このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000000453
提供館
(Library)
日本海事センター海事図書館 (4210003)管理番号
(Control number)
85048
事例作成日
(Creation date)
1985/08/08登録日時
(Registration date)
2004年03月06日 19時37分更新日時
(Last update)
2007年06月20日 13時52分
質問
(Question)
雑誌の中に“Convention on Limitation of Liability”と云う条約が出てきたがどんな内容か。(1976年に新たに採択された条約らしい。)
回答
(Answer)
船舶の所有者等の責任の制限に関する法律で“船主責任条約”のこと。すでに1957年に採択されていたが、1976年にIMO(当時IMCO)法律委員会で再検討され、次のような改正が加えられた。
①責任制限主体の拡大 ②制限債券の拡大 ③責任限度額の引上げ ④計算単位 ⑤船舶のトン数算定 等
各国の船主責任制限法はこの条約を基準にして作られている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
海運  (683 7版)
参考資料
(Reference materials)
「最新海事法規の解説」(M.08/U77)
「最新海事判例評釈」(M.082/Y44)
「海事法研究会誌 第60号」(昭和59年6月号)「改正船主責任制限法の実務的解説」
キーワード
(Keywords)
船主責任条約
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000000453解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!