本文へ

レファレンス協同データベース事業
 サイトマップ  お知らせ一覧  FAQ

レファレンス協同データベースとは?

レファレンス協同データベースは、国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。

事業概要

目的

レファレンス協同データベース事業は、公共図書館、大学図書館、専門図書館等におけるレファレンス事例、調べ方マニュアル、特別コレクション及び参加館プロファイルに係るデータを蓄積し、並びにデータをインターネットを通じて提供することにより、図書館等におけるレファレンスサービス及び一般利用者の調査研究活動を支援することを目的とする事業です。

実施要項及び参加規定


データ概要

レファレンス協同データベースには、下記4種類のデータが登録されています。

レファレンス事例の解説 レファレンス事例

参加館で行われた質問回答サービスの記録
調べ方マニュアル事例の解説 調べ方マニュアル

特定のテーマやトピックに関する情報源の調べ方
特別コレクションの解説 特別コレクション

個人文庫や貴重書など、参加館が所蔵する特殊なコレクションに関する情報
参加館プロファイルの解説 参加館プロファイル

レファ協に参加している各参加館の情報

一件一件のデータには、次のいずれかの公開レベルが設定されています。

公開レベル公開対象
一般公開どなたでもご覧いただけます。
参加館公開参加館
自館のみ参照データ登録館

データの種類や公開レベルごとのデータ数は、統計のページをご覧ください。


レファレンス事例

参加館で行われたレファレンスサービス(質問回答サービス)の記録です。利用者の方々からの質問に、どのように回答したのかが記載されています。

サンプル1  サンプル2  サンプル3  サンプル4  サンプル5

 主な記載内容

 質問: 図書館に寄せられた、利用者の方々の質問の内容が記載されています。

 回答: 利用者の方々に質問に対して、図書館が提供した回答の内容が記載されています。

 回答プロセス: 図書館が、利用者の方々に回答を提供するまでに、調査した内容が記載されています。

 事例作成日: 図書館が、そのレファレンス事例データを作成した日付が記載されています。情報は、新しいものが次々に登場しますので、レファレンス事例を読むときには、常に、この情報はいつ記載されたものなのかを、注意して利用してください。

 質問者区分: 図書館に質問を寄せた利用者のタイプが記載されています。図書館員は、その利用者のニーズに合った形で、回答を提示しますので、同じ質問であっても、子どもからの質問に対する回答と、社会人からの質問に対する回答は、回答内容が変わることがあります。

 提供館: レファレンス事例データを作成した図書館名が記載されています。

  【注記】
  • レファレンスサービス(質問回答サービス)とは、資料や情報を求める利用者の方々に、文献の紹介もしくは提供するサービスです。情報の収集でお困りの際には、最寄の図書館のレファレンスサービスをご利用ください。 (図書館では、レファレンスサービスは、「調査相談」、「参考調査」等の名称で呼ばれることもあります。)
  • レファレンス事例データの公開は、図書館員が、実際のレファレンスサービスの記録から公開可能なものを選定し、質問者の個人情報などを削除する等の編集した上で、実施しています。
  • レファレンス事例データの作成方針は、図書館により異なる点もありますので、上記のうち、質問、回答以外の情報については、記載されていない場合もあります。
ページのトップへ

調べ方マニュアル

特定のテーマやトピックに関する情報源の調べ方です。何かを調べたい時にまず押さえるべき基本的な情報源が紹介されています。

サンプル1  サンプル2  サンプル3

 主な記載内容

 調べ方テーマ: 調べ方マニュアルが取り扱っているテーマやトピックの内容です。とり上げられているテーマやトピックは、図書館に実際に寄せられている質問などを参考に、利用者の情報ニーズの高いものがとり上げられています。

 調べ方: そのテーマの調査を行う際に、まず参照すべき基本資料を確認することができます。

 調べ方作成日: データを作成した日付です。調べ方マニュアルは、新しい図書、雑誌、インターネット情報等が公開された場合には、随時追記していきますが、更新が遅くなる場合もあります。常に、この情報はいつ記載されたものなのかを、注意して利用してください。

 提供館: 調べ方マニュアルを作成した図書館名が記載されています。

  【注記】
  •  調べ方マニュアルには、主に、そのデータの提供館で所蔵している資料、もしくは利用可能な情報源を活用した調べ方が記載されています。掲載されている資料、情報源が、お近くの図書館ではご利用いただけない場合もありますので、ご注意ください。
ページのトップへ

特別コレクション

個人文庫や貴重書など、参加館が所蔵する特殊なコレクションに関する情報です。

サンプル1  サンプル2  サンプル3

 主な記載内容

 コレクション名: 特別コレクション名の名称とそのヨミが記載されています。

 内容: 特別コレクションが、どのような資料もしくは資料群であるのかが記載されています。

 利用条件: 特別コレクションを利用する上での制限事項等が記載されています。特別コレクションが、貴重な資料である場合には、保存のため、所蔵している図書館の館内でのみ閲覧可能な場合があります。

 提供館: 特別コレクションを所蔵している図書館名が記載されています。

ページのトップへ

参加館プロファイル

レファ協に参加している各参加館の情報です。

サンプル1

 主な記載内容

 連絡先: 図書館の住所、電話番号、FAX番号、ホームページのアドレスなど、問い合わせするために必要な連絡先が記載されています。

 利用条件: この事業には、公共図書館のみならず、大学図書館、専門図書館なども参加しています。資料やサービスを利用する上で制約事項等がある場合には、その内容が記載されています。

ページのトップへ
ページのトップへ
Copyright (C) 2005- National Diet Library. All Rights Reserved.