このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

調べ方マニュアル詳細(Detail of search guide data)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=man_view&id=2000016841
提供館
(Library)
香川県立図書館 (2110006)管理番号
(Control number)
香調-466
調べ方作成日
(Creation date)
2011年04月22日登録日時
(Registration date)
2011年04月22日 17時13分更新日時
(Last update)
2013年04月03日 15時09分
調査テーマ
(Title of the search guide)
チェルノブイリに関する図書
調べ方
(Contents of the search guide)
次の所蔵あり。

(一般)

081.6 全集・選集<明治以後の個人著作集>

高木仁三郎著作集 第2巻  脱原発へ歩みだす2 高木仁三郎/著 七つ森書館 2002.11 ※チェルノブイリ月誌
高木仁三郎著作集 第1巻  脱原発へ歩みだす1 高木仁三郎/著 七つ森書館 2002.1 ※チェルノブイリ事故抹殺は許されない


210 日本史

プロジェクトX 第7期第2巻  挑戦者たち チェルノブイリの傷 奇跡のメス  NHKソフトウェア 2004.5
日録20世紀 1986年  週刊YEAR BOOK チェルノブイリ原発事故の恐怖  講談社 1998.4


319.8 戦争と平和

核の影を追って 気球の本 ビキニからチェルノブイリへ 豊崎博光/著 エヌ・ティ・ティ出版 1996.1

369.36 爆発事故による被爆者.放射能被爆者

ボクの体験したチェルノブイリ  エストニア人リクヴィダートル(事故処理参加者)の手記 ティート・タルラップ/著 エストニア・チェルノブイリ・ヒバクシャ基金 2004.4

369.9 医療社会福祉.医療保護

子どもたちの命 岩波ブックレット no.677 チェルノブイリからイラクへ 鎌田實/〔著〕 岩波書店 2006.6

404 自然科学 論文集.評論集.講演集

地球環境編 1 Side5・6  地球の危機 調査報告チェルノブイリ原発事故 / コンクリート・クライシス NHK/編集 NHKソフトウェア 1990

493.152 中毒症 金属中毒:亜鉛,水銀,鉛,ベリリウム,ラジウム

水俣そしてチェルノブイリ  わたしの同時代ノート 柳田耕一/著 径書房 1988.3

493.19 物理的原因による疾患

放射性セシウムが人体に与える医学的生物学的影響 チェルノブイリ原発事故被曝の病理データ ユーリ・I.バンダジェフスキー/著,久保田護/訳 
 合同出版 2011.12 Medical and biological effects of radiocesiumincorporated into the human organism./の翻訳 原文併載
  日販マーク内容紹介:チェルノブイリ事故後、地域住民の健康状態に関して、ゴメリ医科大学が10年にわたって実施した剖検を含む医学的調査、および動物実験の結果を評価し、人体の各器官に起こる病理学的変化を考察。原論文を併載。 

502.1 技術史.工学史

情熱が奇跡を呼んだ プロジェクトX挑戦者たち 19  NHKプロジェクトX制作班/編 日本放送出版協会 2003.9 ※チェルノブイリの傷奇跡のメス

519 公害.環境工学

未来世代への「戦争」が始まっている  ミナマタ・ベトナム・チェルノブイリ 綿貫礼子/著 岩波書店 2005.7
〈環境と開発〉の教育学   藤岡貞彦/編 同時代社 1998.3 ※ポスト・チェルノブイリ段階の環境教育(藤岡貞彦著)

539 原子力工学

原子力読本 part 2  高校生の平和学習のために チェルノブイリは警告する 神奈川県高教組「原子力読本」編集委員会/編 東研出版 1991.9
(やさしい)原子力Q&A  そのしくみと安全性、チェルノブイリ、各種新型炉、核融合 近藤駿介/著 山下出版 1987.8

539.26 原子炉 計装.安全性

原子炉の暴走  SL-1からチェルノブイリまで 石川迪夫/著 日刊工業新聞社 1996.4

539.6 放射線.放射性同位元素

スウェーデンは放射能汚染からどう社会を守っているのか 高見幸子/共訳,佐藤吉宗/共訳,防衛研究所/共同プロジェクト,農業庁/共同プロジェクト,スウェーデン農業大学/共同プロジェクト,食品庁/共同プロジェクト,放射線安全庁/共同プロジェクト 合同出版 2012.2
Livsmedelsproduktionen vid nedfall av radioaktiva a¨mnen./の翻訳 
  日販マーク内容紹介:原発事故から国民を守る実践マニュアル。チェルノブイリ原発事故をうけて、スウェーデン防衛研究所を中心に各庁の協力のもとで作成された、「プロジェクト・どのように放射能汚染から食料を守るか」の成果。 

539.68 放射線障害と防禦.放射線の損傷

誕生前の死 小児ガンを追う女たちの目 Save our planet series 綿貫礼子/編 「チェルノブイリ被害調査・救援」女性ネットワーク/編 藤原書店 1992.7

