本文へ

レファレンス協同データベース事業
 サイトマップ  お知らせ一覧  FAQ

レファレンス協同データベース・システム操作マニュアル(参加館用)

 前へ
目次へ 次へ

4. データ入出力

4-1. ダウンロード

4-1-1. ダウンロードとは

本システムに登録されているレファレンス事例、調べ方マニュアル、特別コレクション、参加館プロファイルのデータをダウンロードします。
ダウンロードの対象となるのは、自館で登録したデータと自館の参加館プロファイルです。

ダウンロードするファイルの形式は、CSV形式かXML形式が選択できます。

ダウンロードには、下記の2つの入口があります。
(1)検索した事例をダウンロードする
(2)ヘッダーメニューの「自館データ」からダウンロードする
 ヘッダーメニューの「自館データ」をクリックすると、自館データの一覧画面が表示され、ダウンロードを行うことができます。

トップページからのダウンロード

ページのトップへ


4-1-2. 一覧画面からの一括ダウンロード

次の場合に一覧画面からのダウンロードが可能となります。
(1)ヘッダーメニューの「自館データ」から一覧画面を表示した場合
(2)詳細検索で「自館データのみを検索する」にチェックを入れて検索した場合
(3)詳細検索で公開レベルを「自館のみ参照」とした場合
(4)詳細検索でローカル項目に関する検索条件を入力した場合

※簡易検索では検索結果一覧からのダウンロードは行えません。



(1)検索結果一覧からダウンロードしたいデータのチェックボックスにチェックを入れ、「ダウンロード」ボタンをクリックします。検索でヒットしたデータ全件をダウンロードしたい場合は、「ダウンロード(全件)」をクリックします。

ダウンロード対象の選択

(2)条件を指定します。
「HTMLタグの使用」ではリンク範囲を手動で指定したデータをリンク範囲指定タグも含めてダウンロードする場合に「使う」を選択します。アップロード時、自動取得時に「使う」を指定して登録したデータをダウンロードする際は「使う」を選択してください。 ※HTMLの使用について

「項目名を挿入」するとした場合、出力されるCSVファイルの先頭に出力内容の項目名が表示されます。
(「項目名を挿入」はファイルタイプがCSV形式の場合のみ)

ダウンロード項目からファイルに出力したい項目を選択できます。チェックボックスのチェックが入っている項目のみ出力されます。

ダウンロードしたデータの内容を更新して再度レファレンス協同データベースにアップロードする場合は、項目順がそのままアップロードで使える標準フォーマット形式でダウンロードすることをおすすめします。

標準フォーマット形式としてダウンロードする場合は、下記のように指定してダウンロードします。
 [項目名を挿入] しない(デフォルト)
 [ダウンロード項目]
  [標準フォーマット項目] 全選択(デフォルト)
  [システム項目] 全解除(デフォルト)

※標準フォーマット形式以外でダウンロードしても、アップロード画面で項目順設定を行っていただくことでアップロードが可能です。

条件を指定したら「ダウンロード」ボタンをクリックします。

ダウンロード
ページのトップへ


4-1-3. 詳細画面からのダウンロード
詳細画面からダウンロードができます。
(1)検索結果一覧などよりダウンロードするデータの詳細画面リンクをクリックします。
(2)詳細画面上部の「ダウンロード」をクリックします。
(3)条件を指定してダウンロードします(「4-1-2. 一覧画面からの一括ダウンロード」を参照ください)。
詳細画面からのダウンロード

詳細画面からのダウンロード

ページのトップへ


4-2. アップロード

本システムに、XML形式あるいはCSV形式でレファレンス事例、調べ方マニュアル、特別コレクションのファイルをアップロードし、新規登録・更新・削除を行います。自館システムに蓄積されたデータ等の登録にご利用ください。

新規登録・更新
 取得したデータに含まれる管理番号のデータが既にシステムに存在する場合は更新処理を、なければ登録処理を行います。
削除(XML形式のみ可能です)
 「REFERENCE」「MANUAL」「COLLECTION」タグのtype属性に「delete」を指定した場合には、一致する管理番号のデータの削除処理を行います。

