このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

調べ方マニュアル詳細(Detail of search guide data)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=man_view&id=2000018359
提供館
(Library)
香川県立図書館 (2110006)管理番号
(Control number)
香調-611
調べ方作成日
(Creation date)
2011年09月08日登録日時
(Registration date)
2011年09月08日 11時13分更新日時
(Last update)
2014年12月12日 15時53分
調査テーマ
(Title of the search guide)
原子力発電、放射能汚染、放射線障害などに関する図書リスト
調べ方
(Contents of the search guide)
次のような所蔵あり。

493.19 物理的原因による疾患

子どもを放射能汚染から守りぬく方法 武田邦彦/著 主婦と生活社 2011.7
見えない恐怖放射線内部被曝 松井英介/著 旬報社 2011.6
人間と環境への低レベル放射能の脅威 福島原発放射能汚染を考えるために ラルフ・グロイブ/著 あけび書房 2011.6

539.6 放射線.放射性同位元素

放射線利用の基礎知識 半導体、強化タイヤから品種改良、食品照射まで ブルーバックス B-1518 東嶋和子/著 講談社 2006.12
放射性物質から身を守る食事法 いたずらに恐れず、安心して生活するための知恵 富永國比古/著 河出書房新社 2011.6
放射能のはなし 野口邦和/著 新日本出版社 2011.5
子どもたちを放射能から守るために 菅谷昭/著 亜紀書房 2011.6
放射線安全管理学 三浦正/編著 コロナ社 2004.5

放射線と現代生活 マリー・キュリーの夢を求めて アラン・E.ウォルター/著 イーアールシー出版 2006.11
放射線利用 原子力教科書 工藤久明/編著 オーム社 2011.2
放射能を防ぐ知恵 食・暮らし・エネルギーの話 小若順一/著 三五館 2011.7
放射能のウソ・ホント 食の安全は?身体への影響は? 大谷浩樹/監修 東京書店 2011.7
本当は怖いだけじゃない放射線の話 Wac bunko B-009 大朏博善/著 ワック 2002.6

私たちは、なぜ放射線の話をするのか Wacテーマbook 木元教子/著 ワック 2008.8
放射線安全取扱の基礎 アイソトープからX線・放射光まで 西澤邦秀/編 名古屋大学出版会 2006.12
放射性同位元素の科学 基礎と応用 伊藤和夫/[ほか]著 廣川書店 1978.5
誰でもわかる放射能Q&A 澤田先生がやさしく解説! 知的発見!BOOKS 007 澤田哲生/著 イースト・プレス 2011.6
放射線 その線量,影響,リスク 国連環境計画(UNEP)/編 同文書院 1988.7

放射線・放射能がよくわかる本 多田順一郎/著 オーム社 2011.7

539.62 計測法.ガイガー計数管

放射線応用計測 基礎から応用まで 野口正安/著 日刊工業新聞社 2004.12
放射線計測ハンドブック グレン F.ノル/著 日刊工業新聞社 2001.3
実用*ガンマ線測定ハンドブック Gordon Gilmore/著 日刊工業新聞社 2002.6

539.68 放射線障害と防禦.放射線の損傷

放射性物質の人体摂取障害の記録 過ちの歴史に何を学ぶか 松岡理/著 日刊工業新聞社 1995.10
放射能と人体 くらしの中の放射線 渡利一夫/編 研成社 1999.6
人は放射線になぜ弱いか 少しの放射線は心配無用 ブルーバックス B-1238 近藤宗平/著 講談社 1998.12
世界の放射線被曝地調査 自ら測定した渾身のレポート ブルーバックス B-1359 高田純/著 講談社 2002.1
作業者の放射線防護に対する一般原則 ICRP publication 75 日本アイソトープ協会/訳 日本アイソトープ協会 丸善 1998.12

内部被曝の脅威 原爆から劣化ウラン弾まで ちくま新書 541 肥田舜太郎/著 筑摩書房 2005.6
放射線防護の基礎 辻本忠/著 日刊工業新聞社 2001.3
放射能汚染の基礎知識。 どこまでなら安全か?どこから危険なのか? Magazine house 45 minutes series #12 朝長万左男/著 マガジンハウス 2011.5
闇に消される原発被曝者 樋口健二/著 八月書館 2011.7
世界のヒバクシャ 中国新聞「ヒバクシャ」取材班/著 講談社 1991.4

