このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

調べ方マニュアル詳細(Detail of search guide data)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=man_view&id=2000016459
提供館
(Library)
大阪市立中央図書館 (2210006)管理番号
(Control number)
oml-10-20110304
調べ方作成日
(Creation date)
2011年03月30日登録日時
(Registration date)
2011年03月30日 13時29分更新日時
(Last update)
2014年08月08日 16時58分
調査テーマ
(Title of the search guide)
災害救護者のメンタルヘルスについて調べる
調べ方
(Contents of the search guide)
惨事ストレスとは、「大災害や大事故に際して、災害救助者やジャーナリストが受ける心理的ストレスのこと。」
「災害救助者の代表的なものは、消防官、警察官、自衛隊員、医師、看護師のストレス」です。
(商用データベース「Japan Knowledge(ジャパンナレッジ)」(事典・辞書等)『情報・知識 imidas』【惨事ストレス[心理学]】より)
災害救護者のメンタルヘルスを調べるための資料を集めました。

1.図書

・『惨事ストレスへのケア』(松井豊/編著 ブレーン出版,2005.3)
  事故や災害のときに他者を救援する職業に就いている人々を(職業的)災害救援者と呼ぶ。
  災害救援者たちが悲惨な現場で活動した後に起こすストレス反応に焦点を当て、惨事ストレスの内容とケアのあり方を紹介する。

・『災害ストレス 心をやわらげるヒント』(M.L.マクマナス/著 林春男/解説・訳 林由美/解説・訳 法研,1995.4)
  米国気鋭の防災心理学者による災害ショックから立ち直る法。
  地震の巣・ロサンゼルスでの治療経験から生まれた心のケア・マニュアル。
  阪神大震災対応の日本語版解説。このPART3として「災害対策に携わる人のストレス」(p.53-61)が収録されている。

・『PTSDの臨床研究 理論と実践』(飛鳥井望/著 金剛出版,2008.8)
  阪神淡路大震災や地下鉄サリン事件、和歌山毒物混入事件、惨事ストレスなどを取りあげながら、複眼的にトラウマティック・ストレスをめぐる諸問題にアプローチする。12年間の著者のPTSD(心的外傷後ストレス障害)研究軌跡。
  その第10章に「惨事ストレス―災害救援者のメンタルヘルス対策―」(p.93-116)が収録されている。

・『消防士を救え! 災害救援者のための惨事ストレス対策講座』(加藤寛/著 東京法令出版,2009.11)
  消防隊員や医療関係者など災害救援者が受ける「惨事ストレス」について、阪神・淡路大震災以降こころのケアに従事してきた著者が、その基礎知識を解説。


2.雑誌論文等 (インターネットで公開されているもの・大阪市立中央図書館で所蔵しているもの)

●対策

・大澤智子「災害救援者のメンタルヘルス対策-被災地に職員を派遣前・派遣中・帰署後のポイント」
  日本トラウマティック・ストレス学会  http://150.60.7.6/wp/wp-content/uploads/2012/11/osawa0317.pdf  (2014.8.8確認)

・報道人ストレス研究会 東日本大震災に関わる各種文書
  ジャーナリストの方のために/消防職員の方のために/県や市の職員の方のために/災害派遣組織の職員の方のために/災害ボランティアの方のために
   http://www.human.tsukuba.ac.jp/~ymatsui/disaster_manual_list.html  (2011.4.2確認)

・「消防職員のための惨事ストレスの理解と対応」
  新潟県精神保健福祉協会こころのケアセンター http://www.s-kokoro.org/pdf/sanji_stress.pdf  (2011.3.31確認)

・笹川真紀子「消防職員の惨事ストレスとその対策」『近代消防』
第1回 2011年1月/49巻/1号/600号(p.36-39) 第2回 2011年2月/49巻/2号/601号(p.36-38) 第3回 2011年3月/49巻/3号/602号(p.36-39)(大阪市立中央図書館所蔵)
  救護者も隠れた被災者であること、惨事ストレスの影響の現れ方や対処法、 消防職員が惨事ストレスを受けるとどのような影響が出てくるか解説。
  第3回には、惨事ストレスによるPTSD予防チェックリスト記載。

・海外消防研究会「海外消防情報(208)心的外傷後ストレス障害とその対策」『近代消防』2007年10月/45巻10号/560号(p.106-109)(大阪市立中央図書館所蔵)
米国消防隊員の心的外傷後ストレス障害(PTSD)の現状報告とその課題。またPTSD症状の分類と治療法も紹介されている。

・大塚映美,松本じゅん子「災害救援者の二次受傷とメンタルヘルス対策に関する検討」『長野県看護大学紀要』2007年/9号(p.19-27)
   長野県看護大学リポジトリ  https://ncn.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=42&item_no=1&page_id=13&block_id=17  (2014.8.8確認)

・小城英子・坂村英典・福岡欣治・徳山喜雄・飯室勝彦「ワークショップ3災害・事故・事件報道にみるジャーナリストの惨事ストレス:ストレスケアシステムの構築をめざして」『マス・コミュニケーション研究』2007年7月30日/71号(p.133-134)
CiNii 論文PDF - オープンアクセス http://ci.nii.ac.jp/naid/110006421058  (2011.3.30確認)

