このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

特別コレクション詳細(Detail of special collection data)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=col_view&id=3000002639
提供館
(Library)
国立教育政策研究所教育図書館 (4110014)管理番号
(Control number)
CNIER2015004
登録日時
(Registration date)
2015年11月12日 17時02分更新日時
(Last update)
2017年03月21日 13時48分
コレクション名
(Collection name)
石川二郎旧蔵資料
コレクション名ヨミ
(Pronunciation key)
イシカワジロウキュウゾウシリョウ
内容
(Outline)
昭和20年代から30年代始めにかけての文教施設関係資料及び初期中央教育審議会関係資料。
特に中央教育審議会に関しては、発足準備過程の資料や特別委員会の議事録・メモなどが多い。
また、文教施設に関しても、戦災復興や災害復旧に限らず、新しい教育の礎となる施設や
その財政に関する資料が含まれている。

【旧蔵者】石川 二郎 
石川県立志太中学校、東京府豊島師範学校(後の東京第二師範学校、東京学芸大学の前身の一つ)の
本科・専攻科に学び、昭和11(1936)年から東京府公立小学校の訓導として8年間教職に就いた。
その間、中央大学法学部(夜間)に学び、卒業の翌年昭和19年に満州国の官吏となった。戦後、
一時中央教育研究所に勤めた後、昭和22年文部省教科書局に入り、学校教育局、管理局教育施設部
施設課を経て、昭和27年調査局企画課に移り、昭和28年に同課課長補佐となった。昭和34年に社会
教育局に移るまでの約7年、主に中央教育審議会に関する職務に献身し、その後は大臣官房参事官、
初等中等教育局中等教育課長、同高等学校教育課長、国立赤城青年の家所長、東京商船大学事務局長
等を歴任し、昭和49年に文部省を退いた。
来歴
(Origin)
管理局教育施設部施設課・調査局企画課勤務時に収集した資料について、石川二郎氏より国立教育研究所(現国立教育政策研究所)に寄贈されたもの。
利用条件
(Restriction on use)
一部、DVD【請求記号:U090||5】、その他は原資料での閲覧。
目録等
(Catalog)
『石川二郎旧蔵資料目録稿 森戸辰男関係文書目録稿』(『戦後教育改革資料 11』1992.3)
紹介文献
(Literature )
所蔵点数
(Number of materials)
1,356点
継続
(Continue / Discontinued)
NDC 
キーワード
(Keywords)
備考
(Notes)
コレクションID
(Registration number)
3000002639
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!