このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

調べ方マニュアル詳細(Detail of search guide data)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=man_view&id=2000023253
提供館
(Library)
香川県立図書館 (2110006)管理番号
(Control number)
香調-1238
調べ方作成日
(Creation date)
2014年10月21日登録日時
(Registration date)
2014年10月21日 18時26分更新日時
(Last update)
2017年12月05日 19時44分
調査テーマ
(Title of the search guide)
「依存」は「イゾン」と読んだり、「イソン」と読んだりする。そのような読みに「ゆれ」のある語について調べる。
調べ方
(Contents of the search guide)
次の所蔵あり。

・現代日本語史における放送用語の形成の研究 塩田雄大/著 三省堂 2014.9(8102/ S20/ )

  ※p.227「依存」の項あり。次のような記述あり。
   「・・・2014(平成26)年4月にNHKでの運用規定が「イゾンを第一推奨語形とし、イソンも可」というように変更になった(山下洋子(2014))。」

   なお、p.228-237に「簡明直截」、「言質」、「修祓」、「杜撰」、「洗滌」、「大審院」、「植字工」、「掉尾」、「紛失」、「片時」、「維持」、「拉致」に関する説明あり。

・日本語語感の辞典 中村明/著 岩波書店 2010.11(8131/ N6/ )

  ※p.59「いそん【依存】」次の説明あり。
   「・・・現在では「いぞん」と読む例が多いため、この語形はいささか古風な印象を与えやすい。」
   また、「いぞん【依存】」には「「いそん」の慣用読み。・・・」という説明あり。
NDC
日本語  (810)
参考資料
(Reference materials)
塩田雄大 著 , 塩田, 雄大, 1969-. 現代日本語史における放送用語の形成の研究. 三省堂, 2014.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I025626092-00

内容:
放送用語委員会,開始当初の放送に現れた日本語の「間違い」,最初の放送用語基準1935年『放送用語の調査に関する一般方針』について,
音声標準語の確立にあたって課題の多かった分野,アクセント辞典の誕生,終戦前の辞典に示された複合動詞のアクセントをめぐって,
漢語の読み方はどのように決められてきたか,「漢語の読みのゆれ」と『放送用語調査委員会決定語彙記録(一)』,
放送における外来語その「管理基準」の変遷,スポーツ用語にみる外来語の扱い,放送用語と日本語史,本書のまとめと展望
 索引あり 

日販マーク内容紹介:放送のことばは、どのようにして形作られてきたのか。昭和初期の放送用語をめぐる具体的な議論や審議資料の分析をもとに、語彙・発音・アクセントにわたる「音声標準語」成立事情を解明する、類いまれな論考。, ISBN 9784385364582
中村明 著 , 中村, 明, 1935-. 日本語語感の辞典. 岩波書店, 2010.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000011052953-00 , ISBN 9784000803137
キーワード
(Keywords)
日本語-歴史-昭和時代
放送
清濁
漢語の発音
漢音
字典音
慣用音
放送用語
アクセント辞典
アクセント
複合動詞
「漢語の読みのゆれ」
語彙
外来語
スポーツ用語
日本語史
発音
「音声標準語」
備考
(Notes)
(関連情報)
2014年4月21日(月)放送用語の変更②~〝依存〟する~(「トクする日本語(NHK)」)
http://www.nhk.or.jp/kininaru-blog/185934.html
「この4月に変更されたNHKの放送用語、今回のことばは「依存」。これまでは「いそん」を優先してきましたが、「いぞん」を優先に変更しました。・・・」
登録番号
(Registration number)
2000023253完成/未完成
(Complete / Incomplete)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!