・吉田美次「職員の惨事ストレス対策--健全な業務遂行へ!--神戸市消防局の取り組み (国民保護と危機管理--地下鉄サリン事件から10年) - (特集3 特殊災害等の状況と課題)」『近代消防』2005年6月臨時増刊/43巻8号/532号(p.168-171)(大阪市立中央図書館所蔵)
 とりくみ、対策、制度について紹介。

・加藤寛,吉田美次「惨事ストレスへの取り組み--兵庫県こころのケアセンター・加藤寛研究部長に訊く (特集3 特殊災害等の状況と課題)」『近代消防』2005年6月臨時増刊/43巻8号/532号(大阪市立中央図書館所蔵)
   阪神・淡路大震災時の神戸市消防局の事例、ストレス対策としての教育・研修の重要性等を聴き取り。

・松井豊,畑中美穂「災害救援者の惨事ストレスに対するデブリーフィングの有効性に関する研究展望1」『筑波大学心理学研究』2003年2月28日/25号(p.95-103)
  つくばリポジトリ  http://www.tulips.tsukuba.ac.jp/dspace/handle/2241/9515  (2011.3.30確認)

・「特集:心的トラウマとは何か」『労働の科学』2001年11月/56巻11号(大阪市立中央図書館所蔵)
  岩井圭司「災害時PTSDの予防--災害が起こってからの対処法 」(p.676-680)
  外来救援者の場合についても記述。災害発生後2-3か月までの急性期と、その後数年の中長期の災害メンタルヘルス対策を示す。
  小西友紀「震災後の消防職員と心的外傷後ストレス (p.672-675)
    神戸市消防局の職員の心的影響、組織としての対処等について紹介。

●惨事ストレス研修

・兪善英,松井豊,立脇洋介「「消防職員の惨事ストレス初級研修」のフォローアップ研究 効果の持続性及び実践現況の視点から」『筑波大学心理学研究』2010年2月26日/39号(p.65-72)
  つくばリポジトリ  https://www.tulips.tsukuba.ac.jp/dspace/handle/2241/105006  (2011.3.30確認)

・松井豊,立脇洋介,髙橋幸子「消防職員の惨事ストレス研修の試み」『筑波大学心理学研究』2008年8月25日/36号(p. 19-23)
  つくばリポジトリ  https://www.tulips.tsukuba.ac.jp/dspace/handle/2241/101137  (2011.3.30確認)

●実態調査

・大岡 由佳 , 辻丸 秀策 , 大西 良 , 福山 裕夫 , 矢島 潤平 , 前田 正治「消防隊員のメンタルヘルスについての実態調査報告」
  『久留米大学文学部紀要. 社会福祉学科編』2006年3月/6号(p.85-95)
   CiNii 論文PDF - オープンアクセス http://ci.nii.ac.jp/naid/110007176328/ (2011.3.30確認)

・田之内厚三「職業的災害救助者の惨事ストレス調査 消防職員を対象として」『麻布大学雑誌』2005年11月12日(p.21-32)
麻布大学学術機関リポジトリ https://az.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=1219&item_no=1&page_id=13&block_id=17  (2014.8.8確認)

・総務省消防庁消防課「消防職員の惨事ストレスの実態と対策の在り方-消防職員の現場活動に係るストレス対策研究会報告書」『近代消防』2003年6月/41巻6号/505号(p.45-49)(大阪市立中央図書館所蔵)
  PTSD予防チェックリストあり。

・こころのケアセンター「非常事態ストレスと災害救援者の健康状態に関する調査研究報告書」『消防通信』1999年4月/26巻4号(p.30-35)
   兵庫県ホームページ  http://web.pref.hyogo.jp/wd33/documents/000038204.pdf  (2014.8.8確認)

・兵庫県精神保健協会こころのケアセンター「消防職員調査--兵庫県下消防職員調査結果報告 (特集 震災とストレス)」『労務研究』1997年7月/50巻7号/589号(p.2-11) (大阪市立中央図書館所蔵)
   阪神・淡路大震災での事例、具体的な調査結果に基づく報告書。
NDC
内科学  (493 9版)
社会福祉  (369 9版)
参考資料
(Reference materials)
『惨事ストレスへのケア』松井豊/編著 ブレーン出版,2005.3 ISBN:4-89242-769-1 <当館書誌ID:0010939256>
『災害ストレス 心をやわらげるヒント』M.L.マクマナス/著 林春男/解説・訳 林由美/解説・訳 法研,1995.4 ISBN:4-87954-110-9<当館書誌ID:0000469156>
『PTSDの臨床研究 理論と実践』 飛鳥井望/著 金剛出版,2008.8 ISBN:978-4-7724-1038-0<当館書誌ID:0011709845>
『消防士を救え! 災害救援者のための惨事ストレス対策講座』加藤寛/著 東京法令出版,2009.11 ISBN:978-4-8090-2290-6 <当館書誌ID:0011983437>
キーワード
(Keywords)
災害救護者
メンタルヘルス
災害支援者
消防
惨事ストレス
心的外傷後ストレス障害
PTSD
災害救援者
備考
(Notes)
登録番号
(Registration number)
2000016459完成/未完成
(Complete / Incomplete)
完成