誕生前の死 小児ガンを追う女たちの目 Save our planet series 綿貫礼子/編 「チェルノブイリ被害調査・救援」女性ネットワーク/編 藤原書店 1992.7
放射線衛生学 飯田博美/著 医療科学社 2001.3
放射線遮蔽 原子力教科書 小佐古敏荘/共編 オーム社 2010.3
放射線の人体への影響 低レベル放射線の危険性をめぐる論争 ロビン・ラッセル・ジョーンズ/編 中央洋書 1989.11
放射能見えない危険 読売科学選書 28 草間朋子/著 読売新聞社 1990.4

539.69 放射性廃棄物の処理

人形峠ウラン鉱害裁判 核のゴミのあと始末を求めて 土井淑平/著 批評社 2001.1
核廃棄物は人と共存(きょうぞん)できるか マルチーヌ・ドギオーム/著 緑風出版 2001.11
放射性廃棄物の工学 原子力教科書 長崎晋也/共編 オーム社 2011.1
原発ゴミの危険なツケ 最終処分場のゆくえ 西尾漠/編 創史社 八月書館 2003.6
核廃棄物と熟議民主主義 倫理的政策分析の可能性 SUS-KEN BOOKS ジュヌヴィエーヴ・フジ・ジョンソン/著 新泉社 2011.8

原子力廃棄物を考える旅 欧州レポート 電気新聞ブックス A08 松田美夜子/著 日本電気協会新聞部 2002.6
原発のゴミはどこにいくのか 最終処分場のゆくえ 西尾漠/編 創史社 八月書館 2001.5
知っておこう原子力 放射性廃棄物における放射線障害防止に関する知識 文部科学省 2006.3
電気のごみ 高レベル放射性廃棄物 崎田裕子/著 リサイクル文化社 星雲社 2010.12
人形峠ウラン公害ドキュメント 榎本益美/著 北斗出版 1995.4

543.5 原子力発電

原子力発電がよくわかる本 榎本聰明/著 オーム社 2009.3
原子炉時限爆弾 大地震におびえる日本列島 広瀬隆/著 ダイヤモンド社 2010.8
原発事故はなぜくりかえすのか 岩波新書 新赤版703 高木仁三郎/著 岩波書店 2000.12
原発崩壊 誰も想定したくないその日 明石昇二郎/著 金曜日 2007.11
原発は地球にやさしいか 温暖化防止に役立つというウソ プロブレムQ&A 西尾漠/著 緑風出版 2008.10

暴走する原発 チェルノブイリから福島へこれから起こる本当のこと 広河隆一/著 小学館 2011.5
原子力発電所で働く人々 近藤駿介/編著 イーアールシー出版 1998.12 7
原発事故残留汚染の危険性 われわれの健康は守られるのか 武田邦彦/著 朝日新聞出版 2011.4
原発のどこが危険か 世界の事故と福島原発 朝日選書 876 桜井淳/著 朝日新聞出版 2011.4
原発はなぜ危険か 元設計技師の証言 岩波新書 新赤版102 田中三彦/著 岩波書店 1990.1

スリーマイルアイランド 手に汗握る迫真の人間ドラマ J.サミュエル・ウォーカー/著 イーアールシー出版 2006.8
原発と地震 柏崎刈羽「震度7」の警告 新潟日報社特別取材班/著 講談社 2009.1
福島原発人災記 安全神話を騙った人々 川村湊/著 現代書館 2011.4
検証*東電原発トラブル隠し 岩波ブックレット no.582 原子力資料情報室/〔著〕 岩波書店 2002.12
原発震災が大都市を襲う 次は首都圏か!? 船瀬俊介/著 徳間書店 2011.5

原発・大地震生き残りマニュアル 浅井隆/著 第二海援隊 2011.5
原発と日本の未来 原子力は温暖化対策の切り札か 岩波ブックレット no.802 吉岡斉/編 岩波書店 2011.2
次世代に伝えたい原子力重大事件&エピソード 飯高季雄/著 日刊工業新聞社 2010.3
世界が見た福島原発災害 海外メディアが報じる真実 大沼安史/著 緑風出版 2011.6
チェルノブイリ上 アメリカ人医師の体験 岩波新書 新赤版50 R.P.ゲイル/著 岩波書店 1988.12

