本文へ

レファレンス協同データベース事業
 サイトマップ  お知らせ一覧  FAQ

第4回レファレンス協同データベース事業参加館フォーラム

レファレンス協同データベース事業は本格実施となって3年目となり、質量共にデータが充実するとともに、参加館の皆様及び研究者の方々による本データベースの様々な活用が実践されております。
その現状を踏まえ、データの作成、公開及び本データベースの活用方法について、専門家の講演、参加館の実践報告等を行い、併せて参加館相互の情報交換、交流の場とするため、標記フォーラムを開催いたします。
ぜひご参加ください。

※本フォーラムは終了しました

概要

日時: 平成20年2月22日(金) 10:00~16:00

会場: 国立国会図書館関西館大会議室

PDFファイル開催要項(印刷用)

PDFファイル配布資料(LZH圧縮3.5MB)

PDFファイル『第4回レファレンス協同データベース事業参加館フォーラム記録集』(1.8MB)

内容

■ 午前の部 ■ 10:00~12:10

(1) 開会挨拶 
国立国会図書館関西館長 和中幹雄
(2) 事業報告 
国立国会図書館関西館図書館協力課課長補佐 鈴木智之
(3) 基調講演
 
レファレンスサービスの評価と、レファレンス協同データベースの役割
昭和女子大学生活機構研究科教授  大串夏身
(4) 報告(1)
 
活用と登録の相乗効果を狙って
 -福井県立図書館:レファレンス協同データベースの使い方-
福井県立図書館 宮川陽子
(5) 報告(2)
 
レファレンス協同データベースの歩き方
 -個人活動と組織活動の相互関係-
宮城県図書館 熊谷慎一郎

■ 午後の部 ■ 13:20~16:00

(6) 講演
 
レファレンス協同データベースに期待すること
「ACADEMIC RESOURCE GUIDE」編集・発行者 岡本真
(7) パネルディスカッション
 
レファレンス協同データベースの役割を問い直す
  -レファレンスサービスが、もっと評価されるために-
秋田県立図書館山崎博樹(コーディネータ)
東邦大学医学メディアセンター牛澤典子
青山学院大学文学部教授小田光宏
近畿大学中央図書館寺尾隆
福井県立図書館宮川陽子
「ACADEMIC RESOURCE GUIDE」編集・発行者
岡本真
(8) 閉会挨拶 
国立国会図書館関西館図書館協力課長 本吉理彦

* 参加館フォーラム終了後、希望される方は、茶話会にご参加いただけます(1時間程度、会費制)。

参加資格

レファレンス協同データベース事業参加館職員。

※参加を検討している図書館、また図書館情報学研究者等、当事業に関心のある方の参加も可能です。ただし、定員に達した場合は参加館職員を優先します。

ページのトップへ
Copyright (C) 2005- National Diet Library. All Rights Reserved.