本文へ

レファレンス協同データベース事業
 サイトマップ  お知らせ一覧  FAQ

データ作成・公開に関するガイドライン

 このコーナーでは、データの作成方法と、公開に関する考え方を示したガイドラインを掲載しています。データ作成・公開の際にご活用ください。

ガイドラインの入手


改訂履歴
Version : 1.0平成17年10月14日公開
Version : 1.1平成17年11月22日付録資料追加、検索条件一部変更
Version : 1.2
(冊子体は刊行しません)
平成22年 8月13日NDC複数化対応、外部リンク項目追記等
PDFファイル詳しい変更内容
Version : 1.3
(冊子体は刊行しません)
平成25年12月13日ローカル項目追加、外部リンク項目追記等
ページのトップへ

策定の経緯

 レファレンス協同データベース事業は、平成14年度から平成16年度までの3か年、実験事業として準備が進められてきました。その間、参加館を募り、データ登録を行い、参加館からの意見聴取を行ってきました。また、データベースを試用した多数の有識者にヒアリングを行い、問題点の洗い出しや改善を実施してきました。さらに、実験事業の締めくくりとして、参加館フォーラムを平成17年2月に開催し、最終的な意見の集約を行いました。

 こうした過程において、参加館からの強い要望として、また、データの質の管理とも関係する重要な課題として、ガイドラインの策定が示されました。とりわけ、一般公開に向けて、ガイドラインの策定は不可欠であるとの認識が、関係者の共通のものとなりました。そこで、平成17年度からの事業化後、「レファレンス協同データベース事業 事例データ作成・公開に関するガイドライン策定検討会議」を設置し、数回にわたる会合ならびにメーリングリストを用いた意見交換を重ねました。ここにお示しするガイドラインは、その会議の成果として作成されたものです。

ページのトップへ

目次構成

第1章 ガイドラインの趣旨を理解するために
第2章 レファレンス協同データベースの概要を知るために
第3章 データを作成するために
第4章 データを公開するために
第5章 データの質をさらに高めるために
付録資料(1) レファレンス協同データベース標準フォーマット
(データ作成者のための簡易マニュアル)
付録資料(2) レファレンス協同データベース項目別記入方法解説
付録資料(3) レファレンス協同データベース・データ公開基準(一覧表)
付録資料(4) データの品質を高めるための道しるべ
ページのトップへ

ガイドライン(冊子体)のご案内

レファレンス協同データベース事業データ作成・公開に関するガイドライン(表紙)
タイトル レファレンス協同データベース事業データ作成・公開に関するガイドライン
責任表示国立国会図書館関西館事業部編
出版地精華町(京都府)
出版者国立国会図書館関西館事業部
全国書誌番号20995506
ISBN4-87582-627-3
出版年2006年2月24日

平成18年2月、『レファレンス協同データベース事業データ作成・公開に関するガイドライン』を、冊子体にて刊行いたしました。冊子では、レファレンス協同データベースに登録されたレファレンス事例データの中から、レファレンス業務及びデータ作成の参考となるものを選定のうえ、解説を付した『レファレンス事例集』を付録として追加しています。

この冊子は、発行部数が限られますので、参加館に1部づつ配布しております。参加館で2部以上必要とする場合、あるいは、この事業への参加を予定する機関で入手を希望される場合には、レファレンス協同データベース事業事務局まで、お問い合わせください。

ガイドライン販売中!

上記冊子と同内容のものを日本図書館協会を通じ、\1680(税込)にて販売しております。

入手方法等につきましては、日本図書館協会のホームページ(2006年刊行書籍)にてご確認ください。

ページのトップへ
Copyright (C) 2005- National Diet Library. All Rights Reserved.