このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

調べ方マニュアル詳細(Detail of search guide data)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=man_view&id=2000019290
提供館
(Library)
香川県立図書館 (2110006)管理番号
(Control number)
香調-702
調べ方作成日
(Creation date)
2012年01月04日登録日時
(Registration date)
2012年01月04日 12時55分更新日時
(Last update)
2017年03月11日 08時09分
調査テーマ
(Title of the search guide)
東日本大震災に対する自衛隊等の活動などに関する資料
調べ方
(Contents of the search guide)
例えば、次のような所蔵あり。

(図書)
・福島原発事故独立検証委員会調査・検証報告書 [日本再建イニシアティブ] 福島原発事故独立検証委員会 [著]. ディスカヴァー・トゥエンティワン, 2012.3.(5435 F11)

 第5章 現地における原子力災害への対応 …… 146
      第1節 オフサイトセンターにおける原子力災害への対応 …… 148 
      第2節 自衛隊・警察・消防における原子力災害への対応 …… 158
      第3節 SPEEDI …… 171
      第4節 避難指示 …… 187
      第5節 地方自治体における原子力災害への準備と実際の対応 …… 197

・自衛隊員が撮った東日本大震災 内側からでしか分からない真実の記録,戦った!守った!救った! マガジンハウス/編 マガジンハウス 2012.3

・自衛隊かく闘えり 東日本大震災秘録 井上和彦/著 双葉社 2012.2

・自衛隊の基礎知識と災害派遣。 この一冊で自衛隊の基本の基がわかります。,45分でわかる! 高木泉/著 マガジンハウス 2011.10 Magazine house 45 minutes series #19 

・平常心を鍛える 自衛隊ストレスコントロール教官が明かす「試練を乗り切るための心の準備」 講談社+α新書 下園壮太/〔著〕 講談社 2011.10 498.39
  日販マーク内容紹介: 惨事後に襲う「セカンドショック」が危ない。惨事の心理メカニズムやその時の対処法を知ることで、平常心は鍛えられる。「折れない心の磨き方」を自衛隊に学ぶ、“次の試練”を乗り越えるための力となる1冊。

・原発と陰謀 自分の頭で考えることこそ最高の危機管理 池田整治/著 講談社 2011.9 543.5
  日販マーク内容紹介: 「第2のフクシマ」は全国にまだたくさんある。特殊工作員の「原発テロ」対策を調査・研究した元自衛隊陸将補が語る「原発の弱点」とは。日本を動かすマインドコントロールの正体や、私たちが今すべきことを綴る。

・日本に自衛隊がいてよかった 自衛隊の東日本大震災 桜林美佐/著 産経新聞出版 2011.9 369.31
  日販マーク内容紹介:被災、使命、決断、団結、最も頼もしい集団の闘いの記録。2011年3月24日から「夕刊フジ」で連載した記事を再構成し、新たに自衛隊と日本の危機についてを加筆。みんなが泣いた、自衛隊ノンフィクション。

・前へ! 東日本大震災と戦った無名戦士たちの記録 麻生幾/著 新潮社 2011.8 369.31
  日販マーク内容紹介: 東日本大震災に対し、誇りと使命感に燃えた多くの日本人がいた…。原発と戦った自衛隊はじめ、被災した道路をいち早く復旧させた国土交通省の特殊部隊「啓開チーム」など、極秘資料と証言で再現する壮絶なドラマ。

・自衛隊の仕事全ガイド隊員たちの24時間 Welfare Magazine総集編2008-2011 Welfare Magazine編集部/編 原書房 2011.7 392.1
  日販マーク内容紹介: 防衛省・自衛隊内部のみで流通するコアな情報誌「Welfare Magazine」のエッセンスを凝縮。東日本大震災と自衛隊の活動、警務隊2011など、ほかでは読めない密着情報を満載した永久保存版。

・自衛隊のジレンマ 3・11震災後の分水嶺 前田哲男/著 現代書館 2011.7 392.1
  日販マーク内容紹介: 憲法九条と日米安保の間で育まれた軍隊・自衛隊とは何だったのか。日本国再生が国家的課題となっている今、自衛隊はどんな組織であるべきなのか。国防問題について一から知り、正確な知識を持つための軍隊論入門。

