本文へ

レファレンス協同データベース事業
 サイトマップ  お知らせ一覧  FAQ

第8回レファレンス協同データベース事業フォーラム

お知らせ
 ・インターネット中継を行います。(2/25)
 ・ 配布資料を掲載しました。(2/23)
 ・ 申込を〆切ました。(2/23)
 ・ 基調講演のタイトルを変更しました。(2/22)
 ・ 申込締切を 2/23(木)に延長しました。(2/17)
 ・ 昼休憩時に「国立国会図書館サーチ デモ」を行います (2/15)
 ・ パネルディスカッションにスペシャルゲストが登場します(詳細はフォーラムにて) (2/15)

 「レファレンス協同データベース事業のNext Step:人の輪が生みだすレファ協の未来」をテーマにフォーラムを開催します。

* 本フォーラムは終了しました。フォーラムの全配布資料、記録集は下記からご利用いただけます。

PDFファイル 配布資料(ZIP圧縮4.2MB)

PDFファイル 記録集(1.5MB)

 平成14年度の実験事業開始から10年目を迎え、専門図書館協議会や学校図書館の実験参加、サポーター登録制度の開始など、レファ協を軸にした人々の輪が大きく広がりはじめています。事業が次の一歩を踏み出すために、これまでの歴史を振り返り、参加館アンケートの結果などから見える現状を踏まえて、レファ協の未来について語り合います。ぜひご参加ください。

 フォーラムに関するお問合せは、事務局までお寄せください。

<インターネット中継について>
 フォーラムに直接参加いただけない方にも、当フォーラムの模様をご覧いただけるよう、レファ協サポーターのご協力を得て、フォーラムの内容をインターネットを通じて生中継いたします。

 中継時間:平成24年2月27日(月)11:00~16:30(終了まで)
 URL:http://www.ustream.tv/channel/crdf2012

  ※回線及びサービス状況等によっては、音声が聞き取りにくくなったり、やむをえず配信が中断される場合もあります。ご容赦ください。


概要

日時: 平成24年2月27日(月) 11:00~16:30

会場: 国立国会図書館 関西館 大会議室 (京都府相楽郡精華町) 交通手段・アクセス

参加対象:当事業参加館、および当事業に関心のある方

※各種図書館、関係機関、図書館情報学研究者、図書館情報学専攻の学生の方など、多くの方のご参加をお待ちしております。

PDFファイル 開催要項(印刷用)


プログラム

全配布資料PDFファイルPDF(5.1MB) ZIP圧縮(4.5MB)

   PDFファイル配布資料(一覧) PDFファイル配布資料(プログラム)

■ 午前の部 ■ 11:00~12:25

(1) 開会あいさつ 
国立国会図書館 関西館長事務代理 石川武敏
(2) 事業報告 PDFファイル配布資料(事業報告) PDFファイル配布資料(参加館アンケート)
国立国会図書館 関西館 図書館協力課
(3) 基調講演  PDFファイル配布資料
 
Linking Everyone to Everybody :人の輪をつなげる・ひろげる
 ―国立国会図書館レファレンス協同データベース事業、現状からの展開― 
羽衣国際大学 人間生活学部 准教授  谷本達哉

■ 午後の部 ■ 13:35~16:30

(4) 実践報告(1)  PDFファイル配布資料
 
東京都立図書館のレファレンスとレファレンス事例データベース
東京都立中央図書館 神林秀樹
(5) 実践報告(2)  PDFファイル配布資料
 
レファ協による人と人をつなぐ情報発信 ―「調べ方マニュアル」の可能性―
近畿大学中央図書館 寺尾隆
(6) 実践報告(3)  PDFファイル配布資料
 
茨城県立歴史館におけるレファ協を活用した新たな取り組み
茨城県立歴史館 坂本幸子
(7) パネルディスカッション
 
レファレンス協同データベース事業のNext Step:人の輪が生みだすレファ協の未来
秋田県立図書館山崎博樹(コーディネータ)
羽衣国際大学 人間生活学部 准教授谷本達哉
専門図書館協議会 事務局長
 PDFファイル配布資料(ミニ報告)
鈴木良雄
京都府立高等学校図書館協議会司書部会
(京都府立農芸高等学校)
清水都
京都府立高等学校図書館協議会司書部会
(京都府立西舞鶴高校)
香西瑠衣
(株)リクルートドクターズキャリア
(レファレンス協同データベース事業サポーター)
島津英昌

<スペシャルゲストあり>
(9) 閉会挨拶 
国立国会図書館 関西館 図書館協力課長 佐藤従子

■ 見学・交流会・デモ ■

  見学  第1回 10:20~10:50、 第2回 12:30~13:00

館内をご案内いたします。 ご希望の方は、フォーラムとあわせてお申込みください。
※定員 各回24名(先着順)
  交流会 16:45~17:45
 
フォーラム終了後、参加者同士の交流を図るため、1時間程度の懇談を行います。
ご希望の方は、フォーラムとあわせてお申込みください。
  国立国会図書館サーチ デモ 13:15~13:30
 
1月より正式にサービスを開始した、国立国会図書館サーチについてのデモンストレーションを昼休憩時に会場で行います。よろしければぜひご聴講ください。

その他

[ パソコン専用席について ]

 パソコンをご利用になる方のための専用席をご用意いたします。5~6台分の電源もご用意いたしますので、パソコンをご利用になる方は、専用席をご利用ください。なお、電源はお一人で占有せず、譲り合ってご利用いただきますようお願い申し上げます。

[ Twitterについて ]

 本フォーラムの、Twitterのハッシュタグ(ある特定の話題についての発言であることを示すためのタグ)は「#crdf2012」とします。本フォーラムについてTwitterで情報交換される場合には、ぜひハッシュタグをご利用ください。
 【参考】Twitterってなに?

Twitterで情報発信を行っています。
(レファ協事務局)
http://twitter.com/crd_tweet
ページのトップへ
Copyright (C) 2005- National Diet Library. All Rights Reserved.