543.5 原子力発電

チェルノブイリと福島 河田昌東/著 東京 緑風出版 2011.12

こうして原発被害は広がった 先行のチェルノブイリ ピアズ・ポール・リード/著 文藝春秋 2011.6

暴走する原発 チェルノブイリから福島へこれから起こる本当のこと 広河隆一/著 小学館 2011.5

チェルノブイリの惨事 ベラ・ベルベオーク/著 緑風出版 2011.5

チェルノブイリ春 中筋純/写真・文 二見書房 2011.5

チェルノブイリの森  事故後20年の自然誌 メアリー・マイシオ/著 日本放送出版協会 2007.2

原発被曝  東海村とチェルノブイリの教訓 広河隆一/著 講談社 2001.4

原発・核 vol.2  写真・絵画集成 チェルノブイリの悲劇  日本図書センター 1999.2

チェルノブイリ  虚偽と真実 イリーン・L.A./著 長崎・ヒバクシャ医療国際協力会 1998.3
チェルノブイリ事故による放射能災害  国際共同研究報告書 今中哲二/編 技術と人間 1998.10
    ※(関連情報)「チェルノブイリによる放射能災害 国際共同研究報告書」
            http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/Chernobyl/J-Version.html

ヒロシマ発チェルノブイリ  僕のチェルノブイリ旅行 木原省治/著 七つ森書館 1997.8

原発事故を問う 岩波新書 新赤版440 チェルノブイリから,もんじゅへ 七沢潔/著 岩波書店 1996.4
チェルノブイリと地球   広河隆一/著 講談社 1996.4
チェルノブイリの真実   広河隆一/著 講談社 1996.4
チェルノブイリから何を学んだか 岩波ブックレット no.395  佐藤幸男,和田あき子/〔著〕 岩波書店 1996.3

検証チェルノブイリ刻一刻   ピアズ・ポール・リード/著 文藝春秋 1994.8
       ※2011.6改題、増補「こうして原発被害は広がった~先行のチェルノブイリ」刊
チェルノブイリ極秘  隠された事故報告 アラ・ヤロシンスカヤ/著 平凡社 1994.4

チェルノブイリの子どもたち 岩波ブックレット no.308  高橋卓志/〔著〕 岩波書店 1993.8
チェルノブイリ被曝  ベラルーシから ワシーリー・ギゲビッチ/著 草土文化 1993.1

(目で見る)チェルノブイリの真実   リチャード・F.モールド/著 西村書店 1992.9
チェルノブイリ旅日記  ある科学者が見た崩壊間際のソ連 瀬尾健/著 風媒社 1992.7
チェルノブイリの遺産   ジョレス・メドヴェジェフ/著 みすず書房 1992.1

原発事故と「安全神話」  美浜・チェルノブイリの教訓  日本共産党中央委員会出版局 1991.12
とどけウクライナへ  私たちのチェルノブイリ救援日誌 坂東弘美/著 八月書館 1991.7
汚染地帯からの報告 リブレット チェルノブイリ救援調査団/編 リベルタ出版 1991.4

調査報告チェルノブイリ原発事故    ポニーキャニオン PONYCANYON C1990
内部告発  元チェルノブイリ原発技師は語る グレゴリー・メドベージェフ/著 技術と人間 1990.6
チェルノブイリ・汚染大地  5年目の報告 朝日新聞「原発問題」取材班/著 朝日新聞社 1990.12
核の大地  チェルノブイリ、そして汚染の世界を行く 広河隆一/著 講談社 1990.1

(続・)チェルノブイリからの証言   ユーリー・シチェルバク/著 技術と人間 1989.8
チェルノブイリ・シンドローム  原子力の社会学part 2 田中靖政/著 電力新報社 1989.7
危険な話 新潮文庫 ひ‐9‐1 チェルノブイリと日本の運命 広瀬隆/著 新潮社 1989.4
チェルノブイリの放射能と日本  原子炉事故の教訓と対策 寺島東洋三/編著 東海大学出版会 1989.12
チェルノブイリルポルタージュ  写真集 ウラジーミル・ヤボリフスキー/文 アイピーシー 1989.1
チェルノブイリ  ソ連 安全への道 プロメテウス編集部/編  1989
チェルノブイリ  ドキュメント 松岡信夫/著 緑風出版 1988.8 ※2011に新装版刊。
ドキュメントチェルノブイリ   松岡信夫/著 緑風出版 1988.8
四番目の恐怖  チェルノブイリ、スリーマイル島、ウィンズケール、そして青森をつなぐ運命 広瀬隆/著 講談社 1988.8
チェルノブイリ・クライシス Take books 史上最悪の原発事故photo全記録 広瀬隆/解説 竹書房 1988.5

