本文へ

レファレンス協同データベース事業
 サイトマップ  お知らせ一覧  FAQ

れはっちのおでかけレポート 第3回 ~三重県立図書館~

(公開日:平成26年12月26日)

旅支度のれはっち


「れはっちのおでかけレポート」は、れはっちがレファ協参加館へ遊びに行って、そこで見聞きしたことを Twitterやこのページでゆる~くご報告するシリーズです。前回の「 れはっちのおでかけレポート第2回 ~京都女子大学附属小学校図書館~」もぜひご覧ください。

さて、れはっちのおでかけも3回めになりました。今回お邪魔するのは三重県立図書館さんです (レファ協内の参加館プロファイルで開館情報等が見られます)。



三重県立図書館の位置

三重県では、平成25年10月に伊勢神宮が20年に一度の式年遷宮を迎え、平成26年7月には熊野古道が世界遺産登録10周年を迎えました。 こうした歴史や文化を感じられる名所に加え、豊かな自然に恵まれ、サーキットに水族館といった観光スポットにも事欠かない三重県には、毎年多くの観光客が訪れます。 平成25年には、4,080万人近い人々が来県したそうです。

そんな三重県の県庁所在地、津市に位置するのが三重県立図書館です。 ホームページを見ると、一番上に“「明日の県立図書館」はじめます”と書いてあります。「明日の県立図書館」ってなんでしょうね?

さて、この図書館の蔵書は約85万冊。けれども「ご利用案内」を見ると、インターネットで県内の公共図書館の在庫を検索して、 県立図書館にない資料は取り寄せられるようです。逆に、遠くに住んでいる人は、県立図書館の資料を近くの図書館まで取り寄せられるそう。 障がいのある人は郵送貸出も利用できるようですよ。

三重県内では、県立図書館の本も、他の公共図書館の本も、自由にぐるぐる回っているような感じですね。 その中心にある三重県立図書館さんはどんな雰囲気なのでしょう。れはっち、よーく見てきてね!



三重県総合文化センターは、三重県文化会館、生涯学習センター、男女共同参画センターなどから成る複合文化施設だそうです。緑が目にも鮮やかですね。
 まあ、クマさんとネコさんがお出迎え! 毎回くすりと笑える絶妙なポーズで、「今日は何の日」かを教えてくれる人気コンビなのです。






赤い折鶴はよく見ると、羽の先にもう一羽、小さな鶴がいますね。右側のも、鶴がいくつもつながっているようです。 どちらも、たった一枚の紙から折られているのですって! この折り方「桑名の千羽鶴」 は現在、桑名市の無形文化財に指定されているそうです。




案内サインには三重県出身のイラストレーター、大橋歩さんのイラストが!  利用カード(貸出券)も、大橋歩さんのイラストが入ったものを選べるそうです。




レファ協にも特別コレクションとして、「米山文庫」「山名文庫」を含む6つの特別文庫をご登録くださっています。 こうした貴重書用書庫に大事に収められているのですね! 来館者は身分証明書を持参して申込みすれば、閲覧できるそうです。

「米山文庫」の米山宗臣(文久3年(1863)~昭和21年(1946))はほぼ無名の学者でしたが、森鴎外がある作品の中で3度、米山宗臣について触れています。 ふたりは手紙のやり取りをするだけでなく、直接会ってもいて、その記録が2度残っている事が分かりました。こうしたエピソードが三重県立図書館ホームページの 「米山宗臣と米山文庫 解説」に載っていて興味深いです。



山名家は三重県最古の寺子屋の師匠であり、藩主ゆかりの神社を管理していた家柄でした。 詳しくは、三重県立図書館の「山名家と山名文庫 津に300年続いた学びの家系」をご覧ください。



れはっちが三重県立図書館さんで聞いたところによると、「明日の図書館」というのは、10年先を見据えた「県立図書館のあるべき姿」という意味でもあるし、 それを目標として策定された改革実行計画の名前でもあるそうです。

県内全域に本がぐるぐる回っているようだったのも、図書館内の各コーナーで、欲しい情報が探しやすいように配列されていたのも、 来館しなくても電話やメールなどでもレファレンスサービスが受けられるのも、「明日の県立図書館」 に基づいているのだそうです。

三重県に関するものであれば、県外からでも質問を受け付けてもらえると聞いて、れはっちはなんだか嬉しそう。レファレンスサービスを頼みたいことがあるのかな?
 「明日の図書館」は、平成23年度から4年間の改革実行計画です。来年の平成27年度から、また三重県立図書館さんがどう進化していくのか楽しみですね!


三重県立図書館のみなさん、「今日は何の日?」のクマさん、ネコさん、れはっちに温かいおもてなしをありがとうございました。
  さて、次にれはっちがお邪魔するのはどの参加館さんでしょう。またご報告します。



三重県立図書館さんは、県内のどこ
に住んでいる人にも使いやすいよう、
工夫されていたね♪

次はどこの図書館に行こうかな?
西日本を出るのも面白いかもです~
れはっちの感想

参考資料:

  1. 三重県立図書館ホームページ(最終接続日H26.12.9)
  2. おいしいゾ!みえ 三重県公式ウェブサイト 三重県庁(最終接続日H26.12.9)
  3. 観光三重 公益社団法人 三重県観光連盟ホームページ(最終接続日H26.12.8)
  4. 桑名の千羽鶴とは?桑名の千羽鶴を広める会ホームページ(最終接続日H26.12.9)

        

なお、本ページはかわいいフリー素材集 いらすとや様のイラストと、Craft MAP様の白地図を使用させていただいています。

ページのトップへ
Copyright (C) 2005- National Diet Library. All Rights Reserved.