本文へ

レファレンス協同データベース事業
 サイトマップ  お知らせ一覧  FAQ

第10回レファレンス協同データベース事業フォーラム

お知らせ
 ・第10回レファ協フォーラムのインターネット中継を実施します!(2/14)
 ・ホームページに配布資料を掲載しました。(2/13)
 ・2/4(火)朝日新聞夕刊にレファ協フォーラムの記事が掲載されました。(2/10)
 ・申込締切を 2/13(木)に延長しました。(2/7)
 ・2/3(月)京都新聞朝刊にレファ協フォーラムの記事が掲載されました。
  「図書館の未来探る 阿刀田高さん講演」というタイトルで紹介されています。(2/3)
 ・1/29(水)読売新聞朝刊にレファ協フォーラムの記事が掲載されました。
  「調べもの検索事業活用へフォーラム」というタイトルで紹介されています。(2/3)
 ・プレスリリースを行いました(1/23)
 ・ 昼休憩時に「国立国会図書館歴史的音源 デモ」を行います (1/17)     

 「教育と図書館の未来―レファレンス協同データベースと生み出す力」をテーマにフォーラムを開催します。

 PDFファイル 第10回レファ協フォーラムちらし

* 本フォーラムは終了しました。フォーラムの全配布資料は下記からご利用いただけます。

PDFファイル 配布資料(10.1MB)

 本年度は、学校図書館及び学校図書館関係団体が正式に参加対象となり、事業のさらなる展開が期待されます。また、図書館員の研修や大学の図書館学関係の講義など、 教育の場でレファレンス協同データベースが活用され始めています。そこで、10回目を迎える記念すべき今年のフォーラムでは、「教育と図書館の未来―レファレンス協同データベースと生み出す力」 をテーマに、教育の未来と図書館の使命について、みなさんとともに議論を深めてまいります。ぜひご参加ください。

 フォーラムに関するお問合せは、事務局までお寄せください。

<インターネット中継について>
 フォーラムに直接参加いただけない方にも、当フォーラムの模様をご覧いただけるよう、フォーラムの内容をインターネットを通じて生中継させていただく予定です。

 中継時間:平成26年2月17日(月)10:00~16:00(終了まで)
 URL:http://www.ustream.tv/channel/crdf2014

  ※回線及びサービス状況等によっては、音声が聞き取りにくくなったり、やむをえず配信が中断される場合もあります。ご容赦ください。

 事前参加申込は締め切りました。当日参加ご希望の方は、直接受付までお越しください。


概要

日時: 平成26年2月17日(月) 10:00~16:00

会場: 国立国会図書館 関西館 大会議室 (京都府相楽郡精華町) 交通手段・アクセス

参加対象:当事業参加館、および当事業に関心のある方

※各種図書館、関係機関、図書館情報学研究者、図書館情報学専攻の学生の方など、多くの方のご参加をお待ちしております。

PDFファイル 開催要項(印刷用)


プログラム

※講演・報告タイトルは若干変更になる場合があります。

■ 午前の部 ■ 10:00~11:35

(1) 開会あいさつ 
国立国会図書館 関西館長 山田敏之
(2) 事業報告 PDFファイル配布資料(事業報告)
国立国会図書館 関西館 図書館協力課
(3) 基調講演 
 
「情報社会と図書館の未来」
 
山梨県立図書館 館長 阿刀田高

■ 午後の部 ■ 12:45~16:00

(4) 実践報告(1)  PDFファイル配布資料
 
高校図書館でレファ協を使い倒すために
神奈川県立横浜南陵高校図書館 田子環
(5) 実践報告(2)  PDFファイル配布資料
 
レファレンス協同データベースと高等教育:
      ラーニング・コモンズ及び図書館司書課程での活用を通じて
同志社大学 学習支援・教育開発センター 助教 岡部晋典
(6) 実践報告(3)  PDFファイル配布資料
 
レファ協の活用と地域の魅力の再発見について
豊中市立図書館 石田ひろ
(7) 実践報告(4)  PDFファイル配布資料
 
教育図書館におけるレファ協効果
国立教育政策研究所教育研究情報センター教育図書館 鈴木由美子
(8) パネルディスカッション
 
教育と図書館の未来―レファレンス協同データベースと生み出す力
青山学院大学 教授小田光宏(コーディネータ)
(9) 閉会挨拶 
国立国会図書館 関西館 図書館協力課長 南亮一

■ 見学・交流会・デモ ■

  見学 9:20~9:50

見学は、定員に達したため、申込受付を終了しました。
  交流会 16:30~17:30
 
フォーラム終了後、参加者同士の交流を図るため、1時間程度の懇談を行います。
ご希望の方は、フォーラムとあわせてお申込みください。
  デモ 12:15~12:35
 
「国立国会図書館デジタル化資料」のコンテンツのひとつとしてご提供している、「歴史的音源」についてのデモンストレーションを昼休憩時に会場で行います。よろしければぜひご聴講ください。

その他

[ パソコン専用席について ]

 パソコンをご利用になる方のための専用席をご用意いたします。5~6台分の電源もご用意いたしますので、パソコンをご利用になる方は、専用席をご利用ください。なお、電源はお一人で占有せず、譲り合ってご利用いただきますようお願い申し上げます。

[ Twitterについて ]

 本フォーラムの、Twitterのハッシュタグ(ある特定の話題についての発言であることを示すためのタグ)は「#crdf2014」とします。本フォーラムについてTwitterで情報交換される場合には、ぜひハッシュタグをご利用ください。
 【参考】Twitterってなに?

Twitterで情報発信を行っています。
(レファ協事務局)
http://twitter.com/crd_tweet
ページのトップへ
Copyright (C) 2005- National Diet Library. All Rights Reserved.