本文へ

レファレンス協同データベース事業
 サイトマップ  お知らせ一覧  FAQ

第9回レファレンス協同データベース事業フォーラム

お知らせ
 ・写真展「レファレンスサービスのある風景」応募作品を公開しています!
 ・全配布資料を公開しました!(3/21)
 ・第9回レファ協フォーラム参加申し込み締め切りを延長しました!(3/19)
 ・第9回レファ協フォーラムのインターネット中継を実施します!(3/18)
 ・関西館までの交通案内を掲載しました(3/12)
 ・プレスリリースを行いました(3/8)
 ・参加申込方法を変更しました!(2/15)
 ・写真展「レファレンスサービスのある風景」を開催します。ご応募受付中!(2/8)
 ・参加申込の受付を開始しました。(2/8)
 ・第9回フォーラムのページを開設しました。(2/8)

 第9回レファレンス協同データベース事業フォーラムは、「社会を創る図書館の力―レファレンスサービスの今を知り、未来を語る」をテーマにした連続イベントのひとつとして開催します。

* 本フォーラムは終了しました。フォーラムの全配布資料は下記からご利用いただけます。

PDFファイル 配布資料(ZIP圧縮14.1MB)

PDFファイル 記録集(2.4MB)

 平成25年3月21日(木)は、調査研究「日本の図書館におけるレファレンスサービスの課題と展望」の報告を行います。
 平成25年3月22日(金)の「第9回レファレンス協同データベース事業フォーラム」では、前日の報告を踏まえ、図書館の情報サービスやレファレンス協同データベース事業を通じてできる社会貢献とは何かについて、参加者全員で考えてまいります。

 今図書館ができる情報サービスとは何かをより深く考えるきっかけとしていただくためにも、2日通してのご参加をお勧めしますが、3/21(木)のみ、あるいは3/22(金)のみのご参加も可能です。

 フォーラムに関するお問合せは、レファレンス協同データベース事務局(info-crd@ndl.go.jp (@は半角に直してください))までお寄せください。

<インターネット中継について>
 直接参加いただけない方にも、当フォーラムの模様をご覧いただけるよう、レファ協サポーターのご協力を得て、第9回レファ協フォーラムの内容をインターネットを通じて生中継いたします。

 中継時間:平成25年3月22日(金)10:30~16:00(終了まで)
 URL:http://www.ustream.tv/channel/crdf2013

  ※回線及びサービス状況等によっては、音声が聞き取りにくくなったり、やむをえず配信が中断される場合もあります。ご容赦ください。

 過去のフォーラムに関する情報はこちら


概要

日時: 平成25年3月21日(木) 13:30~17:30

    平成25年3月22日(金) 10:30~16:00

会場: 国立国会図書館 関西館 大会議室 (京都府相楽郡精華町) 交通手段・アクセス

参加対象:各種図書館、関係機関、図書館情報学研究者、図書館情報学専攻の学生の方をはじめ、図書館の情報サービス(レファレンスサービス)や地域活性化にご関心をお持ちの多くの方のご参加をお待ちしております。

PDFファイル調査研究最終報告会開催要項(印刷用)

PDFファイル 第9回レファ協事業フォーラム開催要項(印刷用)

PDFファイル 第9回レファ協事業フォーラム配付用チラシ


申込方法(※2/15より、一部変更しました)

E-mailまたはFAXでお申し込みください。

申込締切:平成25年3月15日(金) 延長しました!直前までお申込み可能です。当日参加も大歓迎です!

