめた煎汁を2~3回に分け空腹時に服用する”と記されている程度です。

『和漢薬百科図鑑 2』 難波恒雄/著 保育社 1994 
P.244-247に梅寄生の説明があります。

☆その他:インターネットのYahoo!で検索(キーワード:梅寄生)すると、いろいろなサイトを見ることができます。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
薬学  (499 8版)
参考資料
(Reference materials)
『家庭で使える薬用植物大事典』  田中孝治/著  家の光協会  2002 287p (請求記号:499.8/171N)
『原色牧野和漢薬草大圖鑑 新訂』 岡田稔/[ほか]編集 北隆館 2002  48,822p (請求記号:499.8/189N)
『和漢薬百科図鑑 2』 難波恒雄/著 保育社 1994 525p 図版40p (請求記号:499.8/38N/2)
キーワード
(Keywords)
サルノコシカケ
梅寄生
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
府内図書館
登録番号
(Registration number)
1000001761解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!