チェルノブイリの惨事 ベラ・ベルベオーク/著 緑風出版 2011.5
チェルノブイリの森 事故後20年の自然誌 メアリー・マイシオ/著 日本放送出版協会 2007.2
放射能汚染の現実を超えて 小出裕章/著 北斗出版 1992.1
今こそ、エネルギーシフト 原発と自然エネルギーと私達の暮らし 岩波ブックレット no.810 飯田哲也/著 岩波書店 2011.5
原発事故を問う チェルノブイリから,もんじゅへ 岩波新書 新赤版440 七沢潔/著 岩波書店 1996.4

原発ジプシー 堀江邦夫/著 現代書館 1979.10
原発スキャンダル 木原省治/著 七つ森書館 2010.5
原発被曝 東海村とチェルノブイリの教訓 広河隆一/著 講談社 2001.4
原発文化人50人斬り 佐高信/著 毎日新聞社 2011.6
原発列島を行(い)く 集英社新書 0116B 鎌田慧/著 集英社 2001.11

日本の原発危険地帯 鎌田慧/著 青志社 2011.4
日本の原発技術が世界を変える 祥伝社新書 225 豊田有恒/〔著〕 祥伝社 2010.12
柩の列島 原発に大地震が襲いかかるとき 広瀬隆/著 光文社 1995.3
福島原発事故 どうする日本の原発政策 安斎育郎/著 かもがわ出版 2011.5
福島第一原発事故を検証する 人災はどのようにしておきたか 桜井淳/著 日本評論社 2011.7

みんなの原子力発電 他人事ですまさない!きちんと自分の考えを持っておこう! 青山智樹/著 総合科学出版 2011.5
原子力と日本病 村田光平/著 朝日新聞社 2002.6
原発をつくった私(わたし)が、原発に反対する理由 菊地洋一/著 角川書店 角川グループパブリッシング 2011.7
原発を止めた町 三重・芦浜原発三十七年の闘い 北村博司/著 現代書館 2011.4 3
原発事故緊急対策マニュアル 放射能汚染から身を守るために 日本科学者会議福岡支部核問題研究委員会/編 合同出版 2011.4

差別としての原子力 清水修二/著 リベルタ出版 2011.7
脱原発 河合弘之/著 青志社 2011.6
脱原発・共生への道 槌田劭/著 樹心社 星雲社 2011.6
脱原発、再生可能エネルギー中心の社会へ 福島原発事故を踏まえて日本の未来を考える 和田武/著 あけび書房 2011.5
チェルノブイリ下 アメリカ人医師の体験 岩波新書 新赤版51 R.P.ゲイル/著 岩波書店 1988.12

チェルノブイリ春 中筋純/写真・文 二見書房 2011.5
日本の原発、どこで間違えたのか 内橋克人/著 朝日新聞出版 2011.4
日本の原発は安全か 科学全書 44 赤塚夏樹/著 大月書店 1992.8
福島原発事故はなぜ起きたか 井野博満/編 藤原書店 2011.6
まるで原発などないかのように 地震列島、原発の真実 原発老朽化問題研究会/編 現代書館 2008.9

チェルノブイリから広島へ 岩波ジュニア新書 251 広河隆一/著 岩波書店 1995.3
エコロジスト ブルーノ・コンビ原子力を語る 環境の立場から見た原子力発電への確かなアプローチ ブルーノ・コンビ/著 イーアールシー出版 2002.4
苦言をひとつ 若狭からのメッセージ 石黒順二/著 エムシーアール 2003.11
原子力ルネサンスの風 海外最新レポート Denki shinbun books 電気新聞・海外原子力取材班/著 日本電気協会新聞部 2006.3
原発 1973年~1995年 フォトドキュメンタリー 樋口健二写真集 樋口健二/撮影 三一書房 1996.7