*ファイル内にレファレンス事例、調べ方マニュアル、特別コレクションデータを混在させることはできません。
*ファイル内に新規登録・更新と削除データを混在させることは可能です。

アップロードファイル送信後、すぐにシステムでデータチェックを行います。チェック結果はアップロード処理予定・処理結果一覧にてご確認いただけます。これにより、データに誤りがあった場合でも修正して再度アップロードいただくことが可能です。
登録処理は、夜間のバッチ処理でデータベースに登録され、処理結果は、メールで通知されるほか、アップロード予約状況・処理結果一覧画面にてご確認いただけます。
アップロード

また、研修環境を利用して、アップロードテストを行っていただくことも可能です。

ページのトップへ


4-2-1. アップロード手順

(1)ヘッダメニューの「アップロード」をクリックすると、アップロード画面が表示されます。

アップロード

* 独自の並び順のCSVファイルをアップロードする場合は、まず(9)項目順設定を行ってください。画面を移動すると画面に入力した情報が保持されません。 一度登録した項目順は保存されていますので、独自の並び順のCSVファイルをアップロードする場合でも、前回と同じ並び順のファイルを登録する際は (9)項目順設定 を再度行っていただく必要はありません。

(2)アップロードするファイルを選択します。

(3)ファイルタイプについて、「XML(UTF-8)」「CSV(Shift-JIS)」「CSV(UTF-8)」のいずれかを選択します。

(4)HTMLタグの使用について、「使わない(2012年度以前と同じ形式)」「使う(<a>タグでリンク範囲を指定したデータを登録する場合)」のいずれかを選択します。
 通常は「使わない」を選択してください。<a>タグでリンク範囲を指定したデータなど、HTMLタグを使用したデータを登録する場合は「使う」を選択してください。 ※HTMLの使用について


* (5)(6)(7)(9)はCSVファイルの場合に指定します。XMLファイルの場合は無視されます。

(5)データ種別について、「レファレンス事例」「調べ方マニュアル」「特別コレクション」のいずれかを選択します。

(6)項目の並び順について、「標準フォーマット順」「独自の並び順」のいずれかを選択します。
  ※独自の並び順のデータを登録する場合は、項目順設定で並び順を指定してください。
  (前回と同じ並び順の場合は、設定が保持されているので項目順設定は不要です。)

(7)開始行について、数値を入力します。
  例)タイトル行が無い場合は「1」、タイトル行が1行ある場合は「2」

(8)「送信」ボタンを押下します。

アップロード

(9)「項目順設定」ボタンを押下すると、項目順設定画面が開きます。
ページのトップへ


4-2-2. 項目順設定

アップロードに用いるCSVファイルのデータ種別ごとの項目順を設定します。自館の独自の並び順でデータを登録する場合に使用します。

アップロード

項目順設定の左側、並び順設定に表示されている各項目は、マウスでのドラッグ&ドロップで順番を入れ替えることができます。(下図参照)
「除外項目追加」をクリックすると追加される読込除外項目についても同様にドラッグ&ドロップが可能です。

項目順の設定方法について
ページのトップへ


4-3. 自動取得
XML形式のレファレンス事例、調べ方マニュアル、特別コレクションのデータを自動取得予約設定に基づき参加館様サーバーから自動的に取得し、新規登録・更新・削除を行います。

新規登録・更新
 取得したデータに含まれる管理番号のデータが既にシステムに存在する場合は更新処理を、なければ登録処理を行います。
削除
 「REFERENCE」「MANUAL」「COLLECTION」タグのtype属性に「delete」を指定した場合には、一致する管理番号のデータの削除処理を行います。

*ファイル内にレファレンス事例、調べ方マニュアル、特別コレクションデータを混在させることはできません。
*ファイル内に新規登録・更新と削除データを混在させることは可能です。

