本文へ

レファレンス協同データベース事業
 サイトマップ  お知らせ一覧  FAQ

第11回レファレンス協同データベース事業フォーラム
つながる図書館の情報サービス:「調べる方法」の公共性

第11回フォーラムのチラシ

国立国会図書館は、調べ物に役立つ情報を収録した「レファレンス協同データベース」を2004年に公開し、関連事業として毎年度フォーラムを開催しています。第11回目となる今回は「つながる図書館の情報サービス:「調べる方法」の公共性」と題し、図書館の持つデータの公開と活用についてのフォーラムを開催します。

時事問題、歴史、統計、法律、人物調査など、図書館には専門的なことから生活に役立つ情報まで日々様々な質問が寄せられます。レファレンス協同データベースにはそうした「○○を調べるには?」に答えた事例を中心に、約14万件のデータが蓄積されています。この大量のデータをどのようにオープン化し、社会で活用していくか?フォーラムでは図書館に関わる様々な立場の方をお招きし、データの公開と活用について議論します。

本フォーラムは終了しました。フォーラムの配布資料は下記からご利用いただけます。

PDFファイル配布資料(14.9MB)

PDFファイル『第11回レファレンス協同データベース事業 フォーラム記録集』(5.4MB)



新着情報

  • 平成27年2月17日 第11回レファ協フォーラムのインターネット中継を実施します!
  • 平成27年2月17日 ホームページに配布資料を掲載しました。
  • 平成27年2月5日 申込締切を 2月17日(火)に延長しました。
  • 平成27年2月3日 2月3日(火)朝日新聞(京都)朝刊にレファ協フォーラムの記事が掲載されました。 
  • 平成27年1月20日 プレスリリースを行いました。 

概要

  • 日時:平成27年2月19日(木)14:00~17:30
  • 会場:国立国会図書館 関西館 大会議室 (京都府相楽郡精華町精華台8-1-3) 交通手段・アクセス
  • 参加対象:図書館員、図書館情報学専攻の教員及び学生その他事業に関心のある方(一般の方の参加も歓迎です。)

PDFファイル開催要項(印刷用) PDFファイル 第11回レファ協フォーラムちらし  PDFファイル配布資料(14.9MB)  


プログラム

  1. 開会あいさつ(国立国会図書館 関西館長)

  2. 第1部 提言「つながる図書館の情報サービス」(14:05~15:45)
    • 「図書館における情報発信」 猪谷千香氏(ザ・ハフィントン・ポスト・ジャパン記者) PDFファイル配布資料
    • 「オープンデータと図書館」 大向一輝氏(国立情報学研究所准教授) PDFファイル配布資料
    • 「図書館知の共有:レファ協の公共性」 小田光宏氏(青山学院大学教授) PDFファイル配布資料

  3. レファレンス協同データベース事業報告(国立国会図書館 関西館 図書館協力課) PDFファイル配布資料

  4. 第2部 パネルディスカッション「つながる図書館の情報サービス:「調べる方法」の公共性」(16:15~17:25)
    • 片岡則夫氏 (清教学園 中・高等学校 教諭・図書館長)PDFファイル配布資料
    • 中山美由紀氏 (東京学芸大学学校図書館運営専門委員会/東京学芸大学附属小金井小学校 学校図書館司書)PDFファイル配布資料
    • 岡崎聡志氏 (山口大学図書館職員)
    • 余野桃子氏 (東京都立中央図書館 係長)

  5. 閉会挨拶(国立国会図書館 関西館次長)

※コーディネーター 山崎博樹氏 (秋田県立図書館副館長)
※講演・報告タイトルは若干変更になる場合があります。
※フォーラムの前後に以下の催しを実施します。ご希望の方はフォーラムの参加申し込み時にウェブフォームからお申し込みください。

  • 関西館見学会(13:20~13:50):当館職員が関西館内の書庫などを案内します。(※定員に達したため、受付を終了いたしました。)
  • 交流会(17:30~18:30):フォーラム終了後、参加者同士の交流を図るため、1時間程度の茶話会を行います。ぜひご参加ください。

その他

インターネット中継について

フォーラムに直接参加いただけない方にも、当フォーラムの模様をご覧いただけるよう、フォーラムの内容をインターネットを通じて生中継させていただく予定です。なお、回線及びサービス状況等によっては、音声が聞き取りにくくなったり、やむをえず配信が中断される場合もあります。ご容赦ください。

中継時間:平成27年2月19日(木)14:00~17:30(終了まで)
URL:http://www.ustream.tv/channel/crdf2015

パソコン専用席について

パソコンをご利用になる方のための専用席をご用意いたします。5~6台分の電源もご用意いたしますので、パソコンをご利用になる方は、専用席をご利用ください。なお、電源はお一人で占有せず、譲り合ってご利用いただきますようお願い申し上げます。

Twitterについて

本フォーラムの、Twitterのハッシュタグ(ある特定の話題についての発言であることを示すためのタグ)は「#crdf2015」とします。本フォーラムについてTwitterで情報交換される場合には、ぜひハッシュタグをご利用ください。

Twitterでレファ協最新情報やおすすめの事例をお知らせしています。ぜひご覧ください。
http://twitter.com/crd_tweet
ページのトップへ
Copyright (C) 2005- National Diet Library. All Rights Reserved.