◎E-mailでお申し込みの場合:
メールの件名を「■フォーラム■参加申込」とし、本文に下記の情報を添えて事務局宛て(info-crd@ndl.go.jp (@は半角に直してください))にお申し込みください。また、専用の申込用紙に必要事項をご入力の上、メールに添付してお送りいただいても結構です。

  • 「2日間通しての参加」 or 「3/21(木)のみの参加」 or 「3/22(金)のみの参加」
  • 氏名
  • 氏名のよみ
  • E-mailアドレス
  • 電話番号
  • FAX番号
  • ご所属

 次の項目は、3/22(金)のレファ協フォーラムにも参加される方のみご記入ください。

  • ご所属がレファレンス協同データベース事業参加館か否か
  • 交流会(3/22)参加希望の有無
  • 見学会(3/22)参加希望の有無
  • 次回レファ協事業フォーラム案内メールの希望の有無(希望者には次回フォーラムの開催情報をお送りします。)

WORDファイル 参加申込書E-mail用(Wordファイル)

PDFファイル 参加申込書E-mail用(PDFファイル)

◎FAXでお申し込みの場合:
専用の申込用紙をダウンロードし、印刷してご利用ください。必要事項をご記入のうえ、事務局宛て(0774-94-9117)にFAXの送信をお願いいたします。
申込用紙にE-mailアドレスをご記入いただいている方については、以後の連絡をE-mailで行わせていただきます。

WORDファイル 参加申込書FAX用(Wordファイル)

PDFファイル 参加申込書FAX用(PDFファイル)


テーマ「社会を創る図書館の力―レファレンスサービスの今を知り、未来を語る」

プログラム(3/21(木))「日本の図書館におけるレファレンスサービスの課題と展望」最終報告会

 国立国会図書館関西館図書館協力課が、株式会社シィー・ディー・アイに委託して実施した調査研究「日本の図書館におけるレファレンスサービスの課題と展望」の成果を報告します。この調査では、基礎調査として、国内約5,000 の図書館を対象としたアンケート調査を実施しました。また、発展調査として実施した震災ボランティア、若手の研究者、環境問題や地域再生等に取り組む農林水産業従事者等に対するヒアリング調査を実施しました。報告会では、その成果を報告するとともに、情報・調査ニーズに応える図書館に向けて何を志向すべきかについて、考えてまいります。

◎報告者
小田光宏氏(青山学院大学教育人間科学部教授)
辻 慶太氏(筑波大学図書館情報メディア系准教授)
間部 豊氏(北陸学院大学短期大学部コミュニティ文化学科准教授)
渡邊由紀子氏(九州大学附属図書館 e リソースサービス室長)
(司 会)半田章二氏(株式会社シィー・ディー・アイ取締役研究企画室長)


プログラム(3/22(金))第9回レファレンス協同データベース事業フォーラム

全配布資料PDFファイルPDF(14.5MB) ZIP圧縮(14.1MB)

   PDFファイル配布資料(一覧) PDFファイル配布資料(プログラム)

■ 午前の部 ■ 10:30~12:00

(1) 開会あいさつ・事業報告  PDFファイル配布資料(事業報告)
国立国会図書館 関西館 図書館協力課長 南亮一
(2) 基調講演 
 
社会を創る図書館の力 
早稲田大学大学院 公共経営研究科 教授 北川正恭

■ 午後の部 ■ 13:00~16:00

(3) 事例報告(1)  PDFファイル配布資料
 
地域を繋ぐ図書館の力
慶應義塾大学大学院 府川智行
(4) 事例報告(2)  PDFファイル配布資料
 
尼崎市立地域研究史料館のレファレンス事例公開について
尼崎市立地域研究史料館 久保庭萌
(5) 事例報告(3)  PDFファイル配布資料
 
女川・陸前高田 ~図書館壊滅から再開へ~
北海道ブックシェアリング代表 荒井宏明
(6) フォーラム
 
レファレンス協同データベースができること:その創造力と社会貢献
コーディネータ:秋田県立図書館副館長 山崎博樹
(7) クロージングセッション
 
本日のまとめ
(8) 閉会挨拶 
国立国会図書館 関西館次長 山崎治

■ 見学・交流会・デモ ■

  見学  9:30~10:00

館内をご案内いたします。 ご希望の方は、フォーラムとあわせてお申込みください。
※先着順
  関西館小展示「花ひらく少女歌劇の世界」見どころ紹介  12:40~13:00
 
