本文へ

レファレンス協同データベース事業
 サイトマップ  お知らせ一覧  FAQ

れはっちのおでかけレポート 第5回 ~大阪府立中之島図書館~

(公開日:平成27年2月2日)

旅支度のれはっち

「れはっちのおでかけレポート」は、れはっちがレファ協参加館へ遊びに行って、そこで見聞きしたことを Twitterやこのページでゆる~くご報告するシリーズです。
 前回の「れはっちのおでかけレポート第4回 ~国際子ども図書館~」もぜひご覧ください。

 今回れはっちは、大阪市にある中之島にやってきました。中之島といえば、大阪を代表するオフィス街。2つの川に挟まれた中洲とその周辺に高層ビルが立ち並び、人々で活気に溢れています。 一方、中洲の東部には静かな中之島公園があり、散歩するにも良いところです。散歩の途中にひときわ目を引くのが、隣りあっている2棟の国の重要文化財、大阪市中央公会堂と、れはっちが今回ご紹介する 大阪府立中之島図書館です (レファ協内の参加館プロファイルにも登録されています)。



大きな地図を表示
大阪市中央公会堂の写真
お隣の 大阪市中央公会堂
たこ焼き、おいしいで
この2つの重要文化財を一度に見ることができる見学会「レトロ・ノスタルジック・ツアー」が昨年の平成26年秋に開かれました。 このイベントは、大阪府立中之島図書館が開催中のイベントシリーズ、『中之島ルネサンス』の一環です。
 『中之島ルネサンス』では、絵本「じごくのそうべえ」原画展と、この絵本の基になった落語の口演も行われました。 原画を見て、絵本を読んで、落語を聞いて、と上方落語の世界を堪能できる構成が楽しいですね。
 平成27年3月には、この図書館と中央公会堂についての講演の後、両館の見学もできるイベントが予定されています (詳しくは、「中之島ルネサンス(大阪府立中之島図書館 文化事業) 第二弾イベントのお知らせ (大阪府ホームページ)」にあるpdfファイル「添付資料 チラシ(中)」をご覧ください)。

平成26年に開館110年を迎えた大阪府立中之島図書館は、大阪の歴史や文化を発信する重要な拠点となっているようです。さて、れはっちは大阪の魅力に触れることができるかな?









 ギリシア神殿を思わせる正面玄関が、いかにも「知の殿堂」といった趣ですね。この建物は、現役の公共図書館では、国内で最も古い建物だそうで、 近代の名建築として数々の本や雑誌で紹介されています。


 大阪府立図書館には2館あって、中央図書館は総合図書館、そして中之島図書館は「大阪資料・古典籍サービス」・「ビジネス支援サービス」の2種類のサービスに特化して、機能を分担しています。
 中之島図書館では、ビジネスをサポートするため各種業界新聞は400種類以上を所蔵。ビジネスセミナーや、中小企業診断士による「経営・起業相談会」なども定期的に行われ、 レファレンスサービスでも仕事上の調査・研究をバックアップしています。歴史的な建物の中で、最新情報を駆使したビジネス支援が行われているのは面白いですね。



 大阪資料・古典籍室では、大阪に関するあらゆる分野の本、そして古典籍とその研究書を提供しています。
 電子資料検索システム「おおさかeコレクション」大阪文献データベースなどデジタル資料も充実。 さらにe-レファレンスとして、インターネットからレファレンスサービスを申込み、メールで回答を受取れるサービスもあります。近畿圏以外にお住まいの方でも、大阪に関する質問ができるそうですよ。


 レファ協に登録してくださっている特別コレクションは、「浄瑠璃本」(元禄から幕末までの浄瑠璃本で近松門左衛門の著作も含む)、 「韓本」(李氏朝鮮時代の版本、活字本、写本のコレクション)、 「大和銀文庫(ダイワギンブンコ)」(江戸時代を中心に、明治以後、近現代に至る大阪経済・社会にかかる資料)など、どれも興味深いものです。
 織田作之助(大正2年~昭和22年)は、大阪と大阪に生きる人々を描いた作品で知られる、大阪を代表する作家のひとり。 この図書館へは作之助が受験勉強のために通っていた縁もあり、遺族から関連資料を寄贈され、「織田文庫」が作られました。



 初版本に草稿、ファンには垂涎のコレクションです! 草稿をもっとよく見たい、とお思いのオダサクファンの方、 巻頭がデジタル化されて中之島図書館のホームページで公開されています。
 「織田文庫」には、織田作之助旧蔵の図書、雑誌などのほか、 作之助原作のTVドラマの台本や、お芝居のプログラムなども追加され、現在約1,500点の資料が収集されています。 手紙や日記、家計簿まであって、作家の人となりを身近に感じることができそうです。「織田文庫目録」web版で、 どんな資料があるのかご覧くださいね(織田文庫の資料を閲覧するには、カウンターでの申込みが必要です)。


夫婦善哉、いただきます♪
 織田作之助にちなんで、夫婦善哉仕立てにしてみました~。本物に比べて盛りがよすぎる? ホントは2杯食べたかっただけでしょって? そ、そんなことは…。
 あ、大阪府立中之島図書館は、レトロな中央ホールがとっても素敵でした
 「織田文庫」をじっくり見せていただいて、れはっちは大満足。オダサクの小説をもっと読みたくなったようですね。

 最後にお知らせです。れはっちがツイートで言っていたように、中之島図書館はリニューアル工事のため、平成27年3月31日まで臨時休館中です。 残念ながら閲覧室には入れませんが、一部のサービスはご利用できます。詳しくは ホームページの大阪府立中之島図書館臨時休館のお知らせ をご参照ください。




 大阪府立中之島図書館のみなさん、れはっちに貴重な資料を見せてくださって、どうもありがとうございました。
 さて、次にれはっちがお邪魔するのはどの参加館さんでしょう。またご報告しますので、どうぞお楽しみに。
参考資料:
  • 大阪府立中之島図書館ホームページ(最終接続日H27.2.2)
  • 中之島ルネサンス(大阪府立中之島図書館 文化事業)第二弾イベントのお知らせ 大阪府ホームページ(最終接続日H27.2.2)
  • 廃止一転、中之島図書館存続へ 大阪、松井知事ら受諾 朝日新聞DIGITAL H25年11月20日付ニュース(最終接続日H27.2.2)
  • 中之島図書館について調べるには 大阪府立中之島図書館 おおさかページ(中之島図書館を取り上げた本・雑誌のリストなど)(最終接続日H27.2.2)
  • 織田文庫 大阪府立中之島図書館 おおさかページ (最終接続日H27.2.2)
  •         

    なお、本ページはかわいいフリー素材集 いらすとや様のイラスト、OpenStreetMap Japan様の地図を使用させていただいています。

    ページのトップへ
    Copyright (C) 2005- National Diet Library. All Rights Reserved.