本文へ

レファレンス協同データベース事業
 サイトマップ  お知らせ一覧  FAQ

第5回レファレンス協同データベース事業フォーラム

今年は、「レファレンス協同データベースの戦略的活用-変わりゆく図書館経営の中で-」をテーマにフォーラムを開催します。
本データベースを利用した各館の取組みとその効果を紹介し、今後の図書館界において当事業が果たすべき役割を探るとともに、関係者相互の情報交換、交流の場とすることを目的としています。ぜひご参加ください。

※本フォーラムは終了しました

概要

日時: 平成21年2月20日(金) 10:00~17:30

会場: 国立国会図書館関西館大会議室

PDFファイル開催要項(印刷用)

PDFファイル配布資料(LZH圧縮3.5MB)

PDFファイル『第5回レファレンス協同データベース事業フォーラム記録集』

内容

■ 午前の部 ■ 10:00~12:40

(1) 開会挨拶 
国立国会図書館関西館長 和中幹雄
(2) 事業報告 
国立国会図書館関西館図書館協力課協力ネットワーク係
(3) 基調講演
 
質の高いサービスをめざして
-レファレンスサービスにおける経験の蓄積とレファレンス協同データベース事業の役割-
慶應義塾大学文学部教授  田村俊作
(4) 報告(1)
 
香川県立図書館におけるレファレンス協同データベースの活用
香川県立図書館 藤沢幸応
(5) 報告(2)
 
ワンパーソンライブラリーの可能性
紙の博物館図書室 竹田理恵子
(6) 報告(3)
 
グローバルに考え、ローカルに行動する
-神奈川大学図書館のローカルな試み-
神奈川大学図書館 中村裕史

■ 午後の部 ■ 13:50~16:00

(7) パネルディスカッション
 
レファレンス協同データベースの戦略的活用
  -変わりゆく図書館経営の中で-
秋田県立図書館山崎博樹(コーディネータ)
慶應義塾大学文学部教授田村俊作
香川県立図書館藤沢幸応
紙の博物館図書室竹田理恵子
神奈川大学図書館中村裕史
大阪府立女性総合センター木下みゆき
(8) 閉会挨拶 
国立国会図書館関西館図書館協力課長 本吉理彦

■ 懇談 ■ 16:30~17:30

(9) 懇談
 
フォーラム終了後、参加者同士の交流を図るため、1時間程度の懇談を行います。(会費制、100円)
参加をご希望の方は、フォーラムとあわせてお申込みください。

参加資格

レファレンス協同データベース事業参加館職員。

※参加を検討している図書館、また図書館情報学研究者等、当事業に関心のある方の参加も可能です。ただし、定員に達した場合は参加館職員を優先します。

お申込み

申込の受付は終了いたしました。

レファレンス協同データベース事業ホームページのウェブフォームから、お申し込みください。募集期間は、平成21年1月30日(金)までです。

このフォーラムに関するお問合せは、レファレンス協同データベース事業事務局までお寄せください。

※総合目録ネットワーク参加館の方へ

 例年連続開催を行っておりました総合目録ネットワーク参加館フォーラム(事業参加館のみ対象)は、今年は当事業とは別に、3月に開催見込みです。ご注意ください。
<お問合せ先>
 関西館図書館協力課協力ネットワーク係(総合目録ネットワーク担当)
 TEL:0774-98-1455  E-mail:unicanet@ndl.go.jp

ページのトップへ
Copyright (C) 2005- National Diet Library. All Rights Reserved.