原発を終わらせる 岩波新書 新赤版1315 石橋克彦/編 岩波書店 2011.7
原発・核2 写真・絵画集成 日本図書センター 1999.2
原発はほんとうに危険か? フランスからの提言 クロード・アレグレ/著 原書房 2011.7
こうして原発被害は広がった 先行のチェルノブイリ ピアズ・ポール・リード/著 文藝春秋 2011.6
知っておきたい原子力発電 図解雑学 竹田敏一/著 ナツメ社 2011.8

衰退するアメリカ原子力のジレンマに直面して Alan E.Waltar/著 日刊工業新聞社 1999.3
チェルノブイリの子どもたち 岩波ブックレット no.308 高橋卓志/〔著〕 岩波書店 1993.8
超ウルトラ原発子ども ゲンパツは止められるよ 伊藤書佳/文・イラスト ジャパンマシニスト社 1989.10
日本の原発地帯 同時代ライブラリー 286 鎌田慧/著 岩波書店 1996.11
廃炉時代が始まった この原発はいらない 舘野淳/著 朝日新聞社 2000.1

まだ、まにあうのなら 私の書いたいちばん長い手紙,原発はいらない 甘蔗珠恵子/著 地湧社 2006.4
最後の話 死の灰と世紀末 広瀬隆/著 八月書館 1991.4
(ドキュメント)原発建設 世界一の「巨大科学」に挑んだ男たち 二見喜章/著 世界日報社 1992.9
核の大地 チェルノブイリ、そして汚染の世界を行く 広河隆一/著 講談社 1990.10
原子力は悪魔の手先か 原子力の是非を問う 福間知之/著 テレメディア 1989.1

「原子力ムラ」を超えて ポスト福島のエネルギー政策 NHKブックス 1181 飯田哲也/著 NHK出版 2011.7
原発安楽死のすすめ 槌田敦/著 学陽書房 1992.3
「原発」をどう教えるか 福島達夫/〔ほか〕編集 労働旬報社 1989.8
原発・核3 写真・絵画集成 日本図書センター 1999.2
原発システム安全論 桜井淳/著 日刊工業新聞社 1994.3

原発崩壊 想定されていた福島原発事故 明石昇二郎/著 金曜日 2011.5
原発・放射能クライシス このままでは日本が滅ぶ リーダーズノート編集部/編 リーダーズノート 2011.6
原発暴走列島 鎌田慧/著 アストラ 2011.5
原発は差別で動く 反原発のもうひとつの視角 八木正/編 明石書店 2011.6
地震と原子力発電所 藤井陽一郎/編 新日本出版社 1997.3

脱原子力社会の選択 新エネルギー革命の時代 長谷川公一/著 新曜社 2011.7
地下原発 共存のための選択 山本拓/著作・編集 自然環境研究会 1991.10
敦賀湾原発銀座「悪性リンパ腫」多発地帯の恐怖 明石昇二郎/著 技術と人間 1997.4
データが語る原子力の世論 10年にわたる継続調査 原子力安全システム研究所社会システム研究所/編 プレジデント社 2004.4
「フクシマ」論 原子力ムラはなぜ生まれたのか 開沼博/著 青土社 2011.6

わかりやすい原子力発電の基礎知識 榎本聡明/著 オーム社 1996.3
原子力発電の条件 原発と核と環境と人間 現代社会を考えるシリーズ 15 角田道生/著 労働旬報社 1989.12

916 記録.手記.ルポルタージュ

原発ジプシー 被曝下請け労働者の記録 堀江邦夫/著 現代書館 2011.5
NDC
発電  (543)
原子力工学  (539)
内科学  (493)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
安全管理
エネルギー
エネルギー政策
気温
原子核兵器 → 核兵器
原子力発電
原子力発電-写真集
原子炉事故
原子炉事故-写真集
災害予防
時事に関する情報及び参考資料
地震
地震災害
自然地理-ロシア
小児癌
食生活
津波
東日本大震災(2011)
福島第一原子力発電所事故(2011)
福島第一原発事故(2011)
放射性廃棄物
放射性物質
放射線
放射線障害
放射線生物学
放射線測定
放射線防護
放射能
三重県-政治・行政
リンパ腫
原子力政策
食品衛生
備考
(Notes)
※分類毎利用順
登録番号
(Registration number)
2000018359完成/未完成
(Complete / Incomplete)