このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

今月のお知らせ  |
過去のお知らせ
2019年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2018年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

投稿日時お知らせ一覧
2019年07月17日福島学院大学図書館情報センターが新規参加館になりました。
2019年07月17日養老町図書館が新規参加館になりました。
2019年07月17日桃山学院中学校高等学校図書館が新規参加館になりました。
2019年07月12日第15回レファレンス協同データベース事業担当者研修会の配布資料を掲載しました。資料のファイルはページ中央に掲載しています。
2019年07月12日国立国会図書館レファレンス協同データベースのセキュリティ対応について(予告)



レファレンス協同データベースでは、セキュリティ強化のため、2019年10月頃を目途に、常時SSL/TLS化への対応を行う予定です。

この対応に伴う変更点は、以下の通りです。



1.レファレンス協同データベース全ページのURLの変更

 レファレンス協同データベースのURLが、httpからhttpsに変わります。

 変更後のURL

  https://crd.ndl.go.jp (変更前のURL「 http://crd.ndl.go.jp 」)

 ※切替後、httpによるアクセスはhttpsへリダイレクトいたします。



2. 外部提供インタフェース(API1.0,API2.0)のURLの変更

 レファレンス協同データベースが提供する外部提供インタフェース(API1.0,API2.0)のURLについても、httpからhttpsに変わります。

 API1.0,API2.0からの返却パラメタの一部についてもhttpからhttpsへ変更となりますので、プログラム等での自動連係を行われている際にはご注意ください。

 変更箇所については2-1、2-2をご参照ください。



2-1.レファレンス協同データベースシステム 検索用API 1.0

 変更後のURL: https://crd.ndl.go.jp/refapi/servlet/refapi.RSearchAPI

(変更前のURL「 http://crd.ndl.go.jp/refapi/servlet/refapi.RSearchAPI 」)

※切替後、httpによるアクセスはhttpsへリダイレクトいたします。


 
 また、APIから返却される以下の値についてもhttpからhttpsへ変更となりますので、プログラム等での自動連係を行われている際にはご注意ください。

[変更となるAPI返却値(XML)]

・rdf:RDF > channelタグのrdf:about属性値

・rdf:RDF > channel > linkタグの値

・rdf:RDF > channel> items > rdf:Seq > rdf:liタグのrdf:resource属性値

・rdf:RDF > itemタグのrdf:about属性値

・rdf:RDF > item > linkタグの値



2-2.レファレンス協同データベースシステム 検索用API 2.0

 変更後のURL: https://crd.ndl.go.jp/api/refsearch

 (変更前のURL「 http://crd.ndl.go.jp/api/refsearch 」)

※切替後、httpによるアクセスはhttpsへリダイレクトいたします。



 また、APIから返却される以下の値についてもhttpからhttpsへ変更となりますので、プログラム等での自動連係を行われている際にはご注意ください。

[変更となるAPI返却値(XML)]

・rss > channel > linkタグの値

・rss > channel > item > linkタグの値

・rss > channel > item > guidタグの値



 ご不明な点等ございましたら、レファレンス協同データベース事務局までご連絡ください。
2019年07月05日拍手数TOP5データアクセスTOP5事例事業報告・統計に、2019年 6月分を掲載
計6件のお知らせがあります