フォーラム会場において昼食時間中に、担当職員による関西館小展示「花ひらく少女歌劇の世界」の見どころ紹介を行います。事前の申込は不要です。フォーラム当日は小展示の最終日となります。ぜひご参加ください!
  交流会 16:00頃~17:00頃
 
フォーラム終了後、参加者同士の交流を図るため、1時間程度の懇談を行います。
ご希望の方は、フォーラムとあわせてお申込みください。

写真展「レファレンスサービスのある風景」 ※募集は締め切りました。ご応募、ありがとうございました!※

 応募作品を公開しています。なお、13者の皆様から35点ご応募いただきました!

 初めての試みとして、イベント会場前のスペースで、写真展「レファレンスサービスのある風景」を行います。
 レファレンスツール、レファレンス対応スペース、レファレンスPRグッズなどの写真を募集しておりますので、下記の要領のとおりご応募ください。お待ちしております!

[ テーマ: レファレンスサービスのある風景 ]

 レファレンスツール、レファレンス対応スペース、PRグッズ、スタッフの働く様子など、あなたの図書館のレファレンスサービスのある風景を切り取った写真をお送りください。

[ 応募要領 ]

 次の情報を添えて、写真の画像データ(JPEG形式、画像1枚当たりのファイルサイズは2MB以下)をE-mailに添付して事務局宛て(info-crd@ndl.go.jp (@は半角に直してください))に送付してください。また、写真や解説文の印刷は事務局で行います(印刷紙の種類やサイズ、掲示方法は事務局にお任せください)。

  1. メール件名「■フォーラム■写真展申し込み」
  2. 掲示する氏名もしくは機関名、ふりがな
  3. 連絡先(氏名/ふりがな、ご所属、E-mailアドレス、電話番号)
  4. 各写真のタイトルおよびどの機関のどのような様子を撮影したものかを紹介する解説文(140字以下)

[ 応募資格 ]

 誰でもご応募できます。図書館にお勤めの方、図書館を利用されている方、皆様からのご応募をお待ちしております。

[ 応募点数 ]

 1人(1機関)3枚まで。掲示の順番に指定がある場合は、ファイル名に番号を振ってください。

[ 応募締切 ]

 平成25年3月15日(金)

[ その他 ]

 応募作品は、平成25年3月21日(木)から3月22日(金)の期間、応募要領2.掲示する氏名もしくは機関名、4.写真のタイトルと解説文とともに、関西館大会議室前スペースに展示します。その後、画像データを掲載用に加工し、レファレンス協同データベース事業ホームページに掲載する予定です。
 なお、応募をもって、インターネットでの公開に同意したものと判断させていただきます。
※人物を撮影する場合は、必ずその方の了解を得てください。第三者の著作権、肖像権その他の権利を侵害していないこと、また侵害する恐れがないことをご確認の上、ご応募ください。お送りいただいた写真については、事務局の判断で掲示および掲載を行わない場合もございます。ご了承ください。


その他

[ パソコン専用席について ]

 パソコンをご利用になる方のための専用席をご用意いたします。5~6台分の電源もご用意いたしますので、パソコンをご利用になる方は、専用席をご利用ください。なお、電源はお一人で占有せず、譲り合ってご利用いただきますようお願い申し上げます。

[ Twitterについて ]

 本フォーラムの、Twitterのハッシュタグ(ある特定の話題についての発言であることを示すためのタグ)は「#crdf2013」とします。本フォーラムについてTwitterで情報交換される場合には、ぜひハッシュタグをご利用ください。
 【参考】Twitterってなに?

Twitterで情報発信を行っています。
(レファ協事務局)
http://twitter.com/crd_tweet
ページのトップへ
Copyright (C) 2005- National Diet Library. All Rights Reserved.