本文へ

レファレンス協同データベース事業
 サイトマップ  お知らせ一覧  FAQ

全国書誌データ・レファレンス協同データベース利活用研修会

全国書誌データ・レファレンス協同データベース利活用研修会のチラシ

学校図書館や公共図書館などの職員を対象に、全国書誌データ・レファレンス協同データベース利活用研修会を、国立国会図書館の関西館および東京本館で開催します。

昨年度まで個別に行っていた、書誌データ利活用説明会レファレンス協同データベース事業説明会を初めて合同開催します。※

研修会は講義とワークショップの二部構成となっています。第1部では、全国書誌データの利活用やレファレンス協同データベースの参加に必要な情報を紹介します。第2部では、参加者の方々に全国書誌データを活用したリストの作成や、レファレンス協同データベースへの登録を実際に行っていただきます。

目録や文献リストの作成などで全国書誌データを利用したい方や、レファレンス協同データベースに興味がある未参加館の方などにおすすめの研修です。ぜひご参加ください。

 PDFファイル開催要項(印刷用)  PDFファイルチラシ  配布資料(ページ内リンク)


研修会は終了しました。今年度の両研修会の概要については以下に掲載しています。

第1部の講義については、国立国会図書館「図書館員向け研修のページ」上で、遠隔研修講座として公開しました。どなたでも受講いただけます。


会場・日時

【関西館会場】平成27年7月24日(金)13:00~17:00(国立国会図書館関西館1階 第1研修室)
【東京本館会場】平成27年8月21日(金)13:00~17:00(国立国会図書館東京本館新館3階 研修室)
 いずれの会場も12:30から受付を開始します
 両会場共、研修会終了後に交流会を行います(出席は任意、1時間程度)

ページのトップへ

対象・定員

  • 全国書誌データの利活用またはレファレンス協同データベース事業への参加に関心のある公共図書館、学校図書館などの職員を主な対象とします。
  • 応募は原則として1機関につき1名、定員は関西館会場、東京本館会場各30名とします。
ページのトップへ

内容

第1部 講義

第2部 ワークショップ

  • 全国書誌データ利活用およびレファレンス協同データベースの体験・実習
  • 質疑応答、コメント

PDFファイルワークショップ配布資料 PDFファイルワークショップ開始前説明スライド(8/21東京本館にて使用)

ページのトップへ

申込方法・申込締切

定員に達しましたため、申込みは締め切りました。

ページのトップへ

問合せ先

この研修会に関するお問合せは、関西館 図書館協力課 協力ネットワーク係 までお寄せください。

〒619-0287 京都府相楽郡精華町精華台8-1-3
国立国会図書館関西館 図書館協力課 協力ネットワーク係
TEL:0774-98-1475 FAX:0774-94-9117 E-Mail:info-crd@ndl.go.jp (@は半角に直してください)

ページのトップへ

Copyright (C) 2005- National Diet Library. All Rights Reserved.