ファイルは夜間のバッチで収集され、登録データ内容のチェックを行った後に登録処理が行われます。データチェックでエラーとなった項目は登録・更新処理が行われません。
自動取得の処理結果は、自動取得予約設定単位でメールで通知されるほか、自動取得予約状況・処理結果一覧画面にてご確認いただけます。
ページのトップへ


4-3-1. 自動取得予約設定手順

(1)取得予約日を選択・入力します。

(2)HTMLタグの使用について、「使わない(2012年度以前と同じ形式)」「使う(<a>タグでリンク範囲を指定したデータを登録する場合)」のいずれかを選択します。
 通常は「使わない」を選択してください。<a>タグでリンク範囲を指定したデータなど、HTMLタグを使用したデータを登録する場合は「使う」を選択してください。 ※HTMLの使用について


(3)取得先URLを入力します。
取得先URLは参加館様が管理するWebサイトなど、レファ協システムからアクセスできる場所のURLになります。
取得対象ファイルを指すURLをフルパスで入力してください。
例)http://crd.ndl.go.jp/jp/public/file.xml

ご注意事項
外部からアクセスできるURLに直接データを置く際は、個人情報が含まれていないか、など、セキュリティ面に十分ご配慮いただきますようお願いします。

Basic認証をご利用のサーバの場合、以下の形式でURLを入力していただければ取得可能です。
例)http://ユーザーID:パスワード@ホスト名/ファイルパス
  http://userid:password@host.jp/sample.xml

FTPをご利用の場合でID、パスワードを埋め込む場合は以下の形式になります。
  ftp://userid:password@host.jp/sample.xml

※ 予約いただいたURLの情報は、国立国会図書館で確認のために参照する場合があります。ID、パスワードを埋め込む際はご認識いただきますようお願いします。
※ ここに示したURLはあくまで一例であり、参加館様のサーバー環境によってはアクセスできない可能性もありますので、その際は事務局までお問合せください。 *アクセスできない場合は、予約登録時にエラーとなります。


(4)「予約登録」ボタンをクリックし、設定します。

自動取得

(5)「予約状況・処理結果へ」ボタンをクリックすることで、設定されている自動取得の予約一覧を見ることができます。また、「取消」ボタンで予約設定を取り消すことができます。

自動取得

ページのトップへ


4-4. データフォーマット
4-4-1. XMLフォーマット
ページのトップへ
4-4-2. CSVフォーマット
ページのトップへ
4-5. HTMLタグの使用について
本システムでは、データ内にHTMLタグを記述することができます。
本システムではアップロードと自動取得の2つの機能でCSVまたはXMLファイルを用いてデータ登録を行いますが、”<”、”>”、”&”などの記号がHTMLタグとして書かれたものか、単なるラベルとして書かれたものかをシステム側で判別できないため、HTML形式データを「使わない」「使う」を選択していただくことで処理を振り分けています。

HTMLタグについて

HTMLタグについて

①アップロード・自動取得時に誤った選択を行った場合
HTML形式:使う/使わないの設定が誤っていた場合、以下の現象が発生します。

「使わない」を選択して、HTML形式のデータを投入した場合
  HTMLのタグがそのまま詳細表示画面等に表示されます。

「使う」を選択して、タグ文字(<>等)が含まれるテキストデータ投入した場合
  “<”、”>”などの文字がHTMLタグとして解釈されるため、画面表示が崩れるなどの現象が発生する可能性があります。

②URL判定方法について
日本語を含むURLは自動変換対象外とする。http(s)://から始まるURLについて、半角英数記号で記載された部分までをURLとして判別します。
例:以下の下線部分までURLとして判別します。
 http://ja.wikipedia.org/wiki/国立国会図書館
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E7%AB%8B%E5%9B%BD%E4%BC%9A%E5%9B%B3%E6%9B%B8%E9%A4%A8
 http://google.com/ :googleのWEBサイト
※URL途中のスペースは切り離しと判別します
ページのトップへ


 前へ
目次へ 次へ


Copyright (C) 2005- National Diet Library. All Rights Reserved.