チェルノブイリからの証言   ユーリー・シチェルバク/著 技術と人間 1988.3
(回想)チェルノブイリ原発事故   佐藤一男/著 電力新報社 1988.12
チェルノブイリ 上 岩波新書 新赤版50 アメリカ人医師の体験 R.P.ゲイル/著 岩波書店 1988.12
チェルノブイリ 下 岩波新書 新赤版51 アメリカ人医師の体験 R.P.ゲイル/著 岩波書店 1988.12
原発銀座・若狭から  スリーマイル・チェルノブイリ・そして日本 中島哲演/著 光雲社 1988.1

チェルノブイリの雲の下で   田代ヤネス和温/著 技術と人間 1987.5
危険な話  チェルノブイリと日本の運命 広瀬隆/著 八月書館 1987.4
地球被曝  チェルノブイリ事故と日本 朝日新聞社原発問題取材班/著 朝日新聞社 1987.4

チェルノブイリ  最後の警告 高木仁三郎/著 七つ森書館 1986.12

748 写真集

無限抱擁  チェルノブイリ・いのちの大地 本橋成一/写真 リトル・モア 1994.12

916 記録.手記.ルポルタージュ

チェルノブイリ診療記 福島原発事故への黙示 新潮文庫 菅谷昭/著 新潮社 2011.7
チェルノブイリいのちの記録   菅谷昭/著 晶文社 2001.1
チェルノブイリ診療記   菅谷昭/著 晶文社 1998.8
チェルノブイリの少年たち 新潮文庫 ひ‐9‐2 ドキュメント・ノベル 広瀬隆/著 新潮社 1990.3
チェルノブイリの少年たち  ドキュメント・ノベル 広瀬隆/著 太郎次郎社 1988.2
チェルノブイリ食品汚染   七沢潔/著 講談社 1988.11

933 英米文学 小説.物語

しあわせの理由 ハヤカワ文庫 SF1451  グレッグ・イーガン/著 早川書房 2003.7
グローバルヘッド   ブルース・スターリング/著 ジャストシステム 1997.7
この不思議な地球で  世紀末SF傑作選 巽孝之/編 紀伊国屋書店 1996.2

936 英米文学 記録.手記.ルポルタージュ

チェルノブイリの子どもたち   M.カーター,M.J.クリステンセン/著 教文館 1996.6
ライモンダの日記  チェルノブイリと迫害を逃れ、アメリカへわたったユダヤ人少女 ライモンダ・コペルニツキー/著 ほるぷ出版 1995.3

943 ドイツ文学 小説.物語 

チェルノブイリ原発事故 クリスタ・ヴォルフ選集 2  クリスタ・ヴォルフ/著 恒文社 1997.8

986 ロシア・ソビエト文学  記録.手記.ルポルタージュ

チェルノブイリの祈り  未来の物語 スベトラーナ・アレクシエービッチ/〔著〕 岩波書店 1998.12

(児童)

C543 発電

生きていたい!  チェルノブイリの子どもたちの叫び チェルノブイリ子ども基金/編 小学館 1998.4
チェルノブイリから広島へ 岩波ジュニア新書 251  広河隆一/著 岩波書店 1995.3
ニーナ先生と子どもたち  チェルノブイリから 広河隆一/写真・文 小学館 1992.8

C762 音楽史.各国の音楽

ナターシャ イワサキ・ライブラリー 9 チェルノブイリの歌姫 手島悠介/著 岩崎書店 2001.4

C913 日本文学 小説.物語

あしたは晴れた空の下で 汐文社少年少女平和ライブラリー 2 ぼくたちのチェルノブイリ 中沢晶子/作 汐文社 1988.7

C916 日本文学 記録.手記.ルポルタージュ

ぼくとチェルノブイリのこどもたちの5年間 ノンフィクション・隣人たちの哲学 1  菅谷昭/文 ポプラ社 2001.5
ナージャ希望の村 学研ノンフィクション チェルノブイリ、いのちの大地 本橋成一/文/写真 学習研究社 2000.12
NDC
発電  (543)
原子力工学  (539)
記録.手記.ルポルタージュ  (916)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
チェルノブイリ原発事故(1986)∥Chernobyl ゲンパツジコ(1986)  1986/4/26
原子力災害
時事に関する情報及び参考資料
原子力発電
原子炉事故
原子力
原子核兵器 → 核兵器
環境問題
放射線障害
医療保護
小児科学
国際協力
食糧衛生
自然地理-ロシア
環境汚染
東日本大震災(2011)
小児癌
福島第一原子力発電所事故(2011)
福島第一原発事故(2011)
チェルノブイリ事故 福島原発災害 比較検討
原発事故
外部・内部被曝
汚染除去
被曝低減対策
被曝対策
備考
(Notes)
登録番号
(Registration number)
2000016841完成/未完成
(Complete / Incomplete)