本文へ

レファレンス協同データベース事業
 サイトマップ  お知らせ一覧  FAQ

新規登録・更新画面で使用するテキストエディタ変更について(2013年11月)

シンプルなエディタへの変更

 レファレンス協同データベースでは、2013年2月のシステムリニューアル以降、新規登録・更新画面の主な入力項目で「WYSIWYGエディタ」(What You See Is What You Get(見たままが得られる)の頭文字をとったエディタ)というテキストエディタソフト使用してきました。

 「WYSIWYGエディタ」は、 HTMLソースでの編集などを行うことができ、文字の色やフォントの指定、表形式やリスト形式等のデータ登録ができる半面、 Word 等から コピー&ペースト をすると、htmlタグも貼り付けられ、貼りつけられたタグによってはエラーのため登録できない、登録・更新のレスポンスが悪く、場合によってはブラウザが応答しなくなる、といった不具合が起きており、ご利用いただいている皆さまにご迷惑をお掛けしておりました。

 そこで、この度「WYSIWYGエディタ」から、よりシンプルなエディタへと変更させていただきます。 現在の「WYSIWYGエディタ」で習熟していただいた皆さまにはご不便をお掛けすることとなりますが、何卒ご理解とご協力をお願いいたします。

スケジュール

  • 研修環境 エディタ変更日:2013年11月2日(土)
  • 本番環境 エディタ変更日:2013年11月19日(火)

※参加館の皆さまに機能確認を行っていただくことなどを目的に、先行して研修環境のエディタを変更いたします。
 研修環境での確認用のID・パスワードについては、別途ご連絡させていただきます。


新旧エディタの変更点

  • 新旧機能比較
    機能旧「WYSIWYGエディタ」新しいエディタ
    ①htmlソース編集×
    ②元に戻す、やり直し×
    ③リンク範囲指定
    ④プレビュー×
    ⑤拡大入力画面

  • これまでの「WYSIWYGエディタ」
    WYSIWYGエディタ


  • 新しいシンプルなエディタ
    新しいシンプルなエディタ

新エディタの使い方

外部リンクを貼る

外部リンクを貼る

拡大入力画面を使う

外部リンクを貼る

HTMLタグが入力された既存データへの対応

  これまでの「WYSIWYGエディタ」では、 <p><li> といったhtmlタグを入力することができました。 また、Word 等から コピー&ペースト をするとhtmlタグも一緒に貼り付けられ、気づかないうちにhtmlタグが登録されている場合もあります。 一方新しいシンプルなエディタでは、 <a>以外のhtmlタグは普通の文字列として扱われ、 Word 等から のコピー&ペースト でhtmlタグが一緒に貼り付けられることはありません。

 新旧のエディタで上記のようにhtmlタグの扱いが異なるため、 既にhtmlタグを含む形で登録されたデータは、新エディタで初めて更新する際に改行などの見た目が変わってしまう場合があります。 htmlタグが登録された本番環境のデータについては、各登録館に該当データのリストをご提示します。また、お申し出いただければ事務局で改行等の見た目を表示に近い形に修正し・更新する作業を行います。

 ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、何卒ご理解・ご協力をお願いいたします。


htmlタグが入力された既存データの挙動

既存データの挙動

問い合わせ

ご不明点などは事務局までお問い合わせください。

ページのトップへ
Copyright (C) 2005- National Diet Library. All Rights Reserved.