・東日本大震災自衛隊救援活動日誌 東北地方太平洋沖地震の現場から 須藤彰/著 扶桑社 2011.7 369.31
  日販マーク内容紹介:須藤彰政策補佐官が、東日本大震災の災害派遣間に書いた日誌。統合部隊の生きた日々の記録であり、防衛省内局で政策に携わった経験を有し、かつ自衛隊の活動の現場を経験した著者のみが書ける実録。

・写真で見るトモダチ作戦 北村淳/編著 並木書房 2011.6 369.31
  日販マーク内容紹介:東日本大震災の被災地支援で、自衛隊とアメリカ軍は過去に例のない大規模な共同作戦を展開した。本書は、震災後約1カ月に及んだ「トモダチ作戦」の実像を400点以上の写真をもとに再現した貴重な記録。

・図解こんなに凄かった自衛隊 東日本大震災でわかった実力 芦川淳/著 日本文芸社 2011.5 392.1
  日販マーク内容紹介:巨大地震・大津波・原発事故…。未曾有の国難に立ち向かった陸海空自衛隊の“史上最大の作戦”とは。最新装備から戦闘力・組織までを徹底検証。日本が誇る「実力組織」自衛隊の全てがわかる1冊。

・闘う日本 東日本大震災1カ月の全記録 産経新聞社/著 産経新聞出版 2011.4 369.31
  日販マーク内容紹介:「あの日」から日本で何が起きているのか。地震、津波、そして原発事故。悲しみの淵から再び立ち上がる日本の姿を、産経新聞の豊富なデータと写真で綴る東日本大震災の真実。自衛隊・警察の救援活動も収録。

(雑誌記事)

・東日本大震災 自衛隊 災統合任務部隊 原子力災派部隊 力を合わせて日本を救おう!--活動報告2011.3.11~3.31
Mamor. 5(6) (通号 52) [2011.6]

・災害派遣部隊の活動実績 (東日本大震災 自衛隊 災統合任務部隊 原子力災派部隊 力を合わせて日本を救おう!--活動報告2011.3.11~3.31)
Mamor. 5(6) (通号 52) [2011.6]

・史上最大の災害派遣--自衛隊をどう変えるか (東日本大震災、原発災害 特集 破局はなぜ防げなかったのか) / 水島 朝穂
世界. (819) [2011.7]

・爆発を最初に伝えた福島県警ヘリ。メルトダウン寸前でも自衛隊を現場に張りつけた経産大臣…。初めて明かされる東電、政府の混乱。それでも原発
と戦い続けた男たち 戦慄ドキュメント 「福島原発」世界を震撼させた45日間(「東日本大震災」本誌[週刊文春]が掴んで書かなかった全情報) / 麻生 幾
週刊文春. 53(18) (通号 2624) [2011.5.5・12]

・スクープ!原発「自衛隊」「消防隊」に非情すぎる仕打ち--首相はなぜ座視しているのか
週刊文春. 53(14) (通号 2620) [2011.4.7]

・現場に投入 自衛隊"特殊部隊員"爆発で「右足裂傷」!--ヘリからホウサン水投下 北澤防衛相「お蔭で株価下落が止まった」 (総力検証 世界を震撼さ
せたレベル5「原発大パニック」)
週刊文春. 53(13) (通号 2619) [2011.3.31]
NDC
社会福祉  (369)
発電  (543)
衛生学.公衆衛生.予防医学  (498)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
東日本大震災(2011)
災害救助
自衛隊
原子力発電
原子力災害
精神衛生
福島第一原発事故(2011)
時事に関する情報及び参考資料
阪神大震災
備考
(Notes)
(関連資料)
・阪神大震災自衛隊かく戦えり 松島悠佐/著 時事通信社 1996.6 369.31
・災害と自衛隊 危機管理の論理 田中伯知/著 芦書房 1998.1 369.3
登録番号
(Registration number)
2000019290完成/未完成
(